ほわほわな日々

ジャニーズとネイルをこよなく愛する女子高生、愛芽(あめ)のブログ♪
コメント大歓迎!!YOU,来ちゃいなよ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鉄コン筋クリート

2006-12-29 22:37:28 | ジャニーズ
観てきました、『鉄コン筋クリート』

ひと言で言えば・・・すごいよかった。

なんかね、ニノとか関係なくよかったよ。

あの世界観に、だいぶハマちゃったかも


以下、多少ネタバレ有り↓↓













まず、映像について。

ナビゲーションDVDで言ってた通り、背景が背景じゃないのね。
ひとつひとつのビルとか、看板とかが、全部作品として成り立ってるっていうか。

絵のタッチも色々なものが使い分けられてて。
普通のシーンのあの独特の絵と、シロの夢の中の油彩っぽい絵、夜景とかバーの壁のリアルな絵。
その3つがマッチングしてるのがすごかった。

これもナビゲーションDVDで観たから意識して観れたんだけど、序盤の躍動感がすごい。
クロとシロが飛び回るシーンとか、すごいドキドキした。




次に、ストーリーについて。

なんかね、めちゃめちゃ感動したんだよね。

全く泣く気なく観に行ったのに、実際ボロボロ泣いちゃった。

1番泣けたシーンは、シロのぬいぐるみが壊されちゃったシーン。シロが刺されたシーンとリンクして、クロが叫ぶ。そして、シロも発作みたいに、叫びだす。 

2人は2人でひとつだったから。

2人のネジを分け合って、それでバランスをとってたから。

「クロにないネジ、シロがみーんな持ってる」

そのセリフが印象的で、離れ離れになってバランスがとれなくなったクロとシロは、すごく痛々しかった。

きっとシロがいなくなっておかしくなっちゃったクロは、本当におかしくなってたんじゃないと思う。 その事実を認めたくなくて。シロがいないのに、普通でいる自分が嫌で。だからクロは、わざと「シロが帰って来た」なんて思い込もうとしたんだと思う。

他にも印象に残ってるシーンはいっぱいあるんだけど、クロが「シロは冬が嫌いでさ。」って語るシーンがすごい印象的だった。「シロが泣くんだ・・・。」って言ってるクロの声はすごく切なそうで、クロは本当にシロを守りたいんだっていうのが伝わってきた。

怖かったのは、シロが殺し屋にガソリンをかけて火を着けるシーン。
あの時、シロの中のもう一人のシロが垣間見えた気がした。
やっぱりシロも、心の中に闇を抱えてるんだなって思った。


声について。

ニノの声も、蒼井優ちゃんの声も、本当にぴったり合ってた。
表情があんまり変わらない絵なだけに声がすごく重要だと思うんだけど、クロもシロも感情がひしひしと伝わってきて。
シーンごとに全く違う声で、すごいなって思った。


作品全体について。

現実的なところと非現実的なところのギャップがすごいと思った。

シロの夢の中のシーンが幻想的だったり、お風呂屋にいきなり像が出てきたり、空を自在に飛べたり、全体的に異世界というか、リアルじゃない描写が多かった。
それに対比するように、ケンカとか血の流れるシーンだけがやけにリアルで、よりその痛々しさを強調しているようだった。



まぁ、こんなかんじです。

とにかくもう一回観たいな。

漫画も読んでみたい。

古本屋で探してみようかな。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さようなら、たっちょんサンタ | トップ | 今日のネイル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
鉄コン筋クリート 観ました~ (玉露 いかがです?)
1月1日といいますと 映画ファンには特別な日です。 ファーストデイ(毎月1日は1000円で観られる)が必ず祝日だからです。 でも 今年は「これぞ正月映画!」と呼ばれるものはちょっとなく・・・(大奥は次第点だとは思