ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

千葉県人気No.1ラーメンブログ(20百万ヒット超)、ラーメンブログの老舗、ロッキーが日々更新なう

【ラー博NEWS】【新店】「YUJI RAMEN FROM ブルックリン、NY」「ツナコツ(鮪骨)ラーメン」大漁の鮪が口の中に押し寄せる!

2017年03月15日 | 新横浜ラーメン博物館レポ(神奈川県)

2017年3月16日、逆輸入ラーメン第四弾、ブルックリン、NY発の「YUJI RAMEN」が新横浜ラーメン博物館にオープンします(1年半の予定)。

恒例のレセプションでいただきました。

店主の原口雄次氏は、長年アメリカで魚の卸に携わった魚のスペシャリスト。

看板メニューはマグロのアラをローストし、強火で白濁させた「ツナコツ(鮪骨)ラーメン」。

ツナコツのスープの大きな特徴は、動物系のスープを一切使用しない、アニマルオフ。

マグロのアラをオーブンでローストして、昆布だしで強火で白濁させたツナコツの白湯スープ。

魚の臭みは全くなく、大漁の鮪の旨味が口の中に押し寄せてきます。味変には柚子胡椒を使用。

麺は低加水の極細ストレート麺。ツナコツ白湯スープを良く持ち上げて、とっても美味しい。驚いたのが、NYなのに、麺がとっても長くて、啜り心地の良い麺。外国人は元来、音を立ててラーメンを啜る文化はなかったのですが、このお店で定着したのかも。

トッピングは、チャーシューになんと、希少部位の「マグロのハラモ(大トロの一部)」を使用しています。あとは刻み海苔、白髪ねぎ、ゴマとシンプルな構成。

このラーメン店のコンセプトは、「Honor Your Fish〜お魚を大切に〜」

有効活用されていない食材を、技術と知恵、工夫により高いクオリティに仕上げ、食材廃棄問題の解決策として提案し続けています。

ラー博を愛する女子会、試食した女性陣も絶賛、今までにない鮪の堪能の仕方を提案している。舌の上に鮪の旨味が残っている、マグロのチャーシューが脂っぽくなくてさっぱりしていて美味しかった、など。

僕は無垢が出来た時に似た感触を感じました。

ごちそうさまでした。

 

原口雄次さん、

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜ラーメン風凛、市川大洲... | トップ | 3月15日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新横浜ラーメン博物館レポ(神奈川県)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。