プロジェクトマネジメントの要諦 The Key to Project Management

プロジェクトやプログラムをまわすための秘訣など一緒に考えていきましょう
緒方 理峰
Prince2認定トレーナー

アジャイル開発の見積もり

2017-07-09 15:22:34 | 日記
全体は相対見積りで、スプリントは絶対見積もりで行います。
相対見積りでは、ある基準を決めて、それに対して2倍とか3倍、または半分、4分の1などスピード重視でさくさく決めていきます。
基準値には1~2になる小粒なものを選ぶと見積りやすいです。この単位をポイントと呼びます。
例えば、20㎡のリビングを掃除するのにかかる時間を1ポイントとすると、100㎡のリビングにかかる時間は5ポイントになります。相対見積りのメリットは:
・ 素早く直感で見積もれる。
・ 合意形成しやすい。
実際に20㎡の部屋を掃除する時間は様々です。5分で済ませる人もいれば、埃を落としたり、拭き掃除をしたりして15分かける人もいるでしょう。掃除の仕方が異なる2人が、かかる絶対時間について合意するのは至難の業です。中値をとって10分とすると、5分で終わる人は倍もかからないと思うでしょうし、15分かける人は窓ふきまではできないというかもしれません。
相対見積りであればこの問題を解決できます。実際にかかる時間はどうあれ、100㎡のリビングの清掃に5倍の時間がかかることには合意できるからです。
こうして全体の開発規模をざっくりポイントで算出した上で、関連するテーマや機能、利用者にとって価値のある塊でぶつ切りし、リリース計画を作成します。
その後、スプリント計画時に、開発作業を見える化して絶対見積りを行います。
先の例では、掃除の中身を視覚化します。単なる掃除機をあてる作業だけではなく、テレビ、ステレオ、ソファーの拭き掃除、壁にかかっている絵の埃を叩いて、掛け時計まで拭く等。そうすることで合意形成が容易になります。
プロジェクトの初期で全ての要求に対してここまで見える化する時間も意味もありませんので、実装要求が確定するスプリント開始時に絶対見積りを実施します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狩野 Who? | トップ | 価値あるものから »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。