ラグランジュ・ポイント

日記帳です。トップページからは写真も見られます。全て私個人の見解で、所属団体の立場・戦略・意見ではありません。

マンガの話

2017-07-15 23:46:34 | まんが・アニメ

重版出来というマンガについての座談会があった。
その作品に登場する安井というキャラクターは
組織の汚れ仕事を一身に引き受けるポジションなのだが、
それについて多面的な評価がなされるべきという意見が相次ぎ、
興味深かった。安井を通じて、仕事談義に発展したのは
社会人の集まりらしいなと感じた。

個人的には、結果として人から憎まれるような業務が存在する事自体は仕方ない
としても、それを一人に負わすのは酷で、長期的な視点では当該社員が潰れて
システムが立ち行かなくなるのが目に見えているため、悪手だと思っている。
また、そのように極端に評判が悪い社員を放っておくのは組織のイメージを
貶めることになり危険。さらに、取引相手を鬱病にまで追い込むようなやりかたは
幾らなんでも失策だ。

少年誌の発行部数、一時マガジンが首位だった時代があったが、
近年ではまた少年ジャンプがマガジン、サンデーをぶっち切っているらしい。
自分の中では、ジャンプは有名どころではあるが落ち目の雑誌という印象
だったので、大変驚いた。思い込みは恐ろしい。しかしそれにしては、
どこのコンビニでもジャンプの影が薄いように感じるのは何故か。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 理屈と方法 | トップ | まどろみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL