ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

CHIBA RAMEN MUSEUM(facebook公開グループ)管理人ロッキー大活躍⭐︎20百万ヒッツ超の人気ブログ

千葉ラーメン新店【店主は和食の世界で10年間修業して独学で奥様と開業@勝田台の中華ソバ篤々(とくとく)】

2016年09月16日 | 成田・富里・八千代・佐倉・四街道・印西

【店主は和食の世界で10年間修業して独学で奥様と開業@勝田台の中華ソバ篤々(とくとく)】

 

今年の千葉のラーメン新店は、北総エリアがアツイですね。

6月に公津の杜にオープンした「ラーメン剛(ごう)」、8月に富里にオープンした「麺者屋ちくわ」、同じく八街にオープンした「支那そば うみ」、そして今月1日に勝田台にオープンした「中華ソバ 篤々(とくとく)」。

いずれの店主もラーメン店やそれ以外の飲食店で10年以上の修業をされた方々ばかりで、味作りの基本がしっかりとしているのが特徴。

さらにいずれのお店も自家製麺ではなくて、製麺所の麺を使用。

興味深いのが、東京の菅野製麺を利用しているお店が3店舗。先月&今月オープンのちくわ、うみ、篤々が菅野製麺。

新店ラーメン不毛地帯だった北総エリアで、同時期に複数のお店がオープンした事で配送ルートが確立、安定して麺の供給が出来るのが大きいようです。

だいぶ横道に逸れましたが、さて9月1日に京成勝田台駅から歩いてすぐの場所にグランドオープンした「中華ソバ 篤々(とくとく)」

店主の松原篤(あつし)さんは和食の世界で10年間修業された方。その後ラーメン店主から、ラーメン作りの基本を学んで、独学でラーメン店をオープン。

一番好きなラーメンは、「しば田@仙川」だそうです。

動物が好きな松原ご夫妻、ご自宅には猫7匹と犬が2匹いるそうで、ペットにご自宅を占領されてしまっているそうです。

メニューの基本は煮干しソバ(700円)。

そこに生姜を加えて、醤油を濃口から白醤油に変えてみたり、麺の大盛りは不可でその代わりに、特製(+250円)や、味付きの替え玉である「和え玉(200円)」や、煮干し出汁で炊いた「ニボだしごはん(150円)」、などでメニューにボリューム感を出しています。

卓上の味変アイテムは、柚子酢と、山椒。そう、定番の胡椒はなくて、和食の世界を追求した味変に。

 

初回は、生姜煮干しソバ(700円)をオーダー。

出てきたラーメンは、低温調理チャーシューが2枚、その上にはフレッシュなおろし生姜、お麩、刻み玉ねぎ、刻み三つ葉、海苔といったトッピング。麺は菅野製麺所のサクサクした煮干しのスープに良く合う中細ストレート麺。

煮干しがエグミがなくて、でも出汁の基本がしっかりした旨味を蓄えたスープで申し分なし。毎日食べても飽きません。

煮干しに生姜って合うのかな?半信半疑でしたが、おろし生姜がまた味変の名脇役。煮干しのラーメンって食べ慣れていますが、生姜が合うのは新しい発見。夏はさっぱり、冬は身体の芯から温まりそうです。

これは特製も食べたいし、和え玉やニボだしごはんもためシテみたいです。

あと2回ぐらい通わないと、篤々の全容はわかりませんね。

ご馳走様でした☆

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月15日(木)のつぶやき | トップ | 速報、市川産フェスタ会場で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

成田・富里・八千代・佐倉・四街道・印西」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。