壊れかけ…

2009-04-23 23:17:55 | インポート
壊れかけ…
今夜はJAZZらしい…


長い夜


夜明けは誰の為?


みんなに当たり前に 来る夜明け


当たり前にしてはイカンです

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

なんだかなぁ~

2009-04-23 14:11:28 | インポート

昼休みにテレビをつけてビックリ!

な、なんと草なぎ君が・・・唖然・・・

驚いたのは草なぎ君の事ではなく

この報道を某国営放送がお昼のニュースのトップとして

扱っていた事

どうかしちゃったのか?と思った

他にナイの?

ニュース・・・・

しかし、草なぎ君もやっちまったなぁ~・・・である

きっと前世では裸族であったに違いない

お酒の勢いで忘れていた血が騒ぎ出したのであろう

これからもし裸族に戻るときが来たのならば

まずは脱いだ衣服を正座でキチンと畳み

左脇にそれを抱え、右手で靴を持ち

そして気配を消す・・・

なにも無かったように、人の流れに身を任せ

雑踏に歩き出さば誰も気づきやしない・・・

無理だよな・・・

でも草なぎ君、裸族の誇りだけは忘れちゃダメだよ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

命の水ゼロ

2009-04-22 23:19:20 | インポート
命の水ゼロ
仕事中疲れてくるとどうしてもイライラしてくる

そんな時はコレ

アルコールはゼロだから運転中もお構いなし


さらに、それなりの雰囲気の味付けを実現しており、これからの夏の仕事場とツーリングには必需品になりそうな予感


しかし、運転中にコレを呑んでいたらお巡りさんはどうする!?

美味しいけど厄介な逸品だな

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

静かな日々

2009-04-18 11:57:01 | インポート

静かだ・・・

第三回控訴審で思いもしない方向へ動き出した

もともとみんな銭なんかいらないから

最後の最後まで闘うという気持ちであった

それは決して折れる事無く今日まできた

しかし静かだ・・・

今までは、一審の判決など出ると

ネット上でもあちらこちら批評などが出ており

なかには「海外委託技工容認される」などという

意味不明の活字も飛びかっていた気が・・・

門前払いの判決で、まさかこの文字が

出てくるとはさすがに驚いた

考える事を放棄した人間とは怖いものだと

思った

今回は結審には至らなかったが、出てきたモノは

驚きの内容だ

でも、なぜか静か

時間の針は次回公判に向けてもの凄い勢いで

動き出している、

きっと業界団体も殆どの歯科技工士もこのまま静かなまま

時を過ごすのであろう

そして、なんらかの結論が出たときに、言いたいことを言い

また普通の日々に戻るのであろう

まあ、何も言わないか・・・たぶん

ただ、今この時、この時間に、

脇本とその仲間、そして全国の仲間達が熱いのは確かである

今朝の脇本の電話の声は、力強く、そして熱かった

電話の声の内容が、まるでノートのページを開くように

次から次へとあふれ出てくる

本当の闘いはこれからだな

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

第三回控訴審

2009-04-16 14:11:39 | インポート

(HP及び文書等無断転載引用禁止)

控訴審第三回弁論報告

事件名平成20年(行コ)第347号損害賠償等控訴事件
日時平成21年4月15日(水)午後1:30(晴)
法廷東京高等裁判所第817号法廷
傍聴人12名

裁判官裁判長裁判官山﨑恒
裁判官山本博
裁判官小林元二
裁判官藤岡淳
書記官松本昌邦

控訴人脇本征男ほか79名
控訴訴訟代理人弁護士工藤勇治
弁護士川上詩朗
弁護士岩﨑泰一

被控訴人国
被控訴人指定代理人名島亮卓
増田勝義
山本浩光
鳥山佳則(代)
和田康志(代)

審理の進行状況

(メモによる記録から概略を再現します)

【裁判長】控訴人から準備書面が出されましたが、この内容を説明してください。

【川上】国の準備書面に当方の反論を述べ、新たに追加資料を添えました。

国側はこれに対して反論はありませんか。

【国】今までと変わりないので反論は出しません。

【裁判長】本日、16階の部屋で、「進行協議」を開きます。

【裁判長】次回は5月18日(月)午後3:00からです。
これで閉廷します。

(敬称略)以上

違法入れ歯断固阻止・歯科医療を守る国民運動推進本部

http://sikagikoushi.web.fc2.com/


(HP及び文書等無断転載引用禁止)

海外委託裁判大きく進展

海外委託裁判控訴審第3回弁論が4月15日開催されました。
今回大きく事態が進展しました。

今回の弁論では裁判所が審議を終結せず、「進行協議」に替えて来た
のです。これは、国の一方的な主張を認めず、私たちの考えを盛り込み、
海外委託の問題を、法的以外の面からも解決するという、新しい、動き
になって来ました。通常では「終結」「判決」というパターンですが、
「進行協議」とは双方の意見を調整し、和解するというものでこれは国
賠訴訟では異例で画期的な事です。

本日の「進行協議」では、当方の主張、国の主張が個別に平等に聴取
され、この内容から、海外委託をこのまま放置せず、双方が何らかの形
で解決のため努力する事になりました。

控訴審においては、川上詩朗弁護士の戦略が大きく作用しました。国
会での質疑及び質問主意書、新聞記事、「全国保険医団体連合会」によ
るアンケートと意見、「NPO法人みんなの歯科ネットワーク」の資料、
13000を超える支援者名簿数、20県市町村の自治体の意見書、各
団体での嘆願書などを証拠事実として使わせていただき、裁判所に提出
しました。つまり世論の力が裁判所を動かしたといえます。

第4回弁論は5月18日(月)午後3:00からです。
何らかの形が出てくるでしょう。注目です。

裁判の大きな成果です。
皆様のご支援に心から御礼申し上げます。
今後もよろしくお願い申し上げます。

違法入れ歯断固阻止・歯科医療を守る国民運動推進本部

http://sikagikoushi.web.fc2.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加