かわいいグランマ

楽しく1日1日を送るには、グランマになると、かわいいおばばになるしかないとしみじみと思う89歳です 

  可愛いい 曾孫

2016年12月06日 | 

私には 2人のかわいい 曾孫がいる

小さいほうは まだ6か月なので  来るたびに 10㎝位は 大きく成っていて吃驚!!

大きいほうは 1年10ヶ月  たどたどしい言葉が面白く 可愛い盛りである

2人共 目の中に入れても 痛くない とは昔の人はよく言ったものだと感心する

大きい方は 孫が働いているので 保育園にいつている

今日 お迎えに行ったら !先生が 「お宅のお子さん面白いんですよ 何でも飲むとき

大きな声で  カンパイ!!というので 皆も大きな声で 乾杯!と言って

大賑わいなんですよ」  まーかわいい!と大笑い

1年過ぎても歩かなくて  心配したことなどどこ吹く風である

きっと お家に帰っても カンパイ!!と怒鳴る子がいたりして

幼い子がいることは なんて 幸せなことでしよう

と 老いての 幸せを運んでくれる  曾孫に乾杯!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   病気に甘えて??

2016年11月25日 | お友達

初めて  病気らしい病気になって なんだか すっかり甘えん坊になってしまった感じだ

朝も 今までは 7時半には起きていたのに  布団の中で 9時まで

少し 自分を大切にしましょうなんて 独り言を言って ぐずぐずしてしまう

パソコンも  蓋をしたまま

お手紙の 返事も溜まっている

㋈ごろ買ってきた チユーリップの 球根もまだそのままだ

お友達からも 心配して  お電話がくる始末

お嫁さんも  いろいろおかずを買ってきてくれるし  孫たちも優しい

病気も たまにするといいものだ   なんてだんだん 心も

      エスカレート

昨日は  初雪が降った    なん十年ぶりとか

今日の 青空は すごく嬉しい

さー  そろそろ病気とお別れして  元気さんに戻りましょう

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

  入院

2016年11月18日 | 心に残った事

皆様 随分  ご無沙汰してしまいました

90歳になるまで  なんと!  病気らしい病気は全くしたことがない私が

なんと! 入院してしまったのだ

それは 少し 胸やけがするし 何時もは 何でもよく食べる私を お友達が心配して

お医者さんに絶対に行くように言われ ctをとってみたら悪い所が見つかり

速 入院ということになり  3日間絶食 点滴だけの毎日

4日目に  手術 病名  閉塞性黄だん   ただただ  まな板の鯉!

今の 医学は 凄い とは聞いていたが  麻酔のせいで 

痛くも 痒くもなく  「 サー終わりましたよ!」  の声で 吃驚

「これだったら 何回してもいいです」と  病室にもどると  家族の皆の方が

よっぽど心配してくれていた。   こんな具合で 7日目で退院

絶食はつらかったが   其の後のお粥の 美味しかったこと!

昔から 病院食は まずい と聞かされていたが  噓 噓 !!

見舞いに来た  息子達も  丼一パイのおかゆを 

ぺろりと 食べる私に大いに 安心していた

でも 90歳 これからは  少し ゆっくりと  皆に余り 心配させないように

1日1日を送りましよう  ずーっと付き添っていた お嫁さんに感謝 

     ありがとうございました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同居 独立

2016年11月01日 | お友達

     我ながら いい言葉だと思う  

長男と一所に住んで40年 以上たつ 

初めのころは  家族だからお互い何でも知って 相談し合わなければいけないなんて

昔的に考えていたので  朝もご挨拶に必ず寄ったし  食事もよくお邪魔した

今考えると  お嫁さんよく何にも言わなかったと感謝している

だんだんと ライフスタイルも  進化していまでは  成るべく  自立の

感じで 会わない日も 度々になっている  

勿論 食事はべつ  お掃除も 年を取るとできなくなるので ダスキンの力をかりている

同じ屋根の下にすむのだから  電気 水道ガス が息子もち だから何とか

やっていけるのだと思う    これが同居の有り難いこと  

甘えてはいけない  あくまでも  自立で行きたいと思う

食事は一緒にしましようと言われるが まだ自分で出来るから 今の方が気楽だ

朝 昼 晩  冷蔵庫の中を見て 献立を考える  

これも とても大切な 頭の 運動と思っている

90歳近くまで  何でも一人で出来るのは  まず健康に生んでくれた親に感謝

そして それとなく  見守ってくれている 周りに感謝!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーア  3番 サトノダイヤモンド

2016年10月29日 | 感激

明日  菊花賞ですけど。。。。   とのお嫁さんの言葉に

すっかり  野球の広島と日本ハム の日本1にのめりこんでいたので

「忘れるとこだったわ‼」  と新聞を広げる

翌日御嫁さんの所に行くと  お休みなので出かけたと息子の返事

あら  競馬しようと思ったんだけど。。。   「まだ買えるよ」と

息子も出かけるらしい

「1番人気の  ダイヤモンド5枚」   「買うよ!!」

あっ  「 やっぱり3まいにして!!」    と言って出かけて行った

さ~  テレビの前に座り込み   ぱんぱか ぱーーーーんを 待つ

私は  競馬 のことは全く分からないが   馬を見るのが好きだ

  あっーーこの馬素晴らしいと思って あたつたことがない

でもあの引き締まった無駄のない馬がすきなのだ 

そしてあの何万という人と1体になるその興奮が好きなのだ

あっ ドアが開いて走り出す

3番3番  あー駄目だ    真ん中あたり  凄い歓声!!

なんと  ゴール ちかくになって 3番3番3番 ぐんぐん出て 先頭!!

ごーーーーーという  観客の音  1番1番

携帯電話で息子に         「1番1番よ!!ありがとう!」

会議中だったら。。。。。。もう電話してしまったから仕方がない

次の日  仏前に      大当たり   と書いた封筒に

              6900円   がはいっていた

              万歳   ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花 友

2016年10月26日 | お友達

今 ワカイ人たちは  ママ友 と今日は遊ぶとか 言っているので私も若ぶって

お花をわけ合っているお友達を  花 友ということにする

嬉しいことがあった

我が家に  昔貰った   マユバケオモト ととてもかわいい オモトがある

その話をしていたら  ぜひ私にも下さいと  おっしやるのだ

聞いたこともない  珍しい名前だし  欲しいとの事

とても  真面目そうなかただったので次回お逢いするとき2人分おもちする

さしあげたこともわすれていたら

クラスメートの花 友から   「咲いたわよ」 とうれしい電話

そしたらである  

聞いたたこともない 方からのお手紙    

なんと 写真が入っているではないか   すごく嬉しかった

コンナニ大事に喜んでくださるなんて とても写真もよく映れていて

🌸ともも素敵だなーと一人喜んでいる私です

      

 

   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年10月20日 | お友達

老人の夢は  ハッピーな消え方  この世から姿を消す楽な方法を夢見る

おばあちやまが  布団の中で 死んでいたら  皆で  良かったなーと喜んでね

と 常に  言っているが   あまり 意味が分からないらしい

勿論  美味しいものを食べたい  素敵なおしやれをしたい 夢もあるが やほり一番は

        楽な消えかただ

90年も生きていると   もう疲れて  早く消えたいと思う

            曾孫が  保育園の帰りに寄ってくれた

           少しみないまに子供らしくなって可愛い

          「 気をつけ ぴっ  ご一緒に  サヨウナラ 」

           というと  深々と頭を下げ ご挨拶

          いつも 保育園で 帰り際にやるのだそうだが

          それを見た おじいちやん おばあちやんはもう

          吃驚 かわいくって 可愛くって 目に涙

          あーーー夢の中の一コマ と思う

100年 近い 人生   いろいろあったが 今幸せだったら 幸せだ!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  お墓参り

2016年10月16日 | お友達

時の流れのなんと早いことか  私が一人になってから 何と40年もたったのだ

子供時代20年 結婚して30年  夫が亡くなって40年  来年90歳になる

しみじみと  これが私の人生  とうなずく

この間までは  自分で運転して毎月 お墓参りにいっていたが  免許を返してからは

長男 次男 に交代に お墓参りに連れて行ってもらっている

今日は 長男のお嫁さんの運転で朝早く出かける

勿論愛犬テトも イッシヨである

あんなに 泣いて泣いて通った道も  お嫁さんと 大変楽しくおしゃべりをしながらである

時はお薬と言うが  何とか乗り越えられた自分が不思議だ

夫が先に行ってくれていると  死ぬのが怖くないので有り難い

私がその話をしたら 友人に「貴方天国あるとおもっているの?」ときかれたが 

勿論 死ねば 無になると思っているが 天国に夫がいると思った方が楽しいではないか

だから  天国で私を待っていると信じている

お墓をきれいにして 帰りにお団子やお握りを買って  秋晴れの道を 心爽やかに

家路につきました   お嫁さん ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お味噌汁

2016年10月07日 | お友達

同期会の 翌日 その日にどうしても参加できなかったお友達と新宿で集まる

毎年遠くから来てくださる方が今日帰られるのだ

コロンバンで  ケーキを食べながら またまた話に花が咲く

「もうね 何にもしたくないの ただぼーっとしているの」 「私もよ 年ねー」

「でも お腹だけはすくの」 「そう! もう死にそうなのに  食欲だけはあるの」

[お味噌汁は勿論 インスタントよ」 

「ご飯は セブンイレブンのおにぎりこれ美味しいのよねーーー!

遠くから来たお友達 吃驚顔で 

「だめよ お味噌汁だけはお野菜いろいろ入れて作らなくちゃ」

「そんなこと言うの 貴方 今時 田舎者よ」 

「ダメダメ お味噌汁だけはちやんと作らなければ」

「あらーうち味噌なんてないわよ」   まーーどうやら  田舎の負けらしい

なんと 90台が こんなことを言っているのだから 日本の行く先は危ない!!

お話のまだ花盛りの最中に 

息子さんといっても 60台のお迎えを受けて遠来の彼女は羽田え

私たちは 皆子供たちが優しく本当に幸せだ 

 

同期会でも お母様を送っていらっしたお子様がいらっしたが 目頭が熱くなった

どうやら  幸せな老後に突入してるようだ   

1日1日を大切になるべく 自立してゆつくり歩いて行こう 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同期会

2016年10月04日 | お友達

  なんと おめでたいことでしょう !!

90歳近くになって 東京に住んでいる方がた 20人が丸ビルの最上階に 元気に集まった

[はじめまーーす」と声高に  叫んでも  久し振りのお喋りは 止まりそうにもない

殆どが外地で生まれ育った我々にしてみれば 同期生は  兄弟以上の大切な人達だ

昭和1桁のひたすら 戦争をくぐりぬけて  やっとここまで来ました

殆どの方が  未亡人  でもみんな 元気で 朗らかだ

ぐずぐずした人は  誰もいない

1人ひとりの 近況報告が始まった    いけない!! 補聴器を忘れた!!

私の番  大きな声で 

「今1番嬉し事を話します  曾孫が2人になりました 可愛いです  終り!!」

どうせ 皆 耳聞こえないだろうと   簡単に 怒鳴った

皆いろいろ 言っているようだが  全く聞こえない        

段々つんぼの集まりになるのだろうか

来年は  私たちの  お当番   少し派手にしましようか。。。。  

でもやっぱり  会費は8千円止まりよね    

帝国ホテル  あたつてみる。。。。。などなど

さーどんな  同期会が出来ますことやら

       それより  90歳!!   生きているかしら

       お当番さん  責任ですよ  がんばあってください!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  ゴミの日

2016年09月29日 | お友達

近頃 日にちや 曜日が 怪しくなった

でも  ゴミの日だけは  しっかり覚えていて周りに 迷惑をかけたことはない

なるべく 自分でやり  自立したいと思っている

周りからすると  あまり 可愛い気がない  年寄りかもしれないと思っているが、、、

今日は 何日? と思うときは  昨日燃えないごみの日だったから、、、、、、と考える

私はものぐさで  だらしないが  ゴミだけは  家中に残しておきたくない

絶対に捨てる!!    これは  我ながら  感心している

だから  お休みの  土ょう日のゴミの日は とても腹がたつ

気持ちよく寝ていたのに  8時には起きて  ゴミを出さなければならない

パジャマ 姿で 外に出るわけにはゆかず 目をこすりながら  髪をとかし  お化粧まではいかずとも

鏡をのぞきゴミを出す     もーーーーー土ょう日は辞めてもらいたい!!

お友達にこぼすと  貴方が出さずにいたら、、、、、、と言われるが   

それは 駄目なのです   家にゴミを置いておくわけにはいかないのです

もう!!  勝手にしてください     はい  はい  がんばっています、、、、、

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

90歳 何が目出度い

2016年09月27日 | その他

佐藤愛子さんの  此の題の本が出たことを知って  すぐ買いに行った

売り切れたので 暫く お待ちくださいとの事

さもあらん  皆そう思っているのだから   と1人で納得して苦笑しながら

再度いき 第4刷を買い  この連休を乗り切ろうと思っています

こみ上げる  憤怒の孤独 !!  そうだ そうだ。。。。。!!

来るか?日本人総アホ時代  全くだ !!  そうだ! そうだ!!  

  といって1日で読み上げてしまった

佐藤愛子さんの  文は読みやすく  好きな  本だ

90歳の読者の為  大きな字で 語り掛けてくれる   

何回も そうだ!そうだ!をくりかえした

私は そろそろ90歳になるというのに 全くどこも痛くなく  

少々あるくのがよろよろするくらいだ

区の健康診断の 結果を聞きに行くとき 

今年は何か悪い所が出るだろうと  わくわくしていたら どこも悪い所はないとの事

長生きするなーとほっとしながらも 何となく冷たい風が身にしみた

  なにが  目出度い  である

頭の毛は薄くなり 目は見えなくなり 耳は聞こえなくなり 物は噛めなくなり

近頃 匂いがあまり感じられないのだ 

こうなって なんの楽しみがあって  生きようというのだ

でも 年を取るほど  周りは優しい  

(勿論何にも言わず  ニコニコしていればの話だけれど)

孫 曾孫  これは最高  私は子供好きだ   周りに居るだけで幸せなのだ

子供になって90歳を幸せにのりこえましよう  めでたし めでたし 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   マシマロ ココア

2016年09月24日 | お友達

あーあー どうして 1人で何も出来ないのだろう  

ゆっくりと  コーヒーを飲んだり   食事をしたり  1人で お店に入ることが出来ない

学生時代  勿論禁じられていたのだが   90歳近くになるというのに 未だに入れられないのだ

近くの 病院に来たからと言って かならず  携帯電話で呼んでくれたお友達は近頃音沙汰がない

あーあー  マシマロココア が飲みたい

この前  自分で 作って 見ようと思って  マシマロをわざわざ買ってきて 作ってみたが

全然美味しくなく   いまだに 固くなった マシマロが 残っている

足の悪い お友達が 車を押してそろり そろりと来てくれた

この時とばかり2人で  そのお店に入る          私の顔を見るなり  

「マシマロココワ  ですね」 と お店の人が言ってくれた      嬉しかった

久しぶりの   あの  甘い夢の味   

「ココア 飲みたいときは 誘って」  とお友達も気に入ったようだ

良かった   でも歩くのが余り良くないようなので  心配だし

でもどうして  1人で這入ることは出来ないのだろう   変な私だ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

   老人の日

2016年09月19日 | 家族

楽しい  幸せなこの3日間であった

お墓参りの後  敬老の日をさせてくれ と言う次男の申し出である

何でも 喜んで受け入れる 私は もちろん  ok!!

海の見える  なき夫の選んだ 部屋で集まる

「おふくろは  なんにもしないで  海見ててよ」    はい はい

皆で 囲んだ  老人の日の    食卓   最高でした

大皿に  アワビ  伊勢海老  いか  まぐろ  鯵  つやつやした 新米の炊き立てご飯

   ビールで乾杯!!  美味しかった!  嬉しかった

その地でとれた 生椎茸の卸和え  またまたこれも最高

伊勢海老の頭の実だくさんのお味噌汁  

近頃あまり のみたくない ビールも1本空けて  90歳も上機嫌、、、、、!!

運転して来た 男たちはもう  板の間に寝っ転がって    白川夜船

私は愛犬 ぽけと 仲良く  遠くから聞こえる  列車の音を聞きながら

      幸せに眠りました   めでたし    めでたし   ありがとう!!!

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   マンゴー

2016年09月12日 | 食べること

       まー!その美味しかった事      

   しばらく食べた後  呆然として居ました    

   顔中 マンゴーの香りと甘さで べたべた  でも美味しかった !!   

        なんともいえない  その外感の美しさ    

        緑から始まり黄色赤えと変わっていく その グラデーションの美しさ

        絵がかけたらなー  写真が取れたらなーと思いながら

        真ん中の優しい かたちの タネを嘗め回している 美味しさだけの私でした

        マンゴーはお高い果物と思いこんでいるので  デパートに行ってもよけてとおつて

        いたのですが  もう20年くらいまえ  我が家にいた女の子が送ってくれたのです

        皆と 少しずつ食べたのを思い出します                             

        そして 珍しい形の種は鉢にうえましたがが芽は出ませんでした           

        皆で3個  早速  長男 次男家族に取りに来てもらい 皆大喜び!!   

    「お母様 私が台湾に行くのマンゴーが楽しみで行くのですよ」と   それぞれ持ってていきました

    年を取ると  周りが喜ぶのが 1番嬉しいのです     

 私は1人で1個ですので  今朝 半分を亡き夫と食べました

      朝の果物は  金 と言っていた  昔を思い出しながら

 

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加