JIIN’S ブログ

寺院の住人が綴る、ジーンズをはいた時のような気取りなしブログ!

不思議なご縁

2016年09月18日 | ONSAI

 昨春の西楽寺関西支舎(連絡所)「温西坊」を開設以来、長男が関西方面在住のご門徒の仏事にお参りしてくれるようになりました。

 
私としては、月に一度で自家用車でお参りしていたわけですから、時間的にも肉体的にも随分 楽にさせてもらいました。
Boumori といっしょに 未来の住職塾を1年間受講することもできたのも、そのおかげです。
 
そして、ちょうどその余裕分に見合うほどに、お取次(法話)のご依頼をいただくようになりました。
とりわけ、今年になってからは、他教区(県外)の寺院・団体から組・教区レベルのご縁を頂戴することが増えてきました。
 
これは、本願寺における特別の役職はなく、「布教使」の資格だけの私には、勿体ないほどのお育てのご縁となります。
いろんな地でいただくご縁によって、ローカルな視点に留まりがちな私は 大きな刺激と感動にさらされます。

そして、それをまた西楽寺での活動に還元していく…。
 
   
 
 
つい、先日も中国・四国ブロックの講社・講員研修会のご縁をいただきました。本願寺を支えてくださる伝統的サポーターといえる 講組織の皆さま雰囲気に、お念仏がつたえられてきた歴史をみたような気がしました。

私の状況に応じるようにご縁をいただくことは、つくづく不思議であり、有難いことです。
いよいよ、お彼岸。 また いろんなお寺でお育ていただきます。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寺の定期点検

2016年09月16日 | ONSAI
お寺は、本堂・庫裡・山門・鐘楼などの建物や墓地・境内という広い敷地があります。
 
それらは、門信徒の皆さまによって大切に護持されていますが、劣化・破損が進行してからの修理・対応では どうしても後手に回ってしまいます。
 
そこで、今年度より西楽寺護持会組織の中に「営繕委員会」を立ちあげていただきました。
この度は その第1回目の寺内総点検。
 
大工さんや電気工事士さんなど、プロの目による匠の眼差しは、素人の住職(私)には全くわからない損傷箇所を次々と発見し、その場で対応策が立てられていきました。
 
 
       
 
この後は、営繕委員会の指摘に基づく資料を総代会に提出して営繕予算化を検討していきます。
 
やがて500年になる西楽寺の法灯をお念仏と共に次代へつなぐ体制がまたひとつ整えられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンモノ…。

2016年06月13日 | ONSAI

毎朝6時半、西楽寺お朝事(朝のおつとめ)の始まりを告げる喚鐘(かんしょう)を
撞いてくださるMさん。

この度、2泊3日の本願寺念仏奉仕団の参加目的は、ご本山の喚鐘を録音することでした。
Mさんは、出発 2週間前に用意された レコーダーを見せてくれました。

「テープに入れる」と言われるので、まだカセット・テープがあるのか…と思っていると、なんとそれは、カセットレコーダー のような デジタル・レコーダーでした。

      

録音・再生など操作は まるで カセットレコーダーそのものの感覚・イメージで ホンモノのカセットレコードと変わらない、とても使いやすい スグレモノです。

そして、自宅に帰られた後は、 涙が出そうになるほど感動したというご本山の 喚鐘の音を何度も何度も繰り返して再生して聞かれたようです。


今朝、久しぶりに 西楽寺の喚鐘を撞いて下さいましたが、それまでと比べて格段に上達された素晴らしいものでした。

      

私が何度も 口で伝えても理解してもらえなかったことが、ホンモノにあうと こんなふうに見事に伝わるものかと 驚くばかりでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第7回九十九座寄席チケット完成

2016年06月01日 | ONSAI

落語&法話のコラボレーション 「九十九座寄席」。
早いもので、もう7年目を迎えます。


どうぞ、どうぞ、まずは西楽寺のお参りして本堂にお座りください。

お寺の空間の中で、笑福亭仁智師匠の熟達した話芸を堪能して下さい。
その間隙を縫って、住職(私)が仏さまのお話をお届けさせていただきます。

そして、九十九座寄席 の次は、 人会法座 (7月13日) へお参りください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賽銭箱 → 支援金箱

2016年05月11日 | ONSAI
「全国のお寺の賽銭箱を義援金箱にしよう!」
 
東日本大震災の直後にツイッターでこんな投稿記事を見つけました。
 
なるほど、これならば復興ボランティアや救援物資を持って被災地まで行けなくても
すぐに実行できて、継続的に被災された方々の支援が可能になります。
 
ということで、西楽寺では 4年前から本堂の賽銭箱を「被災地への支援金箱」としました。

          

そして、心ばかりですが、月々のご法座でのお賽銭もすべて被災地復興支援金として送らせていただいています。

 
この度、賽銭箱の張り紙を「熊本地震災害支援金箱」 に改めました。

義援金と支援金の違いは  ここでを 調べてみましたところ、
         →          http://goo.gl/byHaxa
継続的に本願寺を通じてお届けさせていただくということで 「支援金箱」にしました。
 
 
 
長い長い 復興への道、「忘れず」「見捨てず」に寄り添わせていただきたいと思います。  悲しみに寄り添う」意味を心して …  
     →   http://goo.gl/KGf47 ( JIINN”Sブログ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加