幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

6本足の天使たちと、ミッシングリンクのミステリー。

2017-07-14 00:45:47 | 命の不思議

雲母(きらら)が演じた天使 映画「天使にアイムファイン」のワンシーン ロケ地は四国徳島吉野川 

  お陰様でベスト10入りできました。これからも応援クリックお願いします!

先日白いオタマジャクシと、『偶然』という名の神。という演題で記事を書きましたところ、思いがけずご好評いだだきました。

「ばくちゃん、さすが看護師じゃ。生き物関係は強いのぅ。」と。

そうだと信じたいと思います。(爆笑)

進化論は仮説です。なぜなら実証されたことがないからです。 

推測理論だけで、まだ証明されていないんですね。

 

進化論が仮説である所以(ゆえん)が、いわゆるミッシングリンク(失われた鎖、または、失われた架け橋)があることです。

つまり、進化論が証明されるためには、ヒトになりかけの、サルがいないといけないし、鳥になりかけの、恐竜がいないといけないし、蛙になりかけの、魚がいないといけない訳なんです。

少なくとも、化石レベルにおいて、確固たる中間種が存在しないといけないです。

そのミッシングリンクの中で、最大級のモノが昆虫です。
昆虫の定義は、体が頭と胸と腹の3つに別れ、足は6本、羽が4枚ある節足動物です。
トンボ、蝶、コガネムシなどですねぇ。

実は私、虫がとても苦手でして、昆虫大好き少年だった小さい頃の長男と、虫取りに行くのは本当はとっても嫌でした。(苦笑)

家でゴキブリが出ると、私はひるみます(笑)
妻や子供たちにも笑われます。(爆笑)

対ゴキブリ用兵器としての私は、『永遠の秘密兵器』と呼ばれています。
その心は、、、『使えない』でございます。(爆笑)

さすがの私も、ゴキブリだけは、神さまの美意識を疑ってしまいますね。
「ゴキブリはきっと、地球発祥の生き物ではない」と、私は考えています。(笑)

さて、あまり知られていないのですが、昆虫の共通の祖先と言われているのが、シミという虫です。
古い本などでよく見られる、ジミ~な虫です。 

 (シミ)

さて、3億年間と言われる昆虫の出現ですけど、この昆虫のご先祖様と言われるシミの出現から、トンボなど一般的な昆虫が登場するまで、いったいどれくらいの期間が必要だったと思いますかぁ?

6000年ですよ!!
6000万年ではありません。たったの6000年です!!(笑)

たとえるなら、人間がエジプトでピラミッドを造っていた頃にシミは出現し、そして今いきなり、トンボが飛び始めるイメージをして下さい。 

そりゃぁもう、ビックリ仰天ですよねぇ。(笑)

 

トンボの祖先、メガネウロプシス・ペルミアーナ。(3~4億年前の石炭紀)体長60cmだが、立派なトンボです。

長い生き物の歴史の中では、6000年というのは一瞬です。
生き物の歴史を振り返るとき、それは全て、一瞬に完成形が出現し、繁茂する歴史です。

シミが現れ、6000年後にトンボや蝶、そしてコガネムシなど、一般的な昆虫類はほぼ全てが揃い、その後は、トンボならトンボの形態が少し変化するだけという、完成形出現の歴史的事実のオンパレードなんですね。

考古学をつぶさに学んで行くと、人間なら人間、トンボならトンボが突然出現するんです。 

生き物の出現は、すべてがそういう風な出方なのです。

ですからどこにも、人になりかけのサルなんていません。 

完成形しか、出てこないからです。 

レンジでチンすれば出てくる、冷凍食品のような出現です。(笑)

もう魔法ですよ。魔法。 

現在も、そして過去においても。 

何度も言いますが、メダカはメダカ、フナはフナなんですね。

この生き物の歴史を見る限り、大いなる存在(神様)が生き物をつくり、地に広めている事実を、受け入れざるを得ないと思います。 

 蝶の仲間も、3億年前に出現して以来ほとんど変化はありません。

蝶の種類が増え、蝶が蝶として、ほんの少し形を変えただけで、蝶は昔っから今の今まで、蝶は蝶のままなのです。 

「蝶はこの世に出現して以来、ずっと蝶だったし、これからもずっと蝶のはずだ」というのが、考古学から見える真実なのです。

完成形しか、今も昔もいないからです。

 コガネムシ(カブトムシもコガネムシ科)も同様です。

昆虫は、生きた化石でもあるのです。

よく昆虫は、幼虫→さなぎ→成虫と変体することが知られています。
しかしそれだけではありません。

バッタや鈴虫のように、変体せずに幼虫から成虫に、大きさだけが変わるものも多いです。

 トンボやセミ、蚊などは成虫になる直前の瞬間に、一瞬だけ、さなぎになっているらしいです。 

でないとオカシイです。

トンボがヤゴから羽化する場面を見ましたけれども、体の大きさだけでなく、頭や目の大きさが全く違うトンボがヤゴから出てきました。

一瞬で、ヤゴからトンボが創造されているとしか思えない一瞬でした。



このように、昆虫業界はとかく種類が多くてややこしいのですが、全種に共通することがあります。

それは、生物の母と呼ばれる海に、彼ら昆虫類の生存した痕跡が全くないことなんです。
今現在も、そして過去においても・・・。

卵からイモ虫として生まれ、さなぎとなって一時期動きを止め、6本足で羽の4枚ある海中生物は、古今東西どこにもいないんですね。

進化論が正しいのなら、どこかにいてほしいのです。

クモやムカデの類は、その痕跡があるのですけど、現在主力の昆虫類に関しては一切ありません。

しかし、化石として昆虫が出現するのは、陸上生物ではもっとも最初なんです。
昆虫類は、海を経ずして、突然現れた生物としか思えません。

 古代生物一例 どこにも昆虫の定義に入るものは存在しない。

よく、「先に陸上に進出した昆虫類を追って、両生類たちが云々・・・」って、よく解説があったりしますが、これは大嘘ですよ!!

海中には、昆虫類が生息した痕跡はないからです。

古今東西、どこにもそのような事例はございません!

先に陸上に進出した昆虫類を追って、両生類たちが云々・・・は、想像であり、空想なのです。

想像が、科学ですか?

事実をつぶさに追うと、昆虫は陸上に、突然出現しているのです。

何の前触れもなくです。

 

神様が、すべてをお創りになったという創造論の方が、事実から推測すると現実的になってしまうのです。 

つまり、創造論的視点の方が、むしろ現実的で科学的であり、進化論的な視点の方が、むしろ迷信的で妄想的なのですね。 

どちらも実証のできない、いわゆる信仰の世界ですのでね、実証的な方を選択する方が、科学的な生き方なんじゃないでしょうかね。

少なくとも、医療者の端くれである私は、常にそう考えているんです。 

このブログでは、今後もその実証を、できるだけ実例をあげて、今後も皆様にご紹介できればなぁと思っています。

本日は、物理学の分野で、日本で初めてノーベル賞を受賞した湯川博士の霊言、『湯川秀樹のスーパーインスピレーション』――無限の富を生み出す「未来産業学」(幸福の科学出版)から、一部抜粋をお届けいたします。

                       (ばく)

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします!   

https://ryuho-okawa.org/info/2017/1556/

 

【参加受付中】8/2「大川隆法 IN 東京ドーム」 千眼美子(清水富美加)出演決定!  

夕闇に響く鈴虫の優しき秋音色〜日本の音旅 信州安曇野松川町〜

  https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1087 

私はねえ、今の物理学の最先端は、宗教とそんなに変わらないような気がしてるよ、本当はね。(中略)

ただ、(宗教が)嫌いなような言い方もしているけど、例えば、「ビッグバン」みたいな説を唱えたらさ、みんな信じちゃうんだろう?(中略)

そんなの、もう、宗教の世界だよ。

本当は、誰も確認なんかしてはいないけど、まあ、ある人の仮説だよな、仮説。(中略)

まあ、インスピレーションはあったかもしらんけど、仮説だよな。見たこともないのに、みんな、それを信じるだろう?(中略)

それから、タンパク質からコアセルベートができて、それがアメーバになったり、藻類が出てきたり、植物ができたり、なぜか知らんが動物も出てきてね、魚類が出てきて、両生類や爬虫類が出てきてさあ、それからチンパンジー、類人猿が出てきて、人間になったなんていうのを、まことしやかに、「百パーセントの真実」であるかのように伝えてるじゃないか、学問としてさ。(中略)

「見てきたのか」っていう、なあ?(中略)「それを本当に見てきたのか」って。(中略)

それは、ない、ない。(中略)「仮説」だよな。「仮説」なんだよ。あくまでも「仮説」なんだよ。(中略)

「それ以外、原因が考えつかないから」ということだよ。その意味では、宗教をバカにする権利はないわなあ。

そのくらいだったら思いつく人は、世の中には、ほかにもいるからなあ。(中略)

だから、みんな、科学っていうのを、「実験科学風に証明ができるもの」っていうふうに考えて、「『証明できるもの』、あるいは、『反証可能性があるもの』こそ科学だ」っていう言い方をするけども、現実の科学のフロンティアは、必ずしもそうではないんだよ。

科学のフロンティアは、もうほとんどが「イマジネーションの世界」だし、「想像の世界」だし、「空想の世界」だし、それがちょっと固まって、「仮説の世界」だわなあ。

それを間違えて、すぐ、「実験科学的なものが科学だ」と思ってるんやったら、私たちのように根本的な基礎物理学をやっているような人間は、みんな科学者としてはクビだわ。

それは、もう、「妄想の世界」で生きてるようなのがほとんどのものだからさ。

『湯川秀樹のスーパーインスピレーション』――無限の富を生み出す「未来産業学」(幸福の科学出版)(P42~47)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千限美子(清水富美加)出演... | トップ | 【純粋な情熱】橋詰毅さん、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。