老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

今、再び「戦争のつくりかた」を読む

2016-10-17 10:19:19 | 戦争・平和
皆様、「戦争のつくりかた」という絵本をご存知でしょうか。

これは2004年、「リボンプロジェクト」というグループが、当時の「有事法案」を読み込む勉強会を続けていく中で、「有事法制」の成立を止めようと呼びかけるネットワークを作り、その中で作り上げてきた絵本です。

あの頃「日本が100人の村だったら」という絵本が大ベストセラーになり話題を呼んで、それに類似した絵本が出版されました。でも「戦争のつくりかた」はそれに便乗した本ではありません。少しシュールな画と分かりやすい言葉で、2004年の日本が少しづつ戦争に向けて歩み始めたら、どういう事が私達の周囲で起こり始めるか、が描かれています。

そこに描かれている事の幾つかは2016年の今、日本で、私達が住むこの国で、既に起こり始めています。

「私達の国は、60年近く前に『もう、戦争はしない』と決めました。(略)でも国のしくみやきまりを少しづつ変えていけば、戦争をしない、と決めた国も、戦争ができる国になります」
「私達の国をまもるだけだった自衛隊が武器をもってよその国に出かけていくようになります。世界の平和を守るため、世界で困っている人を助けるためといって。」
「戦争にはお金がたくさんかかります。政府は税金を増やしたり、私達のために使うはずだったお金をへらしたり、わたしたちからもお金を借りたりしてお金を集めます」
「わたしたちの国の憲法は、戦争をしない、と決めています。『憲法』は政府がやるべきことと、やってはいけないことをわたしたちが決めた国のおおもとのきまりです。戦争をしたい人たちにはつごうのわるいきまりです。そこで『わたしたちの国は、戦争ができる』と憲法を書きかえます。」
(「戦争のつくりかた」より)

ここに書かれている事は何処まで実現しているのでしょうか。

「もし、ここに書いてあることがひとつでも実現していたら大人たちに『たいへんだよ、なんとかしようよ』と言ってください。おとなは、いそがしい、とかいってなかなか気づいてくれませんから」(「戦争のつくりかた」より)

私達はこのメッセージを受け取り、拡めていかなければいけません。大人は忙しく直ぐに忘れてしまうものですから。

選挙の時投票に行かない人たちは、自分達の未来をどう考えているのでしょうか。「茶色の朝」の衝撃を忘れてしまったのでしょうか。経済を人質に取られ、誰かの言うままに唯々諾々と従って行くのでしょうか。

働く事も、趣味を極める事も、子どもを育てる事も、とても大事な事です。でも、少しの時間と興味を「戦争のつくりかた」に向けて下さい。

この絵本の最後には次の文章が書かれています。

「私達は未来をつくりだすことができます。戦争をしない未来をえらびとることも。」
(「戦争のつくりかた」より)

自分達の未来は是非自分で選び取って行きたいものです。

「護憲+コラム」より
パンドラ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どーぞ、どーぞ! | トップ | 真の民主主義者平尾誠二(ミ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-19 19:53:27
日常生活は是々非々の世界である。道にゴミが落ちておれば片づける。衆目の面前で犯罪があれば、世間の道理にしたがって解決が図られる。東京の市場移転問題のようにである。
しかし、戦争は突然やってくる。クリントンが大統領になればロシアとアメリカは戦争するという人がいる。そうなると第三次世界大戦である。ある日突然、日本の銀行が倒産して、我々の生活が困難になるように、70年続いた日本の平和は終焉である。
戦争と金融の構造 (ローマ人)
2016-10-19 20:16:58
戦争には戦争の構造問題がある。そこにスポットライトを当てなければ、ある日目が覚めたら死んでいたことになる。

金融も同じである。建物の天井は金融業であり、これが落ちてくるとはだれも思わない。あるメガバンクは現金を引く出すにも手数料108円をとるようになった。日銀が始めたマイナス金利の影響でメガバンクは3000億円の損益を出したと言われている。

日銀はアメリカにお付き合いして、金融業の地殻変動を、自ら引き起こしたともいえる。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL