玄米塩麹入りトマトジュース。

2014-07-17 | rocoの日々

小さい頃からトマトジュースが大好き!

夏になると母がケースで買ってきて、毎日麦茶代わりに飲んでいたものです。

そのトマトジュースには必ず塩が入っていました。

そういえば昔ながらのトマトジュースは見かけないなぁ。。。

と思っていたところ、いつも行く八百屋さんで発見!!

この塩入トマトジュースは紛れもなく子供の頃に飲んでいた味で

早速うちの子に飲ませようと買って帰り飲ませたところ。。。

 

塩が入ってるぅ~、マッズ~い!

塩がないほうがいい。

と大不評。

そりゃ今時減塩だのといって、トマトジュースに塩がはいているのはないけれど、、、

喜ぶと思っていただけにがっくり。

世代の違いか、、、

 

ところで、つい最近加工用のトマトをいただきました。

半分はトマトとソースソースに加工して、

残りは玄米塩麹とレモンをたっぷり入れたトマトジュースにして飲んでおります。

 

もうめちゃめちゃうまい!!!

 

この夏、毎朝自分だけのひそかな楽しみです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べない人々。

2014-07-11 | rocoの日々

そう言うタイトルの新聞の連載コラムをかれこれ20年以上前に読んだことがあります。

つまり世の中には食べなくて生き続ける人々がいる。

 

当時読んだ時は、食べなくて行き続けるなんて、そんなバカな~

朝起きた瞬間からカツ丼ok。

おなかがすくと震えだし、不機嫌になるので、空腹の母には近づくな!

が子供たちの合言葉。食べるの大好き!

食べないでいられるなんて信じられないっ。

 

と、ずっと思っておりましたが。。。

 

ある時ちょっとしたきっかけで、始めてみよ~かな~

と思ってはじめた半断食。

別に食べたかったら食べればいいし、できなかったらいつでもやめればいいや~の

「なんちゃって半断食」

と命名してからはや7年。

 

自分の意識とは別に、人の体は3サイクル

(朝4時から12時は排出の時間。12時から20時までは摂取(消化)の時間。

20時から4時までは吸収、代謝の時間)

で機能しており、

食べないのは夜でもいいだろうというのではなく、排出の時間に食べ物を入れないということで

朝を抜くことに、意味があります。

朝を抜くということは常識的にはよくないといわれていますが、

自分のからだでやってみた結論から言うと、

今まで常識だと思っていたことは、少なくとも自分にとっては間違いであることに気づきました。

 

明らかに食べないほうが調子がよく、

芯が冷えなくなったし丹田がいつもあったかい。

たぶん何年か前より体温が上がってるのがわかります。

体重は5キロくらい落ちました。

もともとダイエットなんて全然興味なかったのに

やせたくなくても食べないので当然落ちます。

今は落ちた体重でキープしているところです。

世の中ダイエット食品やら産業やら花盛りですが、

やせたい人は断食すればいいと思います。

お金も食費もかかりません。

 

最初の頃はおなかがすいて仕方がないこともありましたが、

そこは果物でクリアーし、

今ではそれすら食べたいと思わなくなり、空腹を楽しむゆとりも出てきたくらいです。

 

食べ物の仕事をしていてナンなのですが、

とりあえずの目標は一日「一食」。

それも遠くなくできるように思えます。

 

食を減らすことでまず思ったのは、この一食がいかに大事かということ。

ただ腹を満たすだけのしょうもない食事はしたくないなぁ~と

前にもまして思うようになったし、

今まで当たり前だと思っていたことが、実は誰かがその方が都合がいいから

人々がそう思うように仕向けられてる事って結構あるのだと知るきっかけになったし、

「食」を正すといろいろなことが見えてくるもんです。

 

まずは「食」から。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃の木

2014-07-02 | rocoの日々

いつもお邪魔している八百屋&農家の田中さんから「今畑にいるから桃取りおいで~」と電話がきて、

早速ダンボールをもってチャリで畑に。

つい一週間くらい前にわらをいただきに行った時はまだ青かったのに

あっという間に桃色の美味しそうな色に変化していました。

この桃は完璧にほったらかしの状態で育てられた

まさに無農薬の桃たち。

うちの庭にも桃の木があったけど、桃の実がついたら父親が毎年一個一個紙に包んだり、

何やかやと手間をかけたものの最後は結局虫でだめになって切り倒してしまいましたが。。

 

ここの桃はよっぽど土地にあってるのか

とても丈夫で、農薬もかけてないのにこつぶながら

つやつやときれいで虫食いもほとんどありませんでした。

田中さん曰く「木も学習してるんだよね~」

 

結局その土地その土地にあったものを作っていけば、

無理やり農薬を使ったり意図的に肥料をあげたりしなくていいわけで、

人間はそのための手助けをちょっとやってあげ、あとはその木なり植物なりに任せる。

そんな事をやっている人たちはなかなか少なく、

野菜でも果物でも人のあるべき欲求にあわせて

何十回も農薬をかけたり化学肥料をほどこしたりしたものを、

もし現場の状況をしったらほとんどの人が食欲をなくすと思うのだけど。。。

 

自分たち消費者がもっと意識を持たない限り、

現状はなかなか変わらないものですね。

 

いいよ~といわれるままに

箱いっぱい取らせていただいてありがたい。

これだけあれば、いろいろ試せるし、

農薬の心配もしなくていいので、安心して酵母や酵素ジュースを作ることができます。

 

まだ熟れていないのは

味噌や麹につけてお漬物風にしてみたけど、

どうなるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加