老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

「サロン・ド・朔」7月27日(木)例会のお知らせ

2017-07-17 22:47:54 | イベント情報
「サロン・ド・朔」7月27日(木)例会を下記のとおり行います。

今回は、民進党・長妻昭議員の元秘書の田代雄倬さんにお越し頂き、「民進党は民意の受け皿になれるのか」のテーマでお話をしていただきます。

都議選では自民党が歴史的敗北を喫する結果となりましたが、自民党不支持の票の大半は、「都民ファースト」という実態の見えないところに流れていきました。

国会内では4野党の議員たちが少数議席のハンディを背負いながらも頑張っていますが、残念ながら、これらの政党、特に野党第一党である民進党は民意の受け皿に成り切れていないのが現実です。

そこで、今回は田代さんから見た民進党の現状や課題をお話しいただき、その後参加者も一緒に「何が問題なのか、どうしたら良いのか、私たちはどう関わっっていけるのか」などを率直に出し合い考えたいと思います。

興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

■日時:7月27日(木)18:30~21:30
■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
■会費:500円(飲み物、軽食付き)

====
☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

2016年以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

(2016年)
 2月: 「参議院選挙の取り組み」
 4月: 「この国を覆う空気」
 5月: 「電波はだれのものか」(フォーラム参加)
 6月: 「こども食堂ってなんだろう」
 7月: 「中国・南京での異文化体験-私のみた中国」
 8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
 9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
11月: 「今、高江で起こっていること」
(2017年)
 1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
 4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
 5月: 「森友問題の幕引きを許さない」

「護憲+BBS」「イベントの紹介」より
笹井明子
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民の怒りは粘り強くありたい | トップ | ヒト・モノ・カネ(働き方改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL