四季の旅人

私のブログは生きるを旅として、四季を歩きながらその表情を文に纏めているのが私のブログです。

末路

2016-10-08 | Weblog
私の命

共存愚作2点晴れ、ここ暫くきれいな晴れが続いている。こんな時は場所を決めず、感じるまま旅に出て、染まりをみせない山々を見ながら露天につかり、まだ俺生きているか・・・そんな余韻を楽し......

私に関して
私が生きているのは私ひとりで生きているのではない、多くの人から支えられそしてこの星に住む多くの民から命を貰い私は生きている。
その私がいまも存在しているのは私を産み育ててくれた両親在ってのこと、なかには「私を産んで欲しくなかった」そう言う人もいるだろう、でも、なかには「生きたい・・・」そう思っても叶わない人もいるし、障害がある人もいるそう考えると私は幸せである。
人はみな明日を信じいまを未来に向かって一生懸命生きている、そう考えるとこの今は大切だしこの私を存在させている命に感謝である。

私の末

私は作品で言えば愚作のAである
人生で言えば負け組で
名を残すとか
資産を残すとかの類ではない

老いて一人でもがき
苦しみ
嘆き
関わりある人に詫び独り旅発つ

まして復活など在りえず
焼却炉のなかで私は燃え無に帰する
唯一の救いは家族の一言

でもそれは私には聞こえない。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町の秋が見えてこない | トップ | 杉林 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事