JIIN’S ブログ

寺院の住人が綴る、ジーンズをはいた時のような気取りなしブログ!

私が参れば、それで「百人会」

2017年02月18日 | ONSAI
過去40回、20年間にわたり、100人以上のお参りをいただいていた百人会法座ですが、今回はどうやら 70~80人くらいになりそうです。

当地では、全国トップクラスの過疎化・高齢化が加速度的に進んでいます。
西楽寺が含まれる温泉街の町内会は この20年で半減し、42戸から21戸になりました。お寺の門前向かい側の通りには空家が7件並んでいます。

そんな中でも、100人を越える参詣者があることは、お寺として、住職として自慢であり、誇りでした。いままでも、100人割れを心配しながらも辛うじて100という数字は守ってきました。

ところが、今回の百人会まで あと3日ほどありますが、100人という数字にはとても及びそうもありません。この厳しい現実を前にして、私は入り乱れた焦燥感と脱力感の中で意気消沈していました。
 
そんなとき、Boumori が
 
「百人会の本来の意味は、何だったの?
  100人が80人になったら、それで意味がなくなるの?」
 
と問いかけてくれました。
 
そうでした。100人という数字は、あくまで一人でも多くのご門徒を法座へおすすめするためのお寺側の数値(努力)目標です。人数にこだわって、本来の目的を忘れていました。
 
大切なことは、ご門徒にご法座の席に着いていただくこと。
100人ではなく、一人ひとりのご縁でした。
 
蓮如上人のお言葉
一宗の繁昌と申すは、人の多くあつまり、威の大なる事にてはなく候う。一人なりとも、人の、信を取るが、一宗の繁昌に候う。」
を思い出しました。
 
折しも、Hさんが百人が会出席回答通信欄に
「私がお参りすると 100人になるといつも思って居ります」
と添えて下さった言葉が 私の胸に熱くひろがります。
 
「この私」が法座に席に身を置かせてもらうこと。
参詣が70人でも、80人でも 百人会です!
 
ブログに 100人越えを報告して「素晴らしい」と讃えられるためではなく
限界集落の中にあっても、一人一人のご縁を大切にひろげてゆく…。
そんな百人会でありたいと思いました。
 
「お参りの人数は少なくなっていくかもしれないけど、
少しずつ新しいご縁もあるし、そこからまたご縁が広がっていくのも楽しみよね。」
 
Boumori の明るさは、なかなか住職を落ち込ませてくれません。(深謝)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿弥陀さまの処方箋

2017年01月20日 | ONSAI

ONSAI です。

『本願寺新報』 1月20日号の「みんなの法話」です。

12月初旬にこの執筆依頼をお受けしましたので、ご本山の御正忌法要「特別講演」でお取次させていただいた法話をダイジェスト版のようにまとめてみました。

原稿締切が、特別講演の当日頃でしたので 講演内容の点検・確認には、ちょうどよいご縁をいただいたことです。

しかし、原稿の推敲・校正は、それを書いた者にはなかなか難しく、Boumoriの 「ご門徒目線」を意識したアドバイスは有難かったです。たとえていうなら、作曲は私ですが、編曲はBoumoriという感じで 出来あがった「みんなの法話」です。

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別講演を終えて

2017年01月13日 | ONSAI
Boumoriです。

12日に、西本願寺御正忌報恩講の特別講演を無事におつとめさせていただきました。
同行していた私も、ドキドキでした。

本当に尊い大きなご縁でした。

ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西本願寺御正忌報恩講 特別講演へ

2017年01月08日 | Boumori
Boumoriです。


尊い尊いお育てをいただくことになりました。

昨年9月、西楽寺住職が講社の中四国大会に出講させていただきました。
その時のご縁で西本願寺から「西本願寺御正忌報恩講」出講のお話をいただきました。
1月12日の特別講演で「阿弥陀さまの処方箋」という講題でお話させていただきます。

西本願寺での出講に先んじて、同じお話を明日の西楽寺の御正忌報恩講法要でお話させていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話すだけが伝えることじゃない

2016年12月09日 | ONSAI

広島市内でいただいた2日間の布教のご縁の合間に、そのお寺から車で15分ほどの老人介護施設に入居しておられるご門徒Wさんを訪ねました。

ご本山から下付されたご本尊にお参りして、ひと口のご法話をと思いましたが、Wさんは立て続けに身の上を語られます。

お金のこと、病気のこと、食事のこと、止めどなく話されて、私はただうなずくばかりでした。


ついつい、仏さまのお話をお伝えすることが私の役目だと こちらが話す機会を待っていましたが、ただ聞くということも「伝える」ことかもしれないと思い、この度は ただ聞くことにしました。

帰り際に、90歳を過ぎたWさんは手を振りながら 「また、きて下さいね。」と、笑顔で見送ってくださいました。


手を振り返しながら、また(この世で)あえるかな?と名残惜しく思いました。自分は、まだまだ当分生きるつもりで。

無常の教えを口にしながら、それを他人事にしている自分がありました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加