Rohi-ta_site.

私、Rohi-taの映画の感想(ネタバレ有り!)と日常を報告するページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ローレライ

2005-08-26 00:22:53 | 映画 ラ行
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。

●ストーリー
1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を呼び出すと、ドイツ降伏後、日本海軍が密かに入手していた潜水艦「伊507」の艦長に任命し、日本を救うため原爆を積んだ爆撃機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。

定員にも満たない、寄せ集めの乗組員達を厳しい訓練で鍛えながらも、「特攻攻撃は犬死以外の何物でもない」と考える絹見は回天特別攻撃隊の折笠征人(妻夫木聡)にも、特攻を禁じる命令をする。

両親や兄弟達すべてをアメリカの攻撃で喪っている折笠は、自分の特攻で1人でも多くのアメリカ人を道連れにしたいと考えていた為、絹見の命令に素直に従う事は出来ないと感じてしまう。

そんな中、テニアン島へ向かっていた「伊507」を発見した、アメリカ駆逐艦3隻は容赦のない爆雷攻撃を繰り返し、「伊507」を窮地に陥れる。

この危機を回避する為、艦長の絹見は最強と噂されている<ローレライ・システム>の使用を軍属技師・
高須(石黒 賢)に命令するのだが、、、。

●感想
私の原作を読んだ友人達の話しを聞き、あまり期待しないで見たのですが、あらかじめハードルを低く設定していたせいか、そこそこ楽しめてしまいました。

冒頭で乗組員のエピソードの説明が足りないとか、CGが今一つだとか、ラストシーンが呆気な過ぎるとか、原作を読んだ者にとって不満な点は多いですが、「原作と映画は別物!」と割り切ることができればそんなにストレスの溜まる事なく最後まで観る事ができる作品だと私は思います。

パウラの過去を説明する回想シーンは短くまとめ上手く説明してたと思いますし、軍医・時岡役に國岡 準さんを起用したのが成功し、彼の落ち着いた演技のお陰で、この作品全体がしっかり安定していると感じました。

細かい事を言えば、乗組員全員の制服がキレイ過ぎて、リアル感が全く出てませんでした。
そこら辺は制作者側が名作「Uボート」を観てもっと勉強するべきでしたね。
何日も狭い艦内にいて、全員が常にキレイな服を着ているなんて絶対に有り得ないですから、もっと考えて欲しかったです。

あと気付いたのは、原作者が同じである為、大まかなストーリー運びが「亡国のイージス」と同じですよね。

簡単に言えば、「国の最高兵器がクーデターによって、東京を攻撃する危機に陥るが、それを回避する為に愛国心を持った軍の隊員が戦って勝利する」この話しの流れはちょっと、似過ぎですよね。

まさに「亡国のイージス」の縮小版が「ローレライ」だと言ってもいいくらいです。

それによく考えると、現代のイージス・システムが、いわゆる第二次世界大戦中のローレライ・システムであって、これは時代を変えただけで全く同じ物になっています。
これはあえて、原作者であり脚本を受け持った福井さんが意識して作ったところなのかを個人的には聞いてみたいです。

それでも、発想がおもしろいので、「本当にこのローレライ・システムが終戦前に量産体制に入っていたら日本は戦争に負けなかったのになー」と残念に思ってしまう、そんな作品でした。

●採点
私のこの作品に対する評価は75点です。

はっきり言って思っていたよりも、ずーっと良かったですね!
「潜水艦を使った映画にハズレなし」って言葉を無事守ってくれたなって感じました。

また、主役の役所広司さんの熱演に引っ張られて、最後まで適度な緊張感を持ちながら観ることができ「役所広司って、本当にイイ役者だなー」って今更ながら感動してしまいました!

だからこの作品は、「ローレライ」の原作本を読んでいない方と閉所恐怖症でない方におすすめしたいと思います。

最後にどうでもいいことなんですが、「パウラは隠れている間、一体どうやってトイレを済ましていたのだろう?」って思ってしまったのは私だけでしょうか?

それでは、また何か観たら書き込みします。
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップタウンガールズ | トップ | 容疑者 室井慎次 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (gantakurin)
2005-08-26 17:49:59
なかには厳しい方もいるみたいなのですが、

僕もわりと単純に楽しめちゃいました。

「亡国のイージス」よりもずいぶん面白かったです。

こんばんは。 (rohi-ta)
2005-08-26 20:13:50
>gantakurinさん、コメントありがとうございます。

私の周りも厳しい意見の人が多いのですが、私としては「有り」の作品でした。

人の意見って様々ですよね(笑)

それでは、また!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ローレライ (シネまだん)
監:樋口真嗣  出:役所広司 妻夫木聡   8.5点  大いなる茶番劇を観せてもらった。面白くなかったのではなく、その逆、非常に面白く楽しめたのだ。日本舞台の戦争もので潜水艦って、どうかなぁ・・・と思いながら観に行った。始まってみると時代は太平洋戦争末.
ローレライ (ゼムスキー・ソボル)
昨日の最終回でローレライ見てきました。感想は「いやぁ~良かった」くらいです。ハウルよりは明らかに面白かったですが、いろいろ突っ込みどころがあります。 まぁあのような事が60年前起こっていたら、日本は戦争に勝ってますね。しかも、原爆は三つ作って、一個は実験の
ローレライ (のんびり映画日記)
胸を打つ名ゼリフやいいシーンもたくさんあったけど、その反面「その演出、なんかイヤだな~」とひっかかる点も多くて、「感動した」とは言い難い。でもなかなかおもしろかったです。 正直「む~、微妙だー」とも思うけれど、役所広司演じる艦長の冷静ながらも熱いリーダ
ハイブリッド映画としての和流エンターテイメントの可能性 /「ローレライ」評 (I N T R O+blog)
『ローレライ』(2005 / 日本 / 樋口真嗣) Text By 仙道 勇人  本格潜水艦アクション映画と銘打たれた本作は、観る人をはっきりと選ぶ映画である。そもそも本作のようにSF色の強い作品を、純然たる戦争映画の如く扱うことに少なくない誤解を与えるだろうし(架空戦史物だが
映画『ローレライ』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『ローレライ』公式サイト『ローレライ』を上映している映画館は?ストーリー昭和20年(西暦1945年)の8月、既に焦土と化していた日本であったが世界で初めて広島に原子爆弾がアメリカにより投下された。海軍の朝倉大佐(堤真一)は現場を長く離れていた絹見少佐(役所広司)