老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

政治家とサイコパス

2017-03-11 17:39:50 | 政治
最近、洋の東西を問わず、政治家の劣化が著しい。
安倍政権登場以来の日本政治の情況は、「黙示録」の中に書かれている文章と同じである。・・・・
 
「 正しい者が権力を得れば民は喜び、
  悪しき者が治めるとき、民はうめき苦しむ」
  (箴言29:2)。

「悪しき者が起こるときは、民は身をかくす、
その滅びるときは、正しい人が増す」(28:28)。

「悪しき者が権力を得ると罪も増す、
正しい者は彼らの倒れるのを見る」(29:16)。  ・・・・

2000年以上前の言葉と現在の状況が呼応するなど、本当に人間は変わらないのだと絶望感に襲われる。

黙示録では、「悪しき者」と書かれているが、21世紀風に書くならば、サイコパス的指導者が世界的に増加しているように思われる。

では、サイコパスとは何か。ウィキペディアは、以下のように説明する。
・「精神病質(せいしんびょうしつ、英: psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。」・・・

犯罪心理学者ロバート・D・ヘアは以下のように定義する。
① 良心が異常に欠如している
② 他者に冷淡で共感しない
③ 慢性的に平然と嘘をつく
④ 行動に対する責任が全く取れない
⑤ 罪悪感が皆無
⑥ 自尊心が過大で自己中心的
⑦ 口が達者で表面は魅力的

医学者ケビン・ダットンは、「現状では、チェックリストのみが診断基準であるので、医学的にサイコパスと同じ状態であっても反社会性がなければサイコパスとはならない。」と述べている。

※さらに付け加えると、サイコパスは厳密に言えば医学用語ではない。何故なら、サイコパスと言う言葉に善悪という基準が含まれているため。

冷静に周囲を観察すると、この定義に当てはまる人間は、意外に多い事に気づくはずである。反社会的行為まではしないが、上記の7つの定義にあてはまる人間は多い。その共通点として、権力欲の強い人間ほど、その傾向が高いと言える。

今回の森友事件。登場人物のハチャメチャなキャラクターに驚かされるが、実はこの種のタイプは地方の実力者だとか大物だとか噂される人物に意外に多い。籠池理事長のキャラクターは、彼が今回の事件の中心人物でなかったら、意外に信用したり、、感心したりする人間が多いはず。籠池理事長より多少理知的で、言葉づかいは丁寧だが、石原慎太郎も同じ傾向の人物だと思う。

こう見てくると、国の指導者(政治家)に、この傾向が強い人物はかなりいると思われる。北朝鮮の金正恩はそうであろう。アメリカのトランプ大統領もかなり近い。日本の安倍晋三首相はどうであろうか。この問いをすると、ぞっとするのは、私だけではないかも知れない。

安倍首相の国会答弁、政策の説明、評価などを聞いていると、③「慢性的に平然と嘘をつく」という項目は、ぴったり。④の「行動に対する責任が全く取れない」もアベノミクスの失敗。TPPの参加問題、南スーダンの自衛隊派遣問題などを考えれば、これまたぴったり。⑥の「自尊心過大で自己中心的」の性格も、国会答弁や野次の反応などを見ていると一目瞭然。元教師の立場からすると、父兄懇談で親に話し、通知表などに書かざるを得ないレベル。①や②や⑤などにもかなり顕著な傾向がみられる。わたしは医者でないので、明確な診断は下せないが、高い確率で『サイコパス』の傾向が顕著だと言わざるを得ない。

一国の指導者が、サイコパス的傾向が顕著であるとするならば、その国の国民は一体全体どうしたら良いのか。

権力は「魔物」である。権力のデーモンに取り憑かれた人間は、常軌を逸した振る舞いをする。古来より、人間は、このような権力者の無惨な振る舞いに泣いてきた。歴史を見れば、このような権力者の物語は、枚挙にいとまがない。

権力者とは、必ず『独裁的権力』に憧れる。この誘惑に打ち勝つ「理性」・「知性」・「抑制の効く人格」。これこそが民主的社会の権力者に求められる最大の資質であると言ってよい。

残念ながら、現在の日本の最高権力者は、そのような人物とは、ほど遠い。それどころか、きわめてサイコパス的傾向の強い人物だと言わざるを得ない。とするならば、彼の資質から見て、「絶対的独裁権力」への誘惑・憧憬は、自分自身では止められないと考えざるを得ない。彼は、「権力保持」のためなら、どんな手段を取るのも厭わないし、必要なら悪魔とでも手を組むだろう。

このような資質の権力者の弊害を最低限に押しとどめるためには、権力者を権力から遠ざける以外に方法はない。独裁国家では革命か暗殺以外に方法論はないかもしれない。しかし、民主主義国家には「選挙」がある。

このように考えると、『選挙』という方法論が如何に重要かと言う事が理解できる。とにもかくにも、『選挙』で勝利する以外、この不幸を脱する方法はない。

今回の森友事件。野党勢力が、選挙に勝とうと考えるなら、実は、現在の権力構造、日本国家のありようを、最も国民に分かりやすい構図で提供できる絶好の案件である。これを積極的に活用しない手はない。ではどのように訴えるのか。次のブログの分け方がきわめて分かりやすいので、これをもとに図表かしてみる。http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/223.html

≪森友事件をグループ分け≫
★「グループA 」              ★「グループB」
学園・安倍内閣・与党(自公・維新)    野党・9割の国民・マスコミ
・行政・日本会議
【主張】                       【主張】
●土地取引⇒手続き瑕疵なし⇒問題なし  ●土地取引⇒手続き上問題あり
●政治家の関与なし                ●政治家の関与あるのではないか
●これ以上の調査不要⇒幕引き       ●真相は何も解明されていない⇒真相解明はこれから
●思想信条と土地取引は別          ●思想信条と土地取引が一体では?
●真相解明は不要                ●徹底的な真相解明必要

このように分けて訴えると、きわめて分かりやすい。自民党政権を阻止しようと考えている人々は、今の権力構造「グループA」の本質を徹底的に拡散し、安倍内閣の足元を突き崩さなければならない、と思う。

「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
流水
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« われらの東アジア平和外交とは | トップ | なぜ、民主主義、法治国家、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-12 05:28:40
護憲を掲げ、憲法9条のもと平和と人権を守ろうというこのブログで、他人にサイコパスというレッテルを貼る

このような言動が、原発いじめなどを生む土壌になったのでしょう
正直、嫌悪感さえ覚えます
第二次朝鮮戦争の有無 (ローマ人)
2017-03-12 18:43:25
結論から言えば、第二次朝鮮戦争は無い。その理由はいくつもある。
米国は核兵器保有国に戦争を仕掛けたことがない。(そのことから、日本の官民は核兵器開発準備のために、原発を永久に続けるつもりである) 。北朝鮮の隣国中国の了解がなければ北朝鮮に先制攻撃できない。米軍は部隊、ミサイルを完璧にコントーロールできないから、米中戦争に発展する恐れがあるからである。米軍は北朝鮮との戦争に湾岸戦争のように、勝利した後、北朝鮮を政治的に安定化させる能力がない。中東のように、かえってテロの温床になるだけである。財源がない。

米国のグローバリズムは経済も外交も国内政治も問題点が噴出している。トランプの米国第一主義は先祖返りである。日本はグローバリズムもリベラリズムも表層的であるから、トランプにとって扱いやすい国である。リーマンショックから早10年である。ショックで得する人と損する人がいる。次の経済ショックは日本を滅ぼすが、米国も損害が大きく、中国に漁父の利を与えるから、ショックを起こしにくい。と考えると、日本は中国のおかげで助かっていると言える。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL