かわいいグランマ

楽しく1日1日を送るには、グランマになると、かわいいおばばになるしかないとしみじみと思う89歳です 

朝顔

2016年07月24日 | ガーデニング

カーテンを開けるときの楽しみは 自分で 種をまき 育てた者が 何といっても  1番であろう

今 グリンカーテンのための  リビングの前の 朝顔が咲き誇っている

今朝はなんと  12,3 赤に紫 漉き通ったような緑の葉を押しのけ見事に輝いている

ありがとー  素晴らしい きれいよー      

思わず  声を出して  褒めたたえる

去年我が家で  種を取って 植えた 花は  少し小さいが我が子のように可愛い!!

大輪の白い筋のある 赤い見事な 朝顔は  お嫁さんからもらった  

家柄のある  名品  さすがである

それが6つも咲いているのである   しばし  ため息をつき目を見張る  見事!!

御嫁さんが植えて  垣根に這わせた 家柄朝顔はなんと  白い寂しい大輪が1つ

でも嬉しくて 声をかけ  2人で  大喜び

夏はうれしい   朝顔が目を覚ましてくれる

まだ去年は  空色もあった  白もあった  

家柄朝顔は 2本貰ってきたから  あとの1本は 何色かしら

垣根の  朝顔はきっと見事であろう     楽しみである

朝顔や  千代女 千代女 になりきって

          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   梅雨 あけ

2016年07月21日 | お友達

2,3日前に 梅雨明けを聞いてやれやれ と思っていたのに

今朝は土砂降り

曾孫を どのようにして 保育園に連れて行ったのだろう など思っていたら

同級生から電話    「今日の お寿司の会とりやめにしましよう 」

皆 90歳近いお友達  お寿司の好きな私としては  天気が恨めしい

皆 娘時代は 外地で育ったので至って 大陸的で  大らかである

そして 健康で長生き  老いを楽しんでいる

先ず集まると 「 病気とお墓の話は絶対なしね 」と決めている

その上 みんな見事におしやれだ   来年90歳とはとても思えない

「今の幸せは 昔の 夫に尽くした ご褒美ね」と  にこやかなものである  

湿った 話題何て  時間が勿体なくて、、、  皆で満足して  場所をかえ

ケーキ と コヒーで お開きである

今度会うまで  転ばないで お元気でね  が決まり文句!!

同い年とおしゃべりするのは  たのしい  心の奥で

あーあ みんなと だいたい同じだ  と安心したりして

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

75歳での辞世

2016年07月12日 | その他

本当に 小小 長く生き過ぎた と近頃痛切に感じていた 

そして 新聞のこのの見出しである 

でも生きてしまったのだから 仕方がない  さあーこれからの生き方が問題!!

クリエイティブな余生 といっても 今更 ダンスや歌をやる元気はない 

絵をみたり旅行に行くには 足がついていかない

どうしたらいいのかしら。。。。。。。。  

お友達から手紙が来た    死にそうなのに 食欲だけはあるの!

本当にそうなのだ  美味しいものが食べたい  

曾孫たちの顔を見て (何時間見ていても飽きない)ほのぼのとして暮らしましょう

そして美味しいものを 腹7分ほど食べ 皆何事もいい方に考え

周りの 幸せのみ考えて 天寿を全うしましよう   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初対面

2016年07月07日 | 思い出

曾孫と曾孫の 初対面をするというのを聞いて もう楽しみで 早くから来て

生まれたばかりのベビーチャン の枕元に 陣取る

今日は 少し早めに 保育園から連れてくるという

帰ってきました!  みんな集まり  興味津々

ベビーベッド に今1歳4か月になった大きい曾孫を近かずけると

じっとみて  頭をなでなで  やった!!と思わず声が出る

そして 皆に見られたと思ったのか もう赤ちゃんの そばに行こうとはしない

ベビーチャンはぐっすりと眠っていて ときどき ちいさいお手手を動かし

お口を開いて夢のょうに可愛い舌をのぞかす もう かわいい!!たまらない

これで ご対面式は 終わりました    かわいい!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  抱かせて  頂きました

2016年07月01日 | 感激

もう何て 綺麗なあかちゃんでしょう 1番に抱かせていただき    私の方がこちこち  

さっき この部屋に移されたばかりで  なんと 私が1番早くだっこしたのです 

もう 感激です    

可愛い声で  泣きます    孫が 豊かな胸から オッパイです

ああ なんという 幸せな時の流れでしょう

この子に  このことを話してあげたい !!

あなたの口元を皆で見ながら  かわいい かわいいって 皆目うるうるしたのよー

女の子は3つのお祝い 7つのお祝い  綺麗な着物着せて

成人式には其のころ  どんな着物をきせるのだろう

思いはどんどん広がっていく

曾孫が2人になった  何て幸せな私でしょう

神様 仏さま ありがとうございました   

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二人目の曾孫

2016年06月30日 | 感激

生まれました!!     これから病院に 会いにいきます

歳を取ると  どうして こんなに心配するのでしょう

もう  予定より少し遅れただけで  毎日  神に仏に拝み もう何も手につかず

ただただ祈るだけの  毎日でした

昔から  心配症 というのは  自覚しているのですが  どうにもならない!

昨夜は  一人で 何回  万歳 したことでしよう

  ばんざい    ばんざい

息子達は  わからいでしようね    この  ばあばの気持ち

早く会いたいです  見たいです

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 祖父母 の思い出

2016年06月21日 | 思い出

私は 何時も夜ベットイン する時

  寝るほど 楽はなかりけり  いずくの どんた(ばか)が

                起きて働く

と 幸せな気分でつぶやいて  布団の中に身を沈める

これは 母方の おじいちゃんの 寝るときの口癖であった

今でもこの言葉をつぶやく時は 幸せな時が多い   何時ごろから 

呟くようになったかは  定かではないが  独り見になってからだと思う

外地で育った私は  夏休みは殆ど 両親の実家に弟と2人で帰り大いに楽しんだ

ホカホカの白いご飯 採りたての 焼きナス  めざし何時もきまっているおかずだった

味噌汁の中の 煮干しは頭とはらわたは取ってあるから食べなさいと検査された

隠居の布団はかびくさくて かたかった でもお客様あつかいに 大切にされ

お別れには 泣いて送ってくれた 懐かしい 思い出

父方の祖父は炊き立ての白いご飯しか食べない人で勿論

お風呂も1番風呂 高お膳で ゆっくりお酒をのんでいた

それを 祖母が嬉しそうに世話をしていたのを思い出す

日本の男の良き時代だったのだろう

梅雨もあけ 昭和もかすみ遠くなり

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 整骨院

2016年06月18日 | その他

私は医者嫌いの上  薬を飲むのが苦手ときている

小 小の事は 漢方の飲み薬で 何となく直してしまう

それが このところ 毎晩  足がつつて もうつらい の一言

夜中 何となく  夢ごこちで  つるぞ! つるぞ! と思っていると

あっ と起き上がり いたっ 痛い と ベットから飛び起きあるきまわり もうたいへん!!

1晩に2,3回あることもあり  朝起きるのが とてもつらい

40代から 時々はあったが  すぐに眠れたので  あまり気にしなかったが

このところの つり方は 尋常ではない

かかりつけの 先生にはなすと  漢方を下さったが つった時は飲んでも 

間に合わない   思い切って  近くの  整骨院に行く

そして  テープを両方の足の ふくらはぎ に張ってくれた

そのままお風呂に入っても 大丈夫との事

まー不思議  今日で4日になるが   つらないのである 

凄く  嬉しい  そして 不思議である

こんなことで  長年苦しんだ  足のあの痛い思いをしないのでいいのだ

その上  保険が効くのだ  嘘みたいな料金でつらなくなった

嬉しくて  寝るのが  楽しみだ  

 もう年なのだから 周りを 信じて楽しく日々を送ろうと

しみじみと思いました 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手伝い

2016年06月15日 | 思い出

お掃除は手伝ったことはないが お台所ではいろいろ自分から手を出したと思う

1番好きだったのが  マヨネーズを作る事

先ず 黄身と白身を分ける 作業   「やらせて!!」と母の手から卵をうばい

かつん! と割れ目をつくり先ず 黄身を  ボールの中に入れる

あわだてきで 黄身をまぜる  母が 「同じ方向にね」 と言いながら

サラダ油を 少しずつ落とし 私はその度に  あわだてきの 速度を速める

母が  お塩や味の素を入れるのを見ながら  ちよつと味見したり

お味噌汁の実を切るのを 手伝ったり   天ぷらの時だけは じやまになって

危ないからとそばに寄せなかった

昔はよく  お萩を自分の家で作るものだった

あの あんこの美味しかった事   お鍋にくつついた あんこを弟と 取りあいこして

叱られたり  白菜のお漬物を 真ん中からとって怒られたり

すきやきも  自分の肉の量を決められたり

ちやーはんを   前のほうから食べず後ろから食べて怒られたり

食事の途中では  絶たいに席を立つことは許されなかったので

食時の前に お手洗いには必ず行かなければならなかったり

今思い出すと懐かしいことだらけだが

昔の親もなかなか  しっかりしていたなと 感慨深い

この年になると  小さい子はただただ愛しくて 可愛いので

もう 見ているだけで 満足

この子たちが大きくなる頃の  世界の平和を祈るのみである 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛い  あいの子ちゃん

2016年06月11日 | 家族

  我が親類に初めての 混血児 が誕生  !!

と 驚いていたら どうしても  叔母さんに抱いてもらいたいので連れていくという

彼の 友人がアメリカ から来てもう帰ったので 私たちも仕事があるので

3時間くらい時間があるので我が家に来るという

会いたい!見たい! おすしがいい? うなぎがいい?  と楽しみにして居ました

まーーー なんと可愛い女の子  桃子ちゃん  お顔は日本で 髪の毛が真っ赤

パパはもう可愛くて たいへん!!   

2人共  学校の英語の先生で  家の中では 絶対日本語は使わないとか

すごい!!  今の若い人は  ネイティブ な子に 育てるのだ

私は抱っこしたり  写真写したり  ウナギ食べたりで 楽しかった

歳をとると  こんな若い人の訪問は嬉しい

又来てね  楽しみだわ  大きくなったら可愛いでしようねーー

と 羽田までの  乗り物をくどくど説明して見送る 

あれ!  あの子大きくなるまで 生きているかしら

と 一人 クスリでした    

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   別れ

2016年06月06日 | その他

会うは別れの始め  と言うが  近頃しみじみと  別れの人生涙することの

    多い 歳になった

若い時は  会うことばかりで  別れは自分で 選択したょうな気がする

周りのお友達も 次々に  動けなくなったり  病気になったりで悲しい

これが人生というものなのだろう

もうご主人のいらっしやる方はなく  一人暮らしの方が殆どだ

だらしなくなって駄目ね  と言いながら  皆呑気に暮らしている

私たちの年齢の方は  殆ど 自分の家を持っているから何とか暮らして

行ける   これも皆お父さんのおかげね  と感謝している

でも今でも  しみじみ いっしよに  年寄りになりたかったと思う

歳ヲ召した御主人の後から 奥様が歩いていらっしやるのに出会うと

振り返りながら  しみじみ羨ましい

90歳近くになると  1日1日を 元気に幸せに  周りに迷惑かけないで

皆が健康であることを 祈りながらの日々である

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和君  万歳

2016年06月03日 | 感激

お昼のテレビの  ニユースをつける

大和君ガ  見つかった!!元気!

それだけ聞いて  もう私は部屋を飛び出し  皆の所え

皆 朝のニユースで知ってたらしい      朝寝坊の 私だけが知らなかった

だけど 嬉しかった      もう駄目かと  思っていた

父親の言葉をきいて嬉しかった    涙で聞いた

我が家も  父親が厳しかったので  幾度 はらはらしたことだろう

男の子は  こうしなければ  という   父親の愛情なのだ

でも うろうろしないで  そこにじっとしていて  良かったのだ

マットレスにくるまり  7日間  水だけ飲んで 命があった

大和君   やったではないの!!  水があってよかったーー!!

アメリカでも  イギリスでも うれしい ニユースとして 1番に放送したという

世界中が 心配していた  良いニユースになってよかった

ご家族みんな  おめでとう    よかった   よかった!!

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本ダービー

2016年05月31日 | 思い出

「明日の ダービー 8番の サトノダイヤモンド に決めたから よろしく」 

と 昨夜 お嫁さんに 頼んであつた

日曜日  午後3時前 お嫁さんが一所にみましょう  と誘いに来てくれる

「さーー  日本ダービーだ 」  とばかり  大きいテレビの前に座る

息子は まだ電話で 券を買うのに忙しい

「まだ 買えるの」  「走る前だったら大丈夫ですよ」とお嫁さん

私は 走る前の 馬を見るのが好きだ

「あっ 8番  やっぱりこれよ!! 落ち着いて いい馬ねー

お父さん デープインパクトよ! だから決めたのよ   あら3番のマカヒキ も

デープインパクトよ   いい馬ね」   

と言ってる間に   フアンファーレ が高々となり響いた

この リビング が東京競馬場!!

あっ8番 あんなところ  と言ってる間に  すごいすごい  早い はやい

あーーーーなんと  鼻のさ   しかも マカヒキ が1番

さすがー  お父さん インパクト  すごい!!

2番 しかも 鼻の差  悔しいけれど  デープインパクト すごい

といって  すごすごと引き上げる 90歳でした

 

  

 

           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分史

2016年05月29日 | 感激

私の周りの人は皆実にかしこい人が多い

これで 5冊目である

生まれてから  今に至る  長い道を実に正確に そして読みやすく 明るく

      書いているのである

読み返しながら  どれも 愛に満ち  満足しての  終わりなのだ

1貫して 生まれてから 90近くになるまで  

愛され  愛し  愛に満ちた日々なのだ

その中には 書くことも憚れたょうな  悲しい出来事もあったであろうが 

あえて 愛で 包んでしまったのであろう

私も 生まれて1番悲しかったのは 夫の死であった

両親の死は  いつかわ来るであろうと  心の奥で覚悟していたであろう

だが 夫の死は早過ぎたので  全く考えていなかった

悲しかった 未だに 胸が痛い  涙が出る

お友達からの 立派な 自分史をひもときながら結局  人生愛しかない

と思う  長い道 愛に包まれ  人を愛し 周りを愛し 国を愛し

昭和の初めに生まれ  戦争ばかりの若い日だったが  祖国を愛しひたすらに

幸せを信じ 親を兄弟を先祖を愛し  夫ヲ子供を家族を愛した

だから 愛にあふれた  自分史が書けるのだと思う

素晴らしい 愛にあふれた お友達を持ったことに 心から感謝している 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の おしゃれ

2016年05月22日 | お洒落

買いました  !!  

白いつばのある お洒落な帽子    

そして  白い   スニーカー   

この出で立ちで なんとか 暑い夏を乗り切ろう

寝室に この2点を飾りながら  こころはずんで 夢は広がります  

衣類はもう買わないことに決めましたので  (みんなに宣言しました)

夏服を出して 並べて  年を忘れて  心の中で街を歩きます

よし! これで行こう。。。。。。

デパートや  お店から送られてくる  今年の夏の スタイルブック

わからない 英語は カタカナ新語辞典をひきながら    

私のだいすきな 時間    

でも  この上着ほしいなー    いいなー  絶対欲しい  

と思うことしばしばですが  夫もいなくなると  そんなに出かけることもなくなるし

我慢 ガマン   今年は長目の  ネックレスが流行っているからと

2,3だして  ブラウスにかけてみる    OKオーケー  これでいこう!!

こんな具合に   夏が始まる

近頃 足が思うようにうごかなく 杖をついて ヒコタン ヒコタン だが

服装が決まれば あとは 前を向いて 腰を伸ばし 幸せな 顔をして

歩けばいい  快い 涼風の中を

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加