老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

学習会「沖縄のことを話し考えよう」2/16

2017-02-09 17:55:29 | 沖縄
政府は、2月4日の日米防衛会談でマティス長官からお墨付きを得たとばかりに、沖縄辺野古沖にコンクリートブロックを沈めるなど、新基地建設を加速化させています。

この情況について、2月8日配信の沖縄タイムスは、「記者の視点」として、政府は『沖縄に「諦めて」 本土に「忘れて」 米国に「任せて」』のメッセージを発していると指摘しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00083244-okinawat-oki

「負担軽減」の名の下に続けられる「高江」や「辺野古」の新たな自然破壊、住民生活への負担増、基地機能の拡大を、本土の私たちも忘れるわけにはいきません。

2月16日に以下の学習会が開催されます。時間のとれる方は是非参加して、「今沖縄で起きていること」にしっかり目を向け、学んでみませんか。

学習会のご案内 【拡散歓迎】
**********************

映画『いのちの森ー高江』を観て、じっくり話し考えましょう。
映画はやんばるの自然と暮らす人々、オスプレイヘリパットへの抵抗が描かれます。
高江で起きた事は異常でした。何人かの報告を受け、どういう事なのかじっくり話しましょう。
発言歓迎です。辺野古の今にも触れます。

■日時 2017年2月16日(木)18:30〜21:15 開場18:00 18:30 開会

 ○ 映画『いのちの森ー高江』上映62分
    監督:謝名元慶福 語り:佐々木愛

 ○高江報告を受けて、話しましょう
  *Nさん 何度も高江に足を運び、機動隊や防衛局員、私たちもタジタジとなる説得力でフル活動。
  *Oさん 若い。豊かでしなやかな感性で高江を体感している。キノボリトカゲを作ったり「今こそ立ち上がろう」の振り付けを創作したり多才。
  *辺野古リレーから 東京都の機動隊派遣の監査請求、警視庁機動隊の撤退を求める住民訴訟など。
  *Mさん オスプレイ墜落、直近の辺野古の話。

■会場 大久保地域センター3階 会議室 新宿区大久保2−12−7
 JR新大久保駅 徒歩8分、都営大江戸線 東新宿駅A1出口 徒歩8分、副都心線東新宿駅B2出口 徒歩8分
 地図 http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/ookubo_a.htm

■参加費 300円 学生無料 
■定員  60人  

☆主催 沖縄を学び考える会
お問い合わせ rie@sepia.ocn.ne.jp
===

「護憲+BBS」「イベントの紹介」より
笹井明子
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドナルドよ、仕事を交換しよう。 | トップ | トランプ氏、百貨店を批判 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL