ラグランジュ・ポイント

日記帳です。トップページからは写真も見られます。全て私個人の見解で、所属団体の立場・戦略・意見ではありません。

小売の不思議

2017-07-13 22:54:00 | Weblog

もう数年くらいになるけど、セブンイレブンの
酒・タバコ購入時の年齢確認、やっぱり違和感ある。
"30歳以上"か"30歳未満"かを選ばせる方式のやつ。

店員が見た目で選別すると、大人っぽい未成年を
見逃すことになるから、全ての人を対象に実施しないと意味がない。
30代以上を選択した人はそれ以上問わないと言うなら、
未成年でもとりあえず30代以上を選べば通ることになってしまう。
結局、30代以上を選んだとて、疑わしい場合には身分証を求めるの
だろうから、この方式はあまり意味がない。
最初から全ての客に身分証を求める以外に抜本的な解決策はない。
店は中途半端な施策だと客から不評を買い、客は選択と身分証提示という
二重の手間をかけさせられ、いったい誰が得をするのか分からない制度だ。

腑に落ちないルールと言えば、レストランで店員が「何名様ですか?」と聞くだけ
聞いておいて、客を案内しないパターン。近所のジョリーパスタがそうだったが、
全く意味のないルールだ。何にも役立てる気がないなら、客が何人のグループか
確かめるのは双方の無駄だ。店に入りきれないほと大勢のグループかを確かめる?
お冷とおしぼりを持っていく個数を確認したい?納得し難い。
マニュアル接客を尊ぶのであれば、工数は少しでも減らした方がよいし、
大手のチェーン店などで、なぜそれが改善されずまかり通っているのか
不思議でしょうがない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オニヤンマ | トップ | 理屈と方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL