四季の旅人

私のブログは文を主体に自由に描いています。

夏の夾竹桃

2017-07-14 | Weblog
白い夾竹桃

夾竹桃夾竹桃夾竹桃夏の風、あたりさわりのない風が朝から吹いて、気温の上昇を抑えている。風は強く吹いて木の葉をざわつかせることはなく、開放している窓からせせらぎとなって流れ込んでカー......

夾竹桃の咲く夏
夏、まだ梅雨の最中、夜明けと共に始まる蝉の合唱、七夕の頃に「梅雨が明けていないのにもう蝉が・・・」そう思ったのが天の川がみえない町中の森の下、その時は疎らな蝉の鳴き声も今日は煩いほど泣きじゃくっている。

その蝉の鳴き声を聞きながらいつもの路を歩けば白い夾竹桃の花が樹木を覆い、それと競うようにムクゲの花が咲く梅雨の末期?
「もう梅雨が明けるか・・・」そう思いながら花をみる、花の白さが映える夏。

白い花咲く夾竹桃

この白い夾竹桃が描く
梅雨空との対比
花は雨水で素顔を薄化粧し
白亜の美をみせる

白さが際立つ花
それは不思議な魔力

色彩でなく

何にも染まらない染められたくもない
無垢

我汚れを花で染める。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間の流れ | トップ | 蝉の声を聞く夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。