JIIN’S ブログ

寺院の住人が綴る、ジーンズをはいた時のような気取りなしブログ!

豆 まめ しるこ

2009年08月20日 | Weblog

ご門徒の年回法要へお参りしたときのこと。

おつとめの後、その家の長女(故人からいえば孫)さんが
出してくれたのが、この まめ しるこ

実は 昨年末のこの家の報恩講お参りの時、当時 調理師学校に
通っていたこの長女さんが、牛乳・乳製品利用料理コンクールで
日本酪農乳業協会会長賞(優秀賞)をもらったと 聞いて、共に
喜ばせてもらった。

そして、その優秀作品の「実物」がぁーーー!
              これだぁ! 
                ★1→ 2→ 3→    

ふ~む♪

冷たい白玉団子が枝豆の食感と小豆の風味に包まれて

生クリームのまろやかさと
共に 濃厚でありながら爽快な味わいが

たまらなく 僕の五感に 夏の朝のシンフォニーを奏でていく…。


    (この くらいの ウンチクを 言えば よろしいでしょうか ^^; )

ご馳走さまでした。
こんな美味しいスイーツに出会えるのも 住職(お寺さん)の役得か。


そういえば、年に一度 ご門徒宅へ「報恩講」のお参りをすると
その一年間の 出来事を いろいろ 報告下さることがある。

K地区では 一年間で 詠んだ短歌のノートを 嬉しそうに見せて
下さる 90才のおじいさん。

Y地区では、書き留めた 一年分の絵手紙のファイルを 解説付きで
めくって下さる Tさん。

その家ごとに いろんな「一年」を聞かせていただく。

   よかったですね!

   たいへんでしたね。

   スゴイですね!

悲喜こもごも… 同じ人生はないけど、み~んな 精一杯生きて
その仏事のご縁を恵まれたことを  いっしょに よろこばせていただく。

PS
豆 まめ しるこ のレシピ は こちら→

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リョウケン・ホウイ(料簡法意) | トップ | 新・夏休みおはよう会 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ずんだ餅のお汁粉バ-ジョンか? (釈 破旬)
2009-08-21 10:37:26
東北の仙台地方では、この時期家庭で ずんだ餅 というお菓子を作ります。当然、お菓子屋さんの店先にも並びますが、旬の食材をその季節だけ味わう季節感はいいですね!!
・・・ (ちるめぐ)
2009-08-21 14:01:35
す、凄い!!
言葉がないっす^^
どんなお味なんじゃろぅ??
レシピが分かれば、今度アップしてちょぅ^人^

お参りさせていただき、こんな素敵なスィーツをよばれて、ご家族の方々の近況や、思いをいっぱいいただいて、そうやって、お育てをいただいて、ONSAIさんも、仕合わせ者じゃぁないっすか^^v
…お互いちゃんです^m^
へえ~ (GT-R)
2009-08-21 15:24:30
 辛党の ONSAIがスイートですか!!!
博多でケーキバイキングでも?
 でも御門徒の家で頂く甘い接待はうれしいですね。
●釈 破旬 さん: (ONSAI)
2009-08-21 21:49:58
ずんだ餅ですか。
「ずんだ」って何なんでしょう?
でも、ホント 地産の旬をいただくのが 一番贅沢でしょうね。
● ちるめぐ さん: (ONSAI)
2009-08-21 21:55:59
ほんとに こういう「役得」に会うと
「坊主丸儲け」も うなづいたりしちゃいます。

レシピ… あの写真(パンフ)の下の方に書いて
あるのですが……(-_-;)
● GT-Rどの: (ONSAI)
2009-08-21 21:57:34
あら、知らなかったスか?
僕は、シュークリームやプリン…カスタード系には
目がありません。

辛党だけではなく 甘党もOK!
宮本武蔵(二刀流)でござる。
ずんだ の由来 (釈 破旬)
2009-08-22 20:20:08
この時期に採れる 枝豆を茹でて、刷りバチにいれ棒で
打ってつぶして あんこ状にして、お餅の回りにおはぎのようにかぶせて作ります。
豆打(ずだ)がなまって ずんだ となったようで、伊達政宗が名付けたという説もあります。青臭い食べ物なんですよ!!
●釈破旬さん: (ONSAI)
2009-08-22 20:31:16
なるほど、「豆打(ずだ)がなまって、ずんだ」ですか。
豆 まめ しるこ は あんこ状でなく、もっとサラッとした食感です。
いずれにしろ、枝豆の香りが ふくふくと味わえて
美味しいでしょうね。 
なぁるほど^^v (ちるめぐ)
2009-08-22 22:59:59
やはり、ONSAIさんは、阿弥陀ちゃんのようなお方じゃ。
お年寄りを大切にしてくださり、あっりがとさぁ~ん
(あほの坂田風に)
簡単にできるといっても、手が込んでいますね。
大変そうじゃ。(;´д` )

しかし、このメニューを考えつくなんて、このお譲さん、ただものではないな^^

あらためまして、
分かりやすくレシピを貼りつけてくださって
ありがとうございましたm(__)m
● ちるめぐ さん: (ONSAI)
2009-08-23 23:14:18
きっと、K山のパティシエ・ちるめぐさんは、このレシピさえあれば
簡単に お作りされることでしょう。

そして、僕がお邪魔したときには、さりげなく
お茶と共に この「豆 まめ しるこ」を出して
下さるンでしょう…ねっ!(^_-)-☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL