六甲1号の出撃にっき

撮影ロケの出撃模様のほか、日々の雑感なんかも綴ったものです。

鯉しか乗れない電車

2016-10-25 |  出撃 at 中国地方
 秋の乗り放題パスで広島近辺で115系電車を撮りに行ったのですが、その中でL-08編成(カープ電車)は下関へ入区しており、見られませんでしたが、ひろでんでもカープ電車が走ってるとの事で、行ってみることに。
 朝から可部線で115系を撮影して広島駅に戻ってきたので、駅前に出てみたら、

 おうおう、いきなりカープ電車発見! なんというツキでしょうか。
 折り返しのために5分ほど停車していましたが、みるみる人垣ができていました。平日の午前中なのに。
 このカープ坊やの服装が、ひろでんの制服・制帽になってるのがイケてます。

 後ろには女性車掌が手を振って市民や観光客に応えていました。
 動画を撮っていると、DeNAの服を着た焼き豚女2匹が私と電車の間に割り込んできて自撮り、車体まで数センチという危険な行為、タメ口で何やら運転士に話しかけてて、関東訛りだったので、あぁやっぱりかというところです。
 動画後半が後続の電車に被られたので、これはもうきれいに撮れる場所へ行くしかありません。
 まさかこんな所で撮り鉄魂に火が点いてしまいました。
 しかし、このカープ電車、追っかけるにも運行時刻が分かりません。目撃ツイートを頼りに市街中心部へ移動します。

 最初は広島港(宇品)へ行ったと思ったのですが、ツイート写真に土橋の物があったので、江波か己斐方面へ行ったようです。江波か己斐なら1時間程度で戻ってくるだろうと目論見、原爆ドーム前で待つことにしました。

 まだか、まだかと待っていると、今度はカープタクシーが現れました。
 こちらも停車中は手を振る市民に応えて、運転手さんも手を振っていました。

 さて肝心のカープ電車が、待てども待てども全く来ません。もう2時間近く待っています。

 ようやくやってきました。これだけの時間が掛かったということは、宮島まで行って帰ってきたんでしょう。(実は江波で1時間昼休みを取っていました。後で調べたらどうやら固定運用のようです。)
 乗務員も2人とも交代していて、車掌はおっちゃんでした。

 すっかり太陽が南中を過ぎていたので、後追いで順光&鯉の正面側から撮影成功。
 欲が出てきて、歩道を走って紙屋町方向へ電車を追っかけることにしましたが、これが追いつけない。
 何せ、後続の電車の邪魔にならないよう、停留所はスルー、道路信号以外では止まらないから早い早い。
 結局紙屋町まで追いつけませんでした。

 その先の本通で道路信号に引っ掛かってる所でようやく追いつき、真横から撮影。
 帰りの電車の時刻が迫ってきたので、深追いはせず、広島駅へ戻りました。
 側面に「がんばれCS突破」と書かれていますが、日本シリーズ期間中は「めざせ日本一」、その後は「おめでとう日本一」と書き換わると思います。


 ちなみに本来のカープ電車は3月から走っているこちらの5100形のことで、こちらはもちろん乗客として乗れますw
 鯉専用の貨50形はカープ花電車と呼び分けるといいでしょう。
 ひろでんのHPに運行時刻が載っているので、撮りたい人は予め下調べしてから行きましょう。私のように行き当たりばったりでフラっと気まぐれで立ち寄ると、原爆ドームの電停で2時間も立って待ってるという馬鹿な羽目を見ることになりますので・・・。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近鉄 30000系に小変化 | トップ | マルちゃん 新しい肉うどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。