『コエトオト』からはじまる

朗読SHOW『コエトオト』が発信する、発見と創造のブログです
『コエトオト』のパフォーマンスをお見逃しなく!

6月6日(火)は横浜市大倉山記念館へ是非!

2017-05-14 21:26:22 | 朗読あれこれ






上記のフライヤーが届き
ぜひ皆さんに観に行っていただきたい!と思いましてご案内です
\(^o^)/


ねねぷろじぇくと 第14回公演

百年目のラブレター
~希望は絶望~
原作 小山内こころ
脚本・演出 仲代奈緒


2017年 6月6日(火)
♢横浜市大倉山記念館
開場18:30
開演19:00
4800円

キャスト
仲代奈緒
山本芳樹(Studio Life)
久保優二(Studio Life)

音楽
有本 紀
奈良大介

作曲 有本紀 みつゆき 田島覚 /作詞 作曲 仲代奈緒 山本芳樹

主題歌 『希望は絶望』
作詞・相澤一貴 作曲・仲代奈緒
special voice 林勇輔


「百年目のラブレター」
目深に帽子を被り列車に乗る1人の女。
誰もが羨む人気女優でありながら、人には言えぬ秘密を抱えひっそり生きる彼女。
生きる希望を失った彼女が最後に向かうのは、かつて愛する人と過ごした小さな家。
お互いを愛するがゆえ犯してしまった過ちが、今、恋文と共に蘇る。
走り始めた列車の様に、戻れない時の中で、今を懸命に生きた彼女と彼、2つの命の結末は…。

19世紀のイギリスを舞台に美しく、悲しく、そして少し奇妙なある夫婦の愛の物語を描いた「百年目のラブレター」。
第11回小川未明文学賞優秀賞を受賞した小山内こころが、ねねぷろじぇくとのために書き下ろしたオリジナル作品です。
10年間温め続け、2015年、東京・大阪・名古屋で初演したこの作品。
沢山の声を頂き、2017年、春に大阪にて再演。
連日満席、大好評のうち幕を降ろしました。
この再演をご覧になった、お客様の応援により、この度、横浜公演が叶いました。

耽美な劇団として人気を博すStudioLifeより、数々の主演を演じる実力派・山本芳樹。
数々の可能性を秘めた期待の新人・久保優二。
愛の周波数を奏でるヒーリングピアニスト有本紀。
日本を代表するジェンベ奏者、奈良大介。

新演出で新しくなった「百年目のラブレター」。今までの朗読劇とは違う、皆様の心で感じて頂ける作品になればと思っています。

仲代奈緒



お申し込みneneprojectcompany@yahoo.co.jp
お名前、住所、電話番号、公演日、枚数を記入の上、メール下さい。
(FBページ ねねぷろじぇくとからでも、メールをお送りいただけます。) 

詳細
仲代奈緒officialblog「ココロの部屋」 
facebookページ「ねねぷろじぇくと」 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花見2017春 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。