ふわふわ

亭主と実母と家族
それは摩訶不思議な関係なり
不倫発覚後の家族たちの日常は如何に?

デッキ(仕事場)

2016-11-20 07:21:57 | バトル

仕事場の裏の物干しスペースのデッキを新調してから

2年が経った

 

元は亭主の実家で 以前は猫の額ほどの庭で 掃き出し窓から 

出るには 段差が高く 足台の置き石があった

狭い庭に 植え込みやらあって物干し台が ギリギリに

置いてあって 干すときの苦労ったらなかった

12年程前に大掛かりなリフォームをした時に

ワタシの提案で デッキにして 掃き出し窓から

直接出られるようにした

 

画期的な労力解消のアイデアは 自画自賛ものだったが

いかんせん 後のケアが出来ない一族なもんで

10年も経てば あちこち傷みだしてきていた

孫たちが 遊べる年頃になってから ケガするのは

時間の問題だった

 

亭主の口癖は『腐るに任せればいい』で 自ら新調しようなどと

言わない亭主だから 叱咤激励して やっとGOサインを出させ

2年前に新調したのだった

 

安心したのもつかの間 この夏の後 ふと気づくと

表面の塗装が 劣化してきて たぶんナメクジだろう

まだら模様になっているのに気づいた

猛暑の後の雨の期間が 長かったせいかも知れない

 

こんな時 まず亭主から どうだああだというチョイスは

全くない

『腐るに任せる』信条だからね

言えば カネもプライドも傷つくのが 伴うのが大きな理由だな

 

オイオイ ったくな 自宅といい 仕事場といい 家の管理が

出来ない しないのも大概にしとくれと言いたいところ

カスミを食べて生きていけるなら こんないいことはないが

なんせ 時間は飛ぶように流れていくし たった2年

デッキが傷んでしまうのは 忍び難いではないか

 

「どうしようかね?」と 亭主にふってみたら

「サンダーかけて 塗り直せばいいんじゃないですか?

こともなげに言った

敬語が入るのは 気に入らない時のクセだ

「じゃ する?」と尚も 食い下がったら 言い放ったね

「時間のあるときに しましょう

ホォ~~~~ アンタのヒマな時間は いつなん?

と 思いつつ 時間だけが経って 一か月過ぎても動かない

 

亭主は気に入らないと すぐに出来ることでもしないのも

信条である

 

コイツはするつもりもないし みすみす 自分の資産でもあるのに

ムダに腐らせるつもりだねと踏んで 次の段階

 

ちょうど リフォーム会社から 定例の『その後 2年経ちましたが

いかがでしょうか 修理などのご要望があれば 承ります』

と通知のハガキも着てたしな

 

「リフォーム会社に見積もりしてもらってよ

半分 命令である

亭主はワザと怪訝な顔をする

エエィ うっとうしいヤツめ

「アンタが ヒマな時っていつなん? 

 会合があるか山かどっちかやん?」

 

そして また一週間 

「聞いた?

「まだ返事がない」

 

ハイ?なぜ催促の電話をしない?

またウソやな 一週間もかかるワケないやろ

 

いつもなら すぐ見にくる会社なんだから

だから また次の指示を出す

イライラするオトコだね 自分の意志じゃ絶対動くつもりが

ないんだから

こうして ひとつのことを 成し遂げるまで 幾度も

不毛なやりとりをしなくてはならない

 

ワタシが自分で連絡すればカンタンなのだが そうしたら

亭主のプライドが傷ついて またまた不穏な空気になるのだ

結果 暴れる(DV)の理由になる・・その昔だがね

どっちに転んでも 不快な結果になるのが 今までのパターン

言語道断のダメおとこである

 

今回も 結果を知らせないのが ヤツの最大の抵抗らしい

また二日ほどして聞いてみたメンドクサイおとこめ

「聞いたの?」

「聞いた」

「で?」 イライラが最高潮になるゾ!!

「塗り直すのは 5~6万で 今は大工がいない」

震災で 足りない時だしな

そこで カミナリを落としてみた

「じゃ その5.6万 自分で稼いでみますか?」

「え????・・・・

亭主の専売特許の 敬語じゃ

自分でカンタンに出来ると豪語していたしな どや?

こうして 賽は振られたのである

 

そして また数日経った 休日の前の日

帰って来た亭主が いつになくワンコと戯れて 居間にいる

いつもは とっとと自室に行くのに・・

なにか言いたげなのだが こっちは夕餉の支度で忙しい

すると しばらくして 居間に行けば テーブルにコピー紙がある

見ると デッキの塗り直しの材料と値段が書いてある しかも

印刷してある

 

たった数行のメモですら 勿体ぶってるから 呆れる

 

しかし諸々の費用が2万足らず

おんや? ここまでの手順を調べたようだが はて?

後日 キゲンがいい時に漏らしたのが リフォーム会社

あれこれ聞いた結果だったらしい

 

ここまでに 2か月足らずかかるオトコって 余り居ないよな

そして とうとう その日がやってきた

天気もいいし DIY日和である

 

いつもなら ワタシとムスメも手伝うのだが・・

そう 亭主は独りでやりきったことがない

いつも助手がいるのだ

しかし こっちも そんなキブンではない

体調だって このひと月 風邪で咳が止まらないし

ずっと気になっていた 大きめの花壇の始末もある

そろそろ 自分の体調と考え併せて なんとかしようと

思っていた

花壇はワタシの持ち場だからと 亭主がその代わりを

してくれるハズもない

 

「うちら 花壇の始末するからね

「・・・・・

亭主は アテにしていたのが外れて ブンムクレ

仕事場に出かけて行ったのだった

 

自分んちのケアに やっとこさ独りでするチャンスがきたがな

しっかり ガンバっておくれやす~~~~

 

  春  →   紅葉しかかるモミジ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亭主の山行き | トップ | デッキ(仕事場)の完成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バトル」カテゴリの最新記事