四季の旅人

私のブログは生きるを旅として、四季を歩きながらその表情を文に纏めているのが私のブログです。

夏の雨を思う

2017-07-29 | Weblog
夏の雨

翠雨今日の空今日の空梅雨も終わりに近いからそのせいか蒸し暑い梅雨も終盤かな、雨、降るかな・・・持たないかな、その間で揺れた昨日の空模様、とうとう耐え切れなかったのか22時ごろには雨......

夏の雨
この辺りで一雨降って欲しいと思う時になかなか降らず、今日は晴れて欲しいと思う時に迷わすような空になり「降るのか降らないのかはっきりしない」
「そう、私はあなたの自由にはならないわ」そう告げる今日の空。

今日は午後から一雨あると告げていた空もその気配はなく、薄い灰色の雲に全体が蔽われ薄くなった部位から陽射しがこぼれ蒸し暑い、一雨あれば涼しくなるとは思わないけれど乾いた大地に少し潤いが欲しいと思う今日の夏空、この空色では夏の雨降りそうにない。

蝉の叫び

明けと同時に始まる蝉の鳴き
鳴きは時を措かず叫びとなり
私の睡魔を破壊し
半ば強制的に眠りを奪い
私を起こし
朝の時間を弄ぶ

まだ眠い
そう思う私をあざ笑うかのように
朝食をとらず鳴き続ける彼等
この合唱いつまで続く
そう思うと憂鬱になる。

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盛夏の百日紅 | トップ | 私が書く手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事