四季の旅人

私のブログは文を主体に自由に描いています。

自由

2017-08-09 | Weblog
私にとり自由とは

私の自由素足素足になって素足になって今では素足になって土の上を歩くこともなくまして匂いも香りも忘れている土、育つものすべての源なのに、平気で汚している私たち素足、空、夏、そんなイメ......

人間の自由
100%の自由何て有りえない、そう思いながら制約の嫌う私はいまを生きている。
人間であると同時にこの星の民の頂点に立つものとして、彼等に対し立場と生存を守るという使命があり、また彼等からの恵みに感謝するためにも我々が彼等の自由を奪う事になってはならないと思う。
人間に自由があると言う事は彼等にも同じように自由があり、それが人により制約を受けてはならないと思う、なぜなら彼等の生き方は人とは違うのだから。

人間の自由

考えてみれば
人は自由であるようでない
それが現実

人は生きていくなかで
制約とかRuleを設けないと
物事を都合のよいように解釈し
正当かしてしまう

そう考えると
自由とは良識に基づいて
成り立つのかも知れない。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 低山を歩く | トップ | 立秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。