rknc blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

A200 root化 nanoとbash

2017-03-21 | acer A200
A200をノーマルの4.0.3 icsをオーバークロックして使っている。
busyboxを入れたけど、/system/xbinにnanoがあるのに使えない、
なんで使えないのかと思って調べたら、ここにいろいろ書いてあった。
/system/etcにterminfoを置いて、

export TERMINFO=/system/etc/terminfo

export TERM=linux

して、nanoしたら使えた。
bashのほうは、/system/binにbashを置いてprofileを/system/etcに置いて、bashからshへシンボリックリンクをはると書いてあったけど、うまくいかなかった。
でも、shはmkshへのシンボリックリンクだとわかったので、/system/etc/mkshrcに
nonaのexport ~~~~~を追記してやったら、起動時からnanoが使えるようになった。

ちなみに、cm9-ics-4.0.3のカスタムROMは、bashは入っているけどどうやって変えるのかわからず、chshなのかなと思ってやってもだめで、ただbashと打ち込んだら色が変わって使えた。
nanoも使えた。
system/etc/bash/bashrcを見たら、

alias ll='ls -l' とか、

alias sysrw='mount -o remount,rw /dev/block/mmcblk0p3 /system’

が書いてあったので、まねをしてmkshrcに書きこんだ。
viは間違えそうでこわいので、nanoが使えて良かった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« windowsにlinuxを入れてandro... | トップ | Android(ホスト)とsshでつなぐ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL