ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

千葉県人気No.1ラーメンブログ(17百万ヒット超)ラーメンウォーカー千葉選出,千葉県代表の百麺人ロッキーが日々更新なう

【千葉ラーメン】【今年の千葉のラーメン新店のトレンドは、ニボラー「煮干し中華そば のじじR@北柏駅(住所は我孫子市)」】

2016-10-12 | 松戸・柏・流山・野田・鎌ヶ谷・我孫子

【今年の千葉ラーメン新店のトレンドはニボラー「煮干し中華そば のじじR@北柏駅(我孫子市)」】

 紹介する千葉のラーメン店は、2016年3月1日、最寄駅はJR常磐線の北柏駅、住所は我孫子市、国道6号線沿いにオープンした「煮干し中華そば のじじR」です。

今年の千葉県の新店は「ニボラー」がトレンド。

同じ我孫子市には「煮干し中華そば 蓮の華(7月1日開店)」、松戸市みのり台には「にぼしそば 麺屋弥栄(2月1日開店)」、四街道には「煮干らーめん 海空土 吉岡店(5月1日開店)」、八千代市勝田台には「中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU(9月1日開店)」、木更津には「千葉房総 麺のマルタイ(2月1日開店)」と煮干しを売りにした新店のオンパレード。

各店趣向を凝らしたオリジナルの煮干しテイストで勝負しています。

 

さて「のじじR」ですが、栃木県宇都宮市の「煮干中華そば のじじ(2013年6月9日開店)」の初の暖簾分けのお店になるそうです。

店名の「のじじ」とは、お店の味を開発した野尻さんのニックネーム。「R(アール)」は再生の意味だそうです。

こちらのお店は煮干ラーメンの専門店で、煮干しの濃度が、EASY, NORMAL, HARDの選べる3タイプ。要はあっさり、中間、こってり。

券売機制で、初めてのお客さんにはノーマルがお勧め。ハードには表と裏があり、私が行った月曜日(祝日)にはハードは販売されておらず、毎週木曜日と金曜日の販売で、裏は昼、夜、5食ずつの限定で、表の二番出汁におい煮干をして煮詰めたスープだそうです。そう聞くとまた来ないといけません。

また最近流行りの和え玉があり、continue(200円)と称して、替え玉にイリコ粉末に煮干オイルがかけてあります。さらにラズベリーソースが添えられていて、これが不思議な味変だそうです。

煮干し中華そばのノーマル(750円)を頂きましたが、確かにしっかりとした煮干し出汁で、固めに茹でられた菅野製麺所の抵加水細麺ストレートが合ってますね。メンマも食べ易いサイズにカットされていて、白髪ねぎ、玉ねぎの薬味も楽しい。チャーシューも柔らかくて旨味を蓄えたもの。

今回は連食につき、コンティニューは断念。ニボバタご飯も気になります。

これは木曜か金曜日に出直さないと。

北柏駅から歩いて8分ぐらいですが、このエリアは外食の激戦区ですね。

頑張って欲しい新店です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【千葉ラーメン】ラーメン王... | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。