老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

好印象だった民主党代表選パフォーマンス

2009-05-17 22:04:56 | 選挙
小沢さんの代表辞任に伴って、新代表選挙が駆け足で行われましたが、それに先立って15日に日本記者クラブで行われた公開討論会、16日に投票直前に行われた演説で、鳩山由紀夫、岡田克也両氏のスタンスが語られました。

これら討論・演説のテレビ中継を見、中継されなかった部分は新聞で追いかけた結果、自公政治との違い、小泉改革の評価、消費税を含む経済対策、安全外交政策などについて、両者に微妙な違いはあるものの、決定的な亀裂を生むものではなく、どちらが代表になっても自公政権よりはるかにましな政策を出してくれそうだと、まずは胸を撫で下ろしました。

また16日の演説では、どちらも時に真剣に時に笑顔を見せて、共に誠実さと明るさをアピールし、外野が煽る「反小沢」「親小沢」の対立も両者共に小沢さんを立てつつ賢くかわし、さらに代表選出後両候補が固い握手をすることで、どちらが代表に選ばれても「全員野球」で政権交代に向かって再始動する、と印象づけることに成功したと思います。

今朝の新聞は、鳩山氏が代表に選ばれたことで、「小沢氏の影が」とか「世論との溝懸念」などと相変わらず書き立てていますが、今夕には岡田さんが幹事長になることも決まったようですし、自公の薄汚い挑発やそれを垂れ流すマスコミのノイズに惑わされること無く、聡明さと若々しいエネルギーを結集して、衆議院選勝利を目指して真っ直ぐに進んでもらいたいと思います。頑張れ、新生民主党!

「護憲+BBS」「野党ウォッチング」より
笹井明子
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党議員は亀井静香氏をみ... | トップ | 北朝鮮を6カ国協議に復帰さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自民壊滅の準備はできたか? 読者へのお願い。 (ジャッカルの目)
 毎日新聞の、最新の世論調査で、鳩山新民主党に大きく天秤が傾いた。鳩山首相待望は麻生首相の支持率の3倍に達し、政党支持率も、民主党...
民主党代表に鳩山由紀夫氏 (虎哲徒然日記)
あわただしく行われた民主党の代表選挙。 結果は、 鳩山由紀夫 124 岡田克也   95 ということで、初代代表でもある鳩山氏が、代表への返り咲きを果たすことになった。衆議院議員に限れば、クリーンで新鮮なイメージの岡田氏が上回っているとの報道もあっ...