幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

『信仰と希望』『心の安らぎ』『小さなことを喜ぼう』

2016-12-07 22:54:37 | オープニングメッセージ

心の指針第一集・一条の光より

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 
 
『信仰と希望』

疲れ切った時、人は自信を失い、愚痴を言う。

他人への不信感をあらわにし、
時に怒りに身を任せ、暗黒の未来を、心に描く。

智慧の不足は、十分に恐れるがよい。
仕事の詰めの甘さは、反省を必要とする。

能力の過信は、常に戒めなくてはならない。
しかし、信仰心だけは、手離してはならない。

信仰は、あなたに勇気を与える。
信仰は、 あなたに、
やる気と、未来への希望を与える。

心が疲れてしまったら、
「主よ、あなたを信じます。」
と、繰り返して、言葉に出しなさい。

必ず、希望は叶う。
希望は、実現するしかないのである。
 
 
『心の安らぎ』

眠れない夜はつらい。
夜明けまでの時間は長い。

病気の人は、病気のことが頭から離れない。
借金のある人は、苦しんで寝返りを打つ。

子供の将来を悩んで、人知れず涙を流す人もいる。

愛が冷めた家族を隔てる、心の闇も深い。


みんな幸せになりたいのに、
なぜ、こんなに、心は苦しいのだろう。

過去に犯した罪が、どうして今も、
あなたを悩ませるのか。

未来への不安から、
なにゆえ、まんじりともできないのか。
 
されど歳月は過ぎてゆく。
時間は流れ去って、二度と、元に戻らない。
 
あなたの悩みも、
川に浮かぶ泡沫のごとく、
やがて、流れ、流れて、 忘れ去られる。

永遠の時間の大河の中で、
心の安らぎを得よ。
 
 
『小さなことを喜ぼう』

この世の中は、小さな喜びに満ちいる。

朝ごはんが食べられること。
自分で歯磨きができること。

しっかりと排便ができること。
尿がたくさん出ること。

車いすを使わずに歩けること。

自分の鼻と口で呼吸ができること。
この手で子供たちの頭がなでられること。

夫婦で抱きあえること。
階段が歩け、陽の光の中、公園を散歩できること。

そして、今日も仕事があり、
職場があり、まだ働けるということ。

世の中のお役に立てるということ。

ああ、自由に動け、 人々に存在が喜ばれるということは、何と幸福なことか。

だから、小さなことを喜ぼう。
小さなことに感動しよう。
 
小さなことに、
夢と生きがいを感じとろう。
 
  ランキングに参加中。クリック応援お願いします! 

道を求めて生きる ―大川隆法総裁 心の指針108―

【睡眠用・瞑想用BGM】水澤有一 RIVER OF MERCY (許しの川)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/7(水)エル・カンターレ祭... | トップ | 大川隆法総裁、不惜身命の誓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オープニングメッセージ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。