老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

「安倍総理大臣他の国会証人喚問を求める署名」にご協力を!

2017-06-18 13:57:48 | 安倍内閣
「森友問題の幕引きを許さない市民の会」が、6月15日から「加計問題関連文書の徹底調査と安倍晋三氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」活動を始めました。私も呼び掛け人に参加させていただいています。

「要望書」のあて先は衆参両院議長、「趣旨」「申し入れ内容」は以下のとおりです。

===
「森友学園・加計学園」問題に関する世論調査では、回答者の7,8割が「政府の説明に納得できない」と答えています。「森友学園」では鑑定価格9億円余の国有地が約8億円も値引きされて森友学園に払い下げられた経過、根拠について疑惑が深まっています。また、安倍昭恵氏が教育勅語を礼賛するなど教育基本法の理念に反する教育方針を掲げた森友学園が開校の準備を進めた小学院の名誉校長に就任したことにも批判が起こっています。

さらに、その後に発覚した「加計学園」の獣医学部新設問題では、日本獣医師会の反対や文科省の慎重意見にもかかわらず、安倍首相の強い後押しを示唆する「総理のご意向」と書かれた文書で新設計画が急速に進んだ、と前文科省事務次官・前川喜平氏は証言しています。

そこで私たちは、国政の私物化というべき、以上のような疑惑を解明するために両院議長ならびに衆参議院運営委員会に次のことを申し入れます。

申し入れ

 1. 文部科学省のみならず、内閣府においても、「加計学園」の獣医学部新設をめぐる安倍首相の指示あるいは内閣府から文科省への働きかけを記した一連の文書をすみやかに調査、公表し、国会において特別委員会を設置して閉会中審査も活用することも含め、最優先の審議事項として、真相を徹底糾明すること

 2. 安倍晋三氏、昭恵氏、迫田英典氏(前財務省理財局長)、武内良樹氏(前財務省近畿財務局長)、田村嘉啓氏(財務省国有財産審理室長)、松井一郎氏(大阪府知事)、酒井康生氏(森友学園元弁護士)、前川喜平氏(前文科省事務次官)、和泉洋人氏(首相補佐官)、藤原豊氏(内閣府審議官)をすみやかに国会に証人喚問し、森友学園・加計学園をめぐる一連の疑惑を徹底糾明すること
===

*この署名は加計問題も加味した新規の申し入れです。森友問題に関する旧署名 http://bit.ly/2rdgyXe に賛同 いただいた方も改めて署名していただけます。

趣旨に賛同される方は「森友問題の幕引きを許さない市民の会」HPの右側に記載された「署名用紙ダウンロード」または「ネット署名入力フォーム」を使って署名にご協力ください。
よろしくお願いいたします。

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/abejinmon.html

「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
笹井明子
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「民力」が落ちている日本 | トップ | 『安倍政権 「議論なき政治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL