老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している

2010-05-03 05:28:58 | 憲法
普天間基地移設問題で政治が足踏み状態となっているかに見える今年の憲法記念日は、今までの、ある意味机上の「護憲・改憲」論議とは異なった、喫緊の現実的課題として、「憲法」の指し示す意味を具体的に考える日となりました。

現在、普天間基地の移設先をどうするかという議論は、米軍の駐留は日本の平和と安全のために必要、という前提に立っています。しかし、普天間基地に纏わる事実を検証すれば、アメリカ海兵隊を沖縄に残さなければならない防衛上の理由は、日本側にとっても、アメリカ側にとっても、もはやほとんど無いことが分かります。

周知の通り、現在日米政府は、中国脅威論に基づいて、「南西諸島が海上交通路の要衝(シーレーン)」とする中国封じ込め作戦を採っていますが、米国防総省は、中国が現在の「第1列島線の防衛(沿岸防衛作戦)」から、近い将来、「第2列島作戦の防衛(海洋防衛作戦)」に乗り出してくるとの判断に基づき、第2列島線防衛のために、沖縄の米軍をグアムに移転しようとしています。

2006年5月1日に合意された「再編実施のためのロードマップ」は、「約8千名の第3海兵機動展開部隊の要員と、その家族約9千名は、2014年までに沖縄からグアムに移転する」とし、2008年9月末の在沖海兵隊の兵員数からすると、2014年には単純計算で4400名、さらに詳しく分析すると実際には2千名ほど、それも常駐ではなく6~7ヶ月毎の交代要員が残るだけになります。そして、この数の少なさは、海兵隊の沖縄駐留がもはや“象徴的駐留”に過ぎないことを表しています。(*小西氏)

それでもなお沖縄に海兵隊を残そうというのは、「思いやり予算」などの確保のために形式的存在が必要だということと、イラク戦争・アフガン戦争などの地域紛争に、他の陸軍部隊などと併用される海兵隊は、アメリカ本土に置くより、沖縄に置くほうが安上がりだという、もっぱらアメリカの財政上の理由からで、日本の平和と安全の観点からすれば必然性のない駐留なのです。

しかも、日本の安全に拘るとされている中国脅威論による中国封じ込め作戦は、米軍の駐留に止まらず、中国軍による南西諸島の一部占領を想定し、南西諸島への「着上陸戦闘」の共同訓練・演習という形で、日米が一体化して軍事力を拡大し、自衛隊の海外展開能力(=海外派兵能力)を形成するものであり、結果として、東アジア地域に却って不安定要素を生み出す要因となっています。

『「貿易立国」である日本はもとより、世界中の「先進国」のすべては、世界の海洋環境が平和でない限り存在しきれない、本来「世界平和」なしに世界経済は成立しない事実を認識すべきだ』と小西氏(*)は指摘します。

2011年度のアメリカの国防予算は7080億ドルで、オバマ政権になっても依然としてアメリカは世界の軍事費(1兆4千億ドル)の約半分を消費する戦争国家であり続けています。

「核兵器廃絶」の理想を言うのであれば、併せて「戦争のない世界」への取組みも開始して欲しい。その第一歩としてアジア太平洋地域の平和の障害物となっている軍事基地を今すぐ日本から撤退させて欲しい。沖縄に、日本に、アメリカ海兵隊はいらない。

これは「日本国憲法」の理念であると同時に、現実的・具体的な世界の、そして今という時代の要請です。いま私たちは、日本のマスメディアには載らない私たちの真剣な思いを、あらゆる機会を捉えて、日米双方のリーダーに強く訴えることが必要ではないでしょうか。

*参照資料:「日米安保 再編と沖縄」(小西誠著・社会批評社)

「護憲+コラム」より
笹井明子

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳩山首相の「国外、最低でも... | トップ | 整理手続き長期化に苦言 最... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小細工 (ましま)
2010-05-03 07:31:36
 <中国軍による南西諸島の一部占領を想定
ある日何の前触れもなく、世界随一の哨戒能力を持つ航空自衛隊の目をかいくぐり、日米の制海権、制空権がゼロの場合にだけ成り立つ想定で、沖縄に海兵隊基地を置くために見せる茶番以下の小細工ですね。
Unknown (べごおじ)
2010-05-03 17:39:42
「イシャジャの呟き」に無断で転載させていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
普天間、退路は断たれた (反戦塾)
 首相は来週火曜日(みどりの日)に沖縄訪問する予定だ。普天間移設問題について主要各新聞社(朝・毎・日経・産経・沖縄タイムス・琉球新報)が出そろった。なぜか読売は
月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年4月3日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・憲法記念日{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・憲法記念日・さて政治家は{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・石川遼君{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
  「護憲+」のブログから (イシャジャの呟き)
 誕生日の花 ミズバショウ 花言葉 変わらぬ美しさ     {/晴れ/} ~ {/くも/} <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1272904788.jpg" target="_blank"></a> <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1272904828.jpg" target="_blank"></a>...
5/3: 憲法記念日 人権・知る権利で 市民主導・利益に適う「透明な政府」! (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
基地と軍備 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年5月4日 火曜日 基地と軍備 沖縄は揺れている.            番組で普天間周辺で意見を聞くと世論は真っ二つに別れている                       この小世論調査は首相の沖縄入りに付いてだが、考えると沖縄自体の経済は基地にお...