ふわふわ

亭主と実母と家族
それは摩訶不思議な関係なり
不倫発覚後の家族たちの日常は如何に?

会議

2017-05-17 17:43:18 | 家族

家族会議ではない ムスメの会社臨時会議

週明けにあった

ムスメ週明けは忙しいのにと グチりながら出社して行った

 

帰宅後 ムスメから聞いたら 案の定 課長さんのことが

主な会議内容だったらしい

来月末に辞めると言っていたのが 来月の1日になったと

社長が言った

 

フ~ム  『三十六計逃げるに如かず』になったらしい

 

みんな 一斉に ムッツリ

後 二週間しかないよね

仕事の引継ぎ フォロー いろんなことが頭の中で渦巻いて。。

次期課長も判った

ムスメらが案じていた KYなオジサンじゃなく まだ若手だった

 

社長がかつて言っていた

『今の課長よりは 3倍使えるゾ。。。』

まんま やはり3倍以上でも 以下でもない・・・らしい

ムスメが思い出した・・確かに 以前 来たことがある男子である

年令不詳の 見た目がお子ちゃまにしか見えない童顔

メガネとスーツの背中にリュックだったらしい

 

ムスメが心の中で思ったらしい

(オッ ポッチャリ系のハリーポッターや

いやぁ それは ハリーに失礼やろ

我が家の女たちは 「ハリポタ」が大好きで本も全巻ある

 

しかし 肝心なのは 仕事が出来るかどうかである

高望みなんかしない フツウにしていただくなら

ただ 有り難いだけである

 

急なことで 引継ぎは 今週から始めるらしいが

ムスメ社長に聞かれた

「○○クン(現課長)から引き継ぎ事項は聞いとるかい?」

「いえ なにも聞いてないのですが。。」

 

課長の仕事の 殆どをムスメが肩代わりしているのに

課長は 大事なことは 一切 ムスメ伝えていない

というか 伝えないことにしてるらしい

ナゼ? 

コワイから・・・らしい

 

なんでやねん!!

とは ムスメ

まぁ我がムスメながら 顔に気持ちが出る傾向ありなんで

課長の気持ちもワカランでもないが。。。

 

そもそも 彼のお陰で 社長から 辛い点をつけられたことから

ムスメとしては やはり いい気持ではないのは当然だ

しかし 仕事場では そうも言ってられんでしょ???

 

最近 は 事務の中で一番優しいヒト経由してでしか

連絡しない 

狭い事務所の中で 何を伝言ゲームみたく ややこしくしなくちゃ

いかんのか みんな サッパリ判らない

 

第一 メンドクサイ

 

事務同士は仲がいいので 課長のことが話題に出る・・否応なしに

ムスメがその優しいヒトに言った

「優しくしてると 全部 丸投げしてくるから 気をつけて

 

案の定 以来 課長は 何かというと そのヒトに頼っては 

丸投げするようになった

 

彼女も 課長の仕事の肩代わりはしてないから 困惑気味

ウンザリしてると ムスメが同情した

「やっぱりね。。。

 

課長にすれば イジワルでも何でもなく 相手が強面なのが

ひたすらコワイのである

これがヘン

自然と 事務的な話しかしないから 余計に 距離が出来てしまう

 

もう一人の 派遣のネエサンも然りで それが メビウスの輪の如く

ギクシャクしてしまうのだが 課長自身がそれを克服しないから

仕方がない

立場は あくまで 課長が上司なのだから

みんな ヒジョウにやりにくいところ

 

社長は 課長の最低限の仕事は 辞める時まで 彼にさせろと言うし

かと言って ささいな電話連絡さえ いちいち優しい事務

聞いてからしか出来ない状態

優しい事務は 把握してない仕事だから チンプンカンプン

ムスメに助けを求める

そして見かねたムスメが 課長にアドバイスする

「これは上の事務所(統括しているところ)に電話かメールで

聞かれたらいいんじゃないでしょうか?」

「・・・・はい  でも どう聞いたらいいでしょうか?

 

ハァ~~~~~????????????

 

み~~んな 脱力感で倒れそうになる瞬間だ

 

なんで そこ???????

 

社長の命令がなければ みんな思うのは同じである

派遣のネエサン・・ もう いい!!!

ムスメ・・・・・・ さっさすりゃぁ いいでしょうに

優しい事務・・・・ はぁ~~~~

 

 後 どのぐらい続けたらいいんだか まるで修行の毎日である

 

そんな時 本社から監査が入ることに

毎年のことなんで 大したことはないのだが いかんせん

課長のことがあるから リハーサルじゃないが

予備監査とでもいうか 社長が 別機関に監査を依頼した

 

係りは二人で 午後に来て 二時間ぐらいで済むところが

なんと夕方 6時になっても終わらない

課長が その対応責任者だが ナニか聞かれて 答えるまで

ひたすらダンマリらしいのだ

ワカランならワカラナイと言えばいいのに クビをかしげて

ウ~~ン フ~~ンと言うばかり 

クビをかしげるのは クセらしい

 

係り呆れてか 面白いのか 答えるまで待っているという 

妙な時間と空間が 流れていたらしい

そして 数時間も経ってから 課長が やおらムスメのところに

何度もきて

「これこれしかじかの書類ってありましたっけ?」

繰り返し 聞いてくる始末

 

今度はムスメアングリすることになる

「その書類は 昨日 コピーしてお渡ししましたが?」

課長 固まったまんま クビをかしげて自分の机を振り返る

別室では 監査がまだ居るというのに。。。。

ムスメはピンときた

ハハ~~ン こいつ もう辞めるからってそのコピった書類

捨てたね・・・・あり得ないわ

いつまでも固まったまんまなんで ため息つきながら(心の中で)

「私の持ってる書類 お貸ししましょうか?」

「ア~~ お願いします」蚊の鳴くような声で答える課長

 

こりゃ いつまでも帰れないかもと ムスメが聞いた

「あのぉ 私はもう帰ってもいいでしょうか?」とっくに時間は

過ぎている

課長は また固まった・・・が 「・・・・あぁ~~ いいです

と また蚊の鳴くような声

もう完全に 仕事への責任放棄している様子で 聞いてたワタシは

ヘンな汗が出てきた

 

「ねぇ 辞める辞めないよか もう精神的にアブナイと思うがねぇ?

 辞めるまで自宅待機させたらいいのじゃないのかね?

 とても仕事できる状態じゃないと思うけど?

 

しかし 聞けば 次の仕事場は どうも北国の方で

しかも本社の直の子会社らしい

その引越しの段取りや 交通のチケットの手配は 課長本人

生き生きと 電話でしてたらしいというから やっぱ その変わり身

早さから 精神的に追い込まれてるとは思えないとのこと

 

そうやって流れてきた経緯もあるしな

 

そして 今度は しばらく単身赴任のようだ

に またついてきてほしいと言ったら 娘の幼稚園を

せめて一学期の間 通わせたいからと言われたとか

 

え~~ そんな話はするん?

 

どうも 支店長が毎晩 社長と 課長の話し相手になってて

電話で長々話するらしい

あぁ だから 胃腸の調子を崩して 入院するハメになったのか

 

そんな話の中で 『大変だが貯金もあるだろうから 環境が変化しても

耐えれるだろう?』と支店長が言えば

課長が笑いながら言ったらしい

こういった時は 弁舌が達者らしいのだな

家一軒分の貯蓄があったのに なんだかんだで 殆どないという

今の家も家賃が高いところで 住宅手当の倍らしい

きっと生活レベルを落とせないまま来てるのかも知れない

ムスメは言うが いやいや

きっと嫁が 自立の用意を始めたのかも知れない

 

だって 一生 こんな生活なら 子供のこと考えたら イヤやろ

栄転どころか 日本中たらい回しさせられる生活ってさ

 ウン ワタシならすっぱり 貰うもん貰って 別れるな

母娘で意見は一致したが 現実は如何に?

 

うちだって くれるもんくれたら いつでも クビに

イヤ 別れて上げても ええねんけどぉ~~

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW | トップ | 鬼の霍乱 ムスメ編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む