マダム”裕子”の日記

マダムバタフライインターナショナルの活動報告です。

つながり

2017-06-26 06:52:12 | Weblog
 
  「人生の死は2度ある」ある方の考え方です。

  1度は肉体の死、もう一つの死は其の人の事が

  完全に忘れ去られた時。その方の行動、思いが次の人に繋げた時

  其の人はこの世にいなくてもその”思い”は生きています。

  そして、その方が又次の人にーーー繋がり、バトンタッチです。

  ですから”生き方”が問われるのです。どんな小さな事でも

  次の世代、次の世代に渡す事です。それは其の人、其の人によって

  違うでしょう。その少年のお婆ぁ様は「人には親切にするんだよ

  そして、真っ直ぐにいきるんだよ」と。

  その言葉は彼の心に繋がっていきます。

  それが”つながり””バトンタッチ”です。

  心して生きていきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながり

2017-06-26 06:29:15 | Weblog
 
  「人生の死は2度ある」ある方の考え方です。

  1度は肉体の死、もう一つの死は其の人の事が

  完全に忘れ去られた時。その方の行動、思いが次の人に繋げた時

  其の人はこの世にいなくてもその”思い”は生きています。

  そして、その方が又次の人にーーー繋がり、バトンタッチです。

  ですから”生き方”が問われるのです。どんな小さな事でも

  次の世代、次の世代に渡す事です。それは其の人、其の人によって

  違うでしょう。その少年のお婆ぁ様は「人には親切にするんだよ

  そして、真っ直ぐにいきるんだよ」と。

  その言葉は彼の心に繋がっていきます。

  それが”つながり””バトンタッチ”です。

  心して生きていきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながり

2017-06-26 06:29:15 | Weblog
 
  「人生の死は2度ある」ある方の考え方です。

  1度は肉体の死、もう一つの死は其の人の事が

  完全に忘れ去られた時。その方の行動、思いが次の人に繋げた時

  其の人はこの世にいなくてもその”思い”は生きています。

  そして、その方が又次の人にーーー繋がり、バトンタッチです。

  ですから”生き方”が問われるのです。どんな小さな事でも

  次の世代、次の世代に渡す事です。それは其の人、其の人によって

  違うでしょう。その少年のお婆ぁ様は「人には親切にするんだよ

  そして、真っ直ぐにいきるんだよ」と。

  その言葉は彼の心に繋がっていきます。

  それが”つながり””バトンタッチ”です。

  心して生きていきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山紫陽花

2017-06-25 05:26:04 | Weblog

   ”山紫陽花”ーーー私は普通の”紫陽花”と”ガク紫陽花”しか

  知りませんでした。まぁ!なんと素敵なのでしょう。

  この”山紫陽花”---あのシーボルト氏が外国に伝えたとも

  言われています。”和紫陽花”とも言われている相です。

  山の中に、ひっそりと咲く”山紫陽花”

  伊豆半島のにある公園にはこの”山紫陽花”が100種類も

  あります。ある品種は長野県の山中で見つかりました。

  太陽の当たるところは赤く、あたらない所は白い紫陽花です。

  そして、今この”和紫陽花”が静かなブームになっています。

  可憐で、そして楚楚として品格のある”山紫陽花”

  私達に”愛”を与えてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風船おじさん

2017-06-24 09:38:13 | Weblog

  ”風船おじさん”---その人の名前は「鈴木嘉和氏」

 別名”風船おじさん”ピアノの調律師で、自称冒険家。

 ビニール風船26個をつけたゴンドラ(飛行船)「ファンタジー号」で

 太平洋横断に挑戦した。「嘘でしょう!」と、思うのですが

 本当のお話しです。1992年11月23日、日本で暮す一人の男性が

 自作のゴンドラ風船にの乗ってアメリカへと旅立ちました。

 無謀の冒険家は「行ける所まで行って来ます」と。

 彼のその後は謎のままーーー消息不明です。

 数十年たった今も、彼の行方は解らないままです。

 信じられない行動をする方もいるのですね。

 でもこの”風船おじさん”の生き方には教訓があるように思います・

 人間の心の原点は”冒険””挑戦”です。

 ”風船おじさん”までいかなくても、それぞれの自分の夢に

 向かって走りましょう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝える

2017-06-23 06:45:29 | Weblog

  戦時中の沖縄戦に出陣したある学生の言葉。

 「戦争の無い時代に生まれたかった、という事を生き残った人々に

 伝えて欲しい」と。いかに、今の私達が幸せであるかを
 
 立ち止まって考えるべきなのでしょう。

 沖縄では、この青年の言葉を次の時代にと活動を続けました。

 平和記念館での”講和”です。しかし、戦後70年たった今

 高齢化などの理由で終了となりました。

 しかし、若い世代の”説明員”を養成し”ひめゆりの心”を

 伝え続けています。

 ”バトンタッチ””伝える事”は大切な事です。

 「平和を守る」為に、何が出来るのでしょう。

 一人一人が自らに問いかけるべきと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝探し

2017-06-22 06:39:27 | Weblog
 
  ある小学校の先生は常々子供達に伝えている事がありました。

 それは「人生は宝さがしゲームだよ!」
  
 「お金では買えない大切なものを沢山見つけよう」と。

 あるご婦人は「私は1日に『有難う』を100回いうの!」

 朝起きて目覚めた瞬間、”見えることに””聞こえることに”

 総て合った人に有難う」と。

 それこそが”宝物”です。自分がどれほど多くの物や人に支えられて

 いるのか気ずける人に愚痴はありません。

 「感謝」を心の基調にする人には、どんな試練も幸福への薪です。

 ”宝物”は足元、すぐ近くにあります。

 まずは、今日1日の命に感謝いたしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人種

2017-06-21 00:26:45 | Weblog

  米国は”人種のるつぼ”です。西海岸のシアトルも多様な

 ルーツを持つ人々が存在しています。そして、異なる価値観を受け入れる

 雰囲気にあふれています。しかし、シアトルの人々が友好的な一方

 友人になりたくないという感情も有るそうです。

 それを表わす言葉が「フリーズ」「固まる」という意味です。

 建前で語り合っても、本当の友情を築くのは難しい事です。

 こんな言葉を目にしました。「国ごとに国境があり、文化の背景が有り

 風習がありますが、これらを超える武器があるとすれば、それは

 真の愛しか有りません」と。

 ”黄金の愛”と言う物が有るとすれば、それは天が与えてくれた

 薬ではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人日記

2017-06-20 00:19:39 | Weblog

  面白い発想です。”他人日記”----自分ではなく

 友達の日記を、その友達になったつもりで書く。

 ある小学校の宿題でした。その友達が公園に行ったとする。

 その子の行動を自分なりに想像して膨らませて書く。

 他者の気持ちを想像することは、子供達の成長に

 欠かせない物です。勿論、大人にも大切な姿勢です。

 他人の気持ちを理解する事はとても難しい事。

 でも、そこに”誠意”という思いを持って自分の気持ちを

 伝えていきましょう。近くの友にも遠くの友にも

 真心を尽くす事。理解しようと言う、その振る舞いが

 良き社会を創ると信じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-06-19 12:31:43 | Weblog
 
 
  梅雨の色とりどり紫陽花が美しく咲いています。私は可憐な〝がく紫陽花”が大好きです。

 間もなく梅雨も明けます。其の梅雨明け、そして次なる季節の瞬間の事を〝白南風(しらはえ)"と

 云う相です。其処から夏に向かいます。

 夏の花と云えば、ひまわり、さるすべり、きょうちくとう、朝顔と‐--どの花も美しいです。

 なんと、日本は贅沢なのでしょう。四季折々の花々の中で生きていく事が出来る----。

 改めて、その自然に感謝して参りましょう。花々は私達に”愛”と”潤い”を与えてくれます。

 どの花も本当に素敵です。夏の花々も勿論素敵です。

 その出会いを楽しみに待っていましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加