ラグランジュ・ポイント

日記帳です。トップページからは写真も見られます。全て私個人の見解で、所属団体の立場・戦略・意見ではありません。

のれん

2017-04-20 23:11:37 | Weblog

会計上の のれん(営業権)という概念、
どうも嘘くさい。構成資産の時価以上で
事業を購入するのは、プラスアルファの無形の
営業権に期待したからではなく、単に足元を
見られたり、交渉が下手だったからなのではないか。

価格をつり上げて購入すればするほど、営業権として
資産がどんどん積みあがるというのは訳の分からない理屈だ。
それにそもそも、従来からの自社の商売については
全く営業権など計上することなく、事業買収やM&Aの
場面でのみ突如として登場するのも違和感がある。
どこの会社だって、過去からの歴史で営業ノウハウとか得意先とか
当然持ってるはずなのに、そういうのについては全く評価せんのは
釈然としない。片手落ち的だ。

訳の分からんものを資産計上するから、結局立ち行かなくなって
ある時急に費用化せざるを得なくなる。それだったら、当初から
コストとして認識した方が素直ではないか。M&A・事業買収には
多額のコスト(費用)がかかるものだと、一目瞭然、分かり易い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 所得 | トップ | きちがい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL