かわいいグランマ

楽しく1日1日を送るには、グランマになると、かわいいおばばになるしかないとしみじみと思う89歳です 

お墓参り

2017年02月18日 | 家族

 次男より   「お墓参りに   今月行けるよ」

 といつもの優しい電話だ

 車の免許症を返してからは  私の好きな時には行けなくて大変不自由している

 暮れに 長男 が行ってくれたので 良かったと大喜び

 もう今年で40年以上になる

 泣いて通った 道もあれこれ 近況を話しながら  楽しく ドライブ

 「親父よく夢にでてくるよ」 「そうでしよ!!貴方の事1番心配してたから」

 こんなによい大人になりました  と心に呟きながら  少し うるうるする

 私も1人では 来れなくなったが 次は結婚した孫達が行ってくれるとのことだ

「私が死んだら  もうお墓参りはしなくてもいいからね 」とつぶやいたら

「死んだ後のことは  皆に任せて」  とドライバーに叱られる

 きれいになった  お墓に「今度は  桜の咲くころ  曾孫をつれてくるわね」

 とつぶやきながら    あの頃植えたばかりだった  桜並木を

 次に来るときは 曾孫を、、、、と心に  温かく思いながら家路についた 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分

2017年02月03日 | 家族

我が家は 昔は  節分は元気よく  賑やかに やることになっていた 

階段を 大声で 福は内  鬼は外  

と叫びながら豆をたっぷりとまいて走り回る

これが 亡き夫の 元気な豆まきだったが 今は子供達も家庭があるので

お豆をそれぞれ持って帰るようになり  お手伝いも今は居ないので

そーっとまいて   鬼を追い出している 

終わって亡き夫の年齢の94個の豆を 仏壇に供えながら                                       

しみじみ 本当に 皆元気で何事もなく 幸せな 人生だったと思う 

ただ 夫と共に年を重ねたかったと 残念でならない

今日は  立春  あっちこっちに転がっている 豆を寄せながら 

今年の幸せをいのる  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月も今日で終わり

2017年01月31日 | その他

年を取るとどうしてこんなに早く時が流れるのでしょう

2、3日すると節分  お豆さんが 花さか爺になるのか  

ぱーっと 桜のつぼみが膨らむ

何処にも出ないで  家の中にちじこまっていた 女心が 

足音を立てて花を求めて動き出す

これも 自然の成り行きか

あーあ  桜を見たい  春を見たい

やはり  之も自然の成り行きか

同級生から 電話がかかってきた ねー3月の初めにお花見にいかないー

皆 思いは同じ   2,3人に連絡して  すぐにまとまる

もう目のなかは  ピンクに染まる

まだ寒いのに  ベランダに出てみる    

あっ  チュウリップ  がそーっと芽を出していた  

春はそこまで    来ている  元気を出そう

周りは 皆元気がないが きっと春の足跡に気が付けば 力がでる

   春だ  春だ  と心に  伝えよう

   春が来るよう  はるがきたよう、、、、、、・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今一番楽しいこと

2017年01月28日 | お友達

其れはなんといっても 曾孫の名前を呼んで ニコニコ顔をされることだ

その次にときいてくだされれば 

気の合った お友達と 美味しいお寿司屋さんで

お喋りをしながら  大トロを食べるとき

年を取ると 皆が タイミングよく 揃って会うことも少なくなる

  それが 23日前に 出来たのだ  嬉しかった!!

若いころは よく会っていた 子供の小さい頃の お母さんから電話があった

会いたいわ!! あの方にも電話してみるわ  と大張り切り

  お寿司を食べながら  の昔話

お会いした時は  やっぱり 少し年を取られたなーなんて

でもすぐに  昔のままになっしてしまう

子供たちの話から  お母さん方の噂話  皆元気でうれしい

何だか 皆子供を育てる頃より 綺麗でおしやれな感じだ

  思うのよ  皆元気で 仲良く 食べていければいいって

  そして  再開を約束して  お別れした

御寿司を食べながらの 昔話 最高!! 日本人で幸せ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お友達

2017年01月11日 | お友達

同じ 年代の お友達の いろいろ情報がはいってくる

90歳近いと もう皆 あんまりよい ニユースはない

その度に 自分まで  病気になってしまい  ふさぎ込んで しまう

今年も 3件 昔だったら 飛んで行って  見舞っただろうが

  心だけが 辛くて如何することも出来ない

せめて お手紙をと 思うばかりで  なかなか 書く気にならない

勿論 文も出てこないが  字が震えて 書けないのだ

年を取る ということはこんなことだと思う

 

色々考えると  頭がおかしくなるので  

夜も 眠たくなるまで 起きていようと思うが今度は

体がついていかないのだ   

体は疲れて寝たいが  頭はハッキリしていて眠たくないのだ

そうこうしているうちに  体に負けて  ベットイン  

小さい頃の事を考えるうちにだんだん眠ってゆく

これが 毎日のようだ  矢張り幼い時のことは眠るのに適しているのかなー

今日は  寒いけれど 素晴らしいお天気  

歩けるうちに 少し お散歩をして  

あそこの 😋  ケーキを買ってきて楽しみましょう 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事はじめ

2017年01月04日 | お洒落

若い人は 今日から仕事始めの人が多い  勿論我が家も

我が家最高のお年寄りの私は 目覚ましを止め 

することもないし もう少し寝ていようかしら、、、、、と

 思ったが  年の初めから  そうだ 年賀状の返事をと 飛び起きる

2日から5日までは 息子の愛犬を預かっているので  少し寝不足だ  

こんなことしか 子共の役に立つことはないので 何時も引き受けている  

今年から 年賀状は辞めると 宣言したが 矢張り4,50枚来ている

お正月から3,4日会わなかった曾孫が(7か月)きた   

もうかわいい!!  名前を呼ぶとこちらを見て喜ぶ

もう 年賀状もわんわんも 忘れてしまう   

どうしてそんなにあなたはかわいいの!!

ママもすっかり  貫禄ついて  美しい   

人生1番 幸せな時だ  私も今最後の幸せな時だと思う

周りが元気で すくすくとのびている    

その中で生きていることが老人の幸せだと思う

皆が持ってきてくれた  お正月の残り物で お雑煮を作って食べながら

亡き夫の写真に幸せよ!! と ご挨拶  

そろそろ 旅行に行った孫も 息子も帰ってくる頃  

老人は祈ることしかできない

90歳にもなると 何処にも行きたくなくて 無事を祈り お土産を待つのみだ

若い時は 夫は留守で元気が良い と 勿体ないことを言ったが

年をとっても 家族は元気で留守が良い である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おだやかな  元旦

2017年01月01日 | 心に残った事

なんと素晴らしい  晴れ渡った お正月でしよう

皆元気で  全く心配事がなく  私は 今年 90歳になる

この2,3年は  結婚した孫が 次々に  赤ちゃんができて 生れるまでは

心配で 心配で 生きた心地がしなかったが  今は  曾孫が2人

   それは 眼の中に入れても 痛くないように  可愛い

チヨク チヨク  遊びに来るので  今はそれが 何よりの楽しみになっている

成長する曾孫を見ていると  自分の子供の時はいそがしくて見えなかったものが見えてくる  

今朝も 一組は 家族で旅行にでかけ 残りの孫たちが  5時よりみんなで新年会だ

またまた それが楽しみで  私は お腹を空かして待っている所だ

ご馳走になるときは 1杯目のビールがおいしいように  水もお茶も飲まない

カンパイ!!  のあののど越しの幸せ  たまらない。。。。

しかし近頃せいぜい  コップ1杯がやっとになってしまった

お正月のお屠蘇は私の係りだ  今年のお屠蘇はとても評判がよかった

お酒とみりんの量がばっちりだったのだ 

お酒も最高の品を使った  お屠蘇も7時間位にして

実にコクのあるいいお屠蘇と皆に褒められた

そして新年会  お嫁さんのおせちは素晴らしい  

昔のように沢山作らず実にきれいなお重だ

お屠蘇でほろ酔いになり 孫の元気のいいシヤンパンの栓抜きで 大笑いして 

美味しいお雑煮

「今年からお年玉は曾孫だけにします」の私の言葉に 「それは困った」との言葉やら

今年から 私ににお年玉とうれしい孫の発言やらで  無事に新年会も終わり

サー90歳 真新しい5年連用日記に  

明るく美しく取り越し苦労は絶対にしない事と

  丁寧に書いて元旦はおわりました 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

   師走

2016年12月29日 | 家族

時代はどんどん変わってゆく

昔は12月は胸がつかえるほど サー忙しくなるぞ と覚悟したものだった

でも今では周りがあまり騒がないので  ついこちらも怠けてしまう

子供達にはお正月には 下着はすべて新しいものを着せ ご馳走を夜中まで

母は作って皆で 除夜の鐘をきき年越しそばを食べ 枕元にきれいに並べてある晴れ着を見ながら休むのがお正月だった   今は師走どころではなく のんびりと テレビ をみながら

早々とおそばを食べる  でもこれでいいのだと思う 苦労することはないのだ

楽しい 人生は 自分たちで作らなくては ならないのだ  怠け者の勝利である

そして  やるときはやる  と1人でいきまいているわたしである

これも 年を取ったから言えることで  周りも許してくれる やはり 怠け者の勝利である

今年も あと2日  皆健康であった事に先ず感謝  次に曾孫が2人も元気に生まれたこと

もうあとは何も望まない  これ以上 望んでは罰が当たる

来年もいい年でありますょうに    万歳 ありがとうございました 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子のバーースデイ

2016年12月25日 | お友達

クリスマス 近く  2番目の息子のバースデイだ

お迎えの カーで  お嫁さん 手ずくりのご馳走の前に 陣取る

先ず大きな声で私がどら声を張り上げる

お嫁さんの綺麗な声が つずく

「こんな 小さく生まれた子が こんなに大きく成って。。。。。」

これは毎年の決まったセリフ

すると 息子が にゆっと親指を出す  之も毎年の決まった 形

お誕生日 おめでとう!!   可愛い祝い袋に1万円札1枚

これも毎年きまった 額  !!

お腹をすかして 何時も食べつくす  私を嬉しそうに見つめる2人

おふくろ よく食べるね      だってお昼抜きで来たのよ

今日 お客 私だけ 。。。。?     ウィーク デイ だから

みんな忙しいのよ    主役は僕だから  僕がいればいいの!!

そうだね  それを 産んだ私が居て そのお嫁さんがいる 

それでいいね !かくて  皆でおしゃべり よく食べました

近頃あまり飲めなくなった私も コップ1杯の ビールでご機嫌

またまた 車で送って頂き  万歳の母でした

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   弟

2016年12月18日 | 家族

  私には 弟が 一人いて  皆に「一人!?」 と吃驚され羨ましがられたりした

その時代は 産めよ 増やせよで  皆兄弟の多いのが ふつうであった

私の亡き夫は12人兄弟でそれは見事であった

その大切な弟の 13回忌を知らせてきた  そして弟のその生涯のcd  も送ってきた

それを見ながら  久しぶりに  涙が止まらないくらい泣いた

産まれたての可愛い弟 4つ違いなので 何となく覚えている

何時も私の後ろについていて  どんなに かくれても 探し出して  後ろにちゃんといた

おねえちゃん おねえちやん と私を追っかけていた

母も  「 おねえちやんが 好きで  いいね 」と安心していた

戦争が終わって  日本に引き揚げてきて弟は新しい学校制度で高校生になり

私は年頃で 直ぐに東京の焼け野原で所帯を持った

高校を卒業した弟は すぐに私の所に住み込み  大学に通った

其のころの 希望に燃えた 弟の姿が目に浮かぶ

そして 何時も ふりむくと後ろに 弟がいた

僕の1番尊敬するのは  お兄さんだ     と私の夫の事を言っていた

それもうれしかった    そして50年

次々に肉親がなくなり   あまり健康でなかった弟が消えたときは

悲しかった   久しぶりに  1りでcdを見ながら またまた泣いた

とうとう1人ぽっちになってしまった  

もう振り向いても  弟はいない  また涙が溢れてくる 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の花

2016年12月11日 | 

 

  もう4.5年前になるだろうか 

孫が 湯島天満宮にお参りに行って  あんまり 可愛かったので  と

梅の花が1,2輪さいた  小さな  鉢を買ってきてくれた

今年も  この寒空に  びっしりと  可愛い蕾を つけてくれた

私は  桜も勿論好きだけど  此の花は 国の花としての尊敬の思いというか

不思議に身を正される感がる

それにしても  なんと!小さな健気な 梅の花であることよ!!

小さな 鉢に1番下には  花を守るように7,8枚のしっかりした 濃い緑の葉

その上に びっしりと 12,3ボン の枝に薄緑の蕾   すこし ピンク色

がかったのも有り嬉しい

この花が 満開になるのは  来年の2月3月ごろ

まだ杖をついて 近くの 天神様まではゆけそうだ

1人では寂しい   あの人もこの人も  もう足が悪いので行けないのでは

などなど  来年の梅見など思ったりしている

梅の隣には  やっと植えたチユウリップが  土の中で春の支度を

し始めたことだろう   自然は 正直だ 絶対に嘘はつかない

その隣には  母のすきだった   葉ボタン 

これが無いと  お正月は来ない

  早くこいこい   御正月!!!!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

  可愛いい 曾孫

2016年12月06日 | 

私には 2人のかわいい 曾孫がいる

小さいほうは まだ6か月なので  来るたびに 10㎝位は 大きく成っていて吃驚!!

大きいほうは 1年10ヶ月  たどたどしい言葉が面白く 可愛い盛りである

2人共 目の中に入れても 痛くない とは昔の人はよく言ったものだと感心する

大きい方は 孫が働いているので 保育園にいつている

今日 お迎えに行ったら !先生が 「お宅のお子さん面白いんですよ 何でも飲むとき

大きな声で  カンパイ!!というので 皆も大きな声で 乾杯!と言って

大賑わいなんですよ」  まーかわいい!と大笑い

1年過ぎても歩かなくて  心配したことなどどこ吹く風である

きっと お家に帰っても カンパイ!!と怒鳴る子がいたりして

幼い子がいることは なんて 幸せなことでしよう

と 老いての 幸せを運んでくれる  曾孫に乾杯!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

   病気に甘えて??

2016年11月25日 | お友達

初めて  病気らしい病気になって なんだか すっかり甘えん坊になってしまった感じだ

朝も 今までは 7時半には起きていたのに  布団の中で 9時まで

少し 自分を大切にしましょうなんて 独り言を言って ぐずぐずしてしまう

パソコンも  蓋をしたまま

お手紙の 返事も溜まっている

㋈ごろ買ってきた チユーリップの 球根もまだそのままだ

お友達からも 心配して  お電話がくる始末

お嫁さんも  いろいろおかずを買ってきてくれるし  孫たちも優しい

病気も たまにするといいものだ   なんてだんだん 心も

      エスカレート

昨日は  初雪が降った    なん十年ぶりとか

今日の 青空は すごく嬉しい

さー  そろそろ病気とお別れして  元気さんに戻りましょう

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

  入院

2016年11月18日 | 心に残った事

皆様 随分  ご無沙汰してしまいました

90歳になるまで  なんと!  病気らしい病気は全くしたことがない私が

なんと! 入院してしまったのだ

それは 少し 胸やけがするし 何時もは 何でもよく食べる私を お友達が心配して

お医者さんに絶対に行くように言われ ctをとってみたら悪い所が見つかり

速 入院ということになり  3日間絶食 点滴だけの毎日

4日目に  手術 病名  閉塞性黄だん   ただただ  まな板の鯉!

今の 医学は 凄い とは聞いていたが  麻酔のせいで 

痛くも 痒くもなく  「 サー終わりましたよ!」  の声で 吃驚

「これだったら 何回してもいいです」と  病室にもどると  家族の皆の方が

よっぽど心配してくれていた。   こんな具合で 7日目で退院

絶食はつらかったが   其の後のお粥の 美味しかったこと!

昔から 病院食は まずい と聞かされていたが  噓 噓 !!

見舞いに来た  息子達も  丼一パイのおかゆを 

ぺろりと 食べる私に大いに 安心していた

でも 90歳 これからは  少し ゆっくりと  皆に余り 心配させないように

1日1日を送りましよう  ずーっと付き添っていた お嫁さんに感謝 

     ありがとうございました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同居 独立

2016年11月01日 | お友達

     我ながら いい言葉だと思う  

長男と一所に住んで40年 以上たつ 

初めのころは  家族だからお互い何でも知って 相談し合わなければいけないなんて

昔的に考えていたので  朝もご挨拶に必ず寄ったし  食事もよくお邪魔した

今考えると  お嫁さんよく何にも言わなかったと感謝している

だんだんと ライフスタイルも  進化していまでは  成るべく  自立の

感じで 会わない日も 度々になっている  

勿論 食事はべつ  お掃除も 年を取るとできなくなるので ダスキンの力をかりている

同じ屋根の下にすむのだから  電気 水道ガス が息子もち だから何とか

やっていけるのだと思う    これが同居の有り難いこと  

甘えてはいけない  あくまでも  自立で行きたいと思う

食事は一緒にしましようと言われるが まだ自分で出来るから 今の方が気楽だ

朝 昼 晩  冷蔵庫の中を見て 献立を考える  

これも とても大切な 頭の 運動と思っている

90歳近くまで  何でも一人で出来るのは  まず健康に生んでくれた親に感謝

そして それとなく  見守ってくれている 周りに感謝!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加