花の公園・俳句 ing

日本は素晴しい花の国。美しい花々と公園、四季折々の風景を記録したいと思います。我流の俳句は06年3月12日からです。

濃いピンクの椿 東方朔

2007年02月13日 07時12分25秒 | サザンカ・椿  
濃いピンクの大輪の椿、東方朔 (とうぼうさく)。
とうほうではなく、トウボウと濁音です。

大辞泉によると、
中国、前漢武帝に仕えた文人曼倩(まんせい)の号で、
ユーモアと奇行で知られ、西王母の桃を盗んで食べ
長寿を得たという伝説があるといいます。
また謡曲、脇能物の一作品で、漢の武帝が七夕の星祭りを
していると、東方朔が西王母とともに現れ、聖寿の長久を
祝福するという筋とのことです。
西王母と対になる名前のようですね。

サブの写真の下の葉を良く見ると、去年のセミの抜け殻が残って
いました。
     (埼玉県東松山市 武蔵丘陵森林公園 070127)

             空蝉も待ち居たるべし紅椿   rocky

     にほんブログ村 花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。    
                 応援してください。

      ◆このブログの検索ウインドウが左下にあります。 
        短い1単語だけで検索してください。 2単語以上だと機能しません。


『川柳』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅梅に名づけて蝶の花形 | トップ | 川に餌をとるハクセキレイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL