幹部ノート

大喜利を中心に書いていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

株2016

2016-12-30 | 
株について整理。まあ貧乏なのですが今年はちょい+で終えました。


今の投資スタイルは、いわゆる逆張りロンガー。
上がってるのを見ると機会損失感がありますが我慢。
バフェットとかを参考にまずは王道のここからスタートで。

買い方は主に株価が安値圏で優待株を拾いつつ、割安株を物色してる段階。
現在は米大統領選後の上昇で、持ち株を売りつつVIX指数の持ち玉を増やしてる。

購入対象のメインは東証2部。指標としては低PER、高ROAが望ましい。ディフェンシブ銘柄(ヘルスケア)であればなおよし。
テーマ株は見る専で。


リスクをとってまで株をするメリットとしては、

不労所得の追求→収入を増やすには、賃金単価を上げる事、労働時間を増やす事になる訳ですがどちらもしんどいので。
不労所得があると会社員の場合、辞めるという選択肢が選びやすくもなる。

インフレ対策→政府も日銀も物価を上げようとしているんだから、あえて逆らう必要もなく。
実際に物価が上がって預金が目減りしてから投資を始めるのは明らかに遅いはず。

比較対象→目標をどこに設定するか。預金にするか、日経ETFにするか色々あるけど実際に運用してみて何て低い壁だろうと思った。多くを望まなければ勝てます。
分散してリスクヘッジしつつも期待値の高い(過小評価されてる)株を安値圏で買い続ければ年間5%、もし5%達成できなくても翌年に合わせて2年分とか行けそうな気がする。   

投資期待→ロンガーなので複利効果を重視。理論上続ければ続けるほど勝ちやすくなる。
損切は極力しない。もちろん塩漬け覚悟で、下がっても配当は入ってくるし、M&Aとか謎の材料が入って結局戻すこともたまにある。

経済の成長→少子化が進む日本において持続的な成長は可能かと言われれば、移民とかAIとか手段は色々あるので個別の企業や政府が何とかしてくれるはず。

何年に一度かの暴落時(底値)に買う事が出来れば安泰なので、そこを見極められるようになりたい。


今年の取引について何個か雑感を。

7779 サイバーダイン(100株保有)
春頃から監視してて、夏にシトロンリポートが出て疑心暗鬼になった。
反論が出て落ち着いたところで購入。その後下がったりもしたけど今は+2千ほどに
こういう株価が動きやすい銘柄は材料よりもマザーズや市場動向に左右されるので難しい。
将来的に2倍3倍いってもおかしくないんだけど材料次第でどっかで利確しようかなとも思う

3113 Oakキャピタル(500株保有)
損切りしないのでいわゆる塩漬け株が出てくるわけで、その筆頭がこれ。
2年前に配当利回りやROEとかの割安性から購入、そしてナンピンした結果。今は-7万。
利益も配当も出ていて割安なので急いで売る必要もなく。
電通と提携みたいなIRもあったり、出資先が頑張ればここもあがってくれるはず。
当時勉強不足だったとはいえ、よく調べずに買ったことは戒めの意味もある。

4848 フルキャスト(100株売却済)
6月のイギリスEU離脱ちょい前に購入、10月に利確+2万。
ROAも高く、有効求人倍率も伸びてたりもあって購入した。
決算に向けて期待で上がって行って、決算はまあまあ良くても
折り込み済とか、期待ほどではなくて下がるみたいなイメージだった。

9861 吉野家HD(100株保有)
優待好きなら基本の銘柄。2年前に買ったので優待券も4回くらいもらってる。
物価が上がらなくて、100均株や牛丼のような株も上がったり、
たぶんソフトバンクのスーパーフライデーなんかも関係あって順調に伸びてる。
今は+3万でPFのエース的な役割で、特大の材料がない限り今後もホールド。

来年は今のトランプラリーが就任によってどうなるかとか、欧州の政治関連とかもあって調整局面がどこでどれだけ出てくるかですが
肩ひじ張らずに自分のルールを守って、買いたくても我慢して年間の勝ちに繋げていきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それ俺の面白いやつや

2016-12-30 | 大喜利
こないだ自分のツイッターを遡ってたら古いやつは見れない感じだったので(見れる機能があるかもしれないけど調べるのも面倒なので)、
こっちに個人的に気に入ったやつをまとめます。見にくいですが。
たぶんひとりうっちゃりの没ネタをこっちにしてたのかな。


朝から田中直樹を見ると、とんこつラーメン食った後と同じ気持ちになる


永野で笑っていた人が関根勤の歴史上の人物モノマネにポカンとしてるのは謎


商 明奈の方がもっとアッキーナだったよね


「この泥、クセがなくて砂みたいにサラサラしてて美味しい!」
「砂みたいな泥を食べるんだったら、最初から砂を食べろよ。」


女性の権利を主張する団体の人は、エンタでやってたブス田キモ子に対してノータッチで良かったのかよ


ジ・アルフィーのない日


ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字全てが存在し、かつ文字数もバランスよく散りばめられている最強ワード「ひらめ筋GOLDキックベース」


しくじり先生とかダウンタウンなうとか、かつてマスコミに叩かれたり奇人変人枠で扱われていた人達が今の再評価される流れになってから、え、逆に俺は好きだけど感出してくる奴ずるい


西野亮廣さんのアカウントに「あなた何歳ぼくウエッサイってドアホ」「君ピアニスト僕ナルシストってドアホ」と12時間おきに呟くbot


トータされる松本「なんだか泣けてくる」


「あのニュースで得する人損する人」を毎週楽しみに視聴することと、「神様に生殖器返品して来い」発言を許すのは別腹だと考えている合理的なおばちゃん


みんなから人生における些細な悩みを相談されて、「それは全て私の顔が大きいからなのです、あなたがそう感じているだけなのです、錯覚なのです」と解決する宗教


おぎやはぎ小木さんが、例の森山家を家ごと乗っ取るトークが始まった時のおすすめBGM、「この広い野原いっぱい」


オリラジのあっちゃんは冒頭のお願いしますだけでその後自らの武勇伝を延々と発言する非礼を許されると思ってる


登場したてんどんまんのリズムが毎回一定なのは、同じことを繰り返すとウケると思っているから


笑いの金メダルのコンビ名のテロップ表記において、「あばれ」は「ヌンチャク」と同等の大きさであるが、「さくらんぼ」は「ブービー」の約1.2倍ある


これぞホリケンワールドとかいう解釈を放棄したテロップ


からくりTVの替え歌審査において、大塚恵子さんへ寄せる全幅の信頼


逆に聞こう何が面白いと問われた後も、同じ熱量で笑い続けるエンタの神様の観客の図太さを見習いたい


円安効果もあり2月の大型連休に日本を訪れ、家電量販店で大量の買い物をしていく人 エレクトロキューショーガツニスト


いんいちがいち、いんにがにと、1をいんと読まされる小2の胸は苦しい


近くで高温の爆弾が爆発しているにも関わらず、溶ける気配すらなくただ一点を見つめ続けているユキユキスターの雪だるま集団の耐火力


走力はそうでもないが、テイクオーバーゾーンを抜群に上手く使うフジモン


まゆゆの赤ペン先生の一言コメント「ゆが一個多いよ」


もうすぐクリーニングに出すからといって、スーツをその辺でぞんざいに扱う贅沢


男性芸人が服を脱いだ瞬間に、どっちでいくか顔面の好みや見た目のフォルム、周囲の反応を気にしつつ決断し、その場に応じた正しい反応をする生き物、観覧の女。


コンビニでインターネット料金の払い込みをしてる人を見ると、「ああ、コンビニでインターネット料金を払ってるんだな」と思う


銀河鉄道999を歌っている時に、THEを発音する技術があるから今の日本がある


火がつき始めた頃に、漫才に専念してあるある探検隊は封印しなさいとのオール巨人師匠の忠告を聞いてからの現在(いま)


芸人が趣味を紹介する番組に出演するために、趣味を頑張る芸人


存在を証明するために闘ってるキャラは、読み進めていく途中に存在を証明するために闘ってるんだと思うと冷める


(中国のオンバト)司会者「超鶏力達・・・・・・・93公闘!」 視聴者「我達、不可視・・・・・・・・。」
3月後      司会者「超鶏力達・・・・・・・137公闘!」視聴者「我達、不可視・・・・・・・・。」


ポケモンの英語バージョンの動画を見ていたら、セーブするコマンドの表記がSAVEだったのでレポートって何なんだよって思った


浜田雅功さんがツッコミの一部に「告訴するぞ」を多用していた時期


話題性のみ5であるアイドルの偏ったレーダーチャート


1121(ワンダースワン)


トレーニング後にタッパーに入れたささみを食べるお前が健康な訳ないだろ


いないいないばあを極めた結果、ナンちゃんを探せに達しました


通るたび皆にありがとうというのが億劫なので、まとめてスペシャルサンクス!で済ましました。


「錯覚や。ぁがちっさいんやなくて、時、任、みがめちゃめちゃでかいだけや。錯覚やで。」


和田アキ子の大物感の半分は、出席番号の位置どりからきてる


倖田來未のするめダイエット


朝の情報番組に出るしか能がない海外のアーティスト


狂ったように着替え続けるリカちゃんの潜在意識が経済を回している


高原兄(アラジン)


矢部っちにモニタリングされていると思うことで正気を保つ模範囚


ブログで期間限定でアクセス解析が出来るみたいなので、初めて閲覧元URLを覗いてみたら「矢内理絵子の裸体無料画像」「俺 フェラ 菅野美穂 チオ」からいらっしゃてる方がいて切実さを痛感した


因果性のジレンマ「忍たまが先か、光GENJIが先か」


ハッチポッチステーションの犬より薄く切れたなら塩タンと認めてやろう


ダイヤキュートの代わりにモモコ姉さんが列になって降ってきても全く違和感がない


雨と権藤の二進法


ビジョンメガネのキャラが半笑いで掘り進めていたのがトラウマです


やなせたかしさんはしりとりをする子供が大嫌いです


「これ食べて」で一回断った後に「まだ箸つけてないから」って足されても、どの道傷つくのはお前だからな


江成正元さんって昭和64年の1月1日生まれというレアな経歴なのに、それを前面に押さずに自力だけで頑張ってるから偉いな


覚えたビビアン・スー「黄黄幸、赤天使、緑男、河合」


はい、出来たてを飲むので藤原紀香は要りません。


クリーンな政治家は丸々と肥えている


youtubeで木村のあとの予測変換トップが魚拓なのだめだろ


実写版「グリとグラ」の製作発表会で仲良く手を繋いでる画を求められる小栗旬と小倉智昭


2から3に比べたら3から4は突然変異だな


年収ん千万であろう榊原郁恵や柴田理恵が主婦代表みたいなスタンスでコメントするの怖すぎだろ


ニビジムは施工段階からやっつけ


大関が5連勝していると、小結や前頭上位がだらしないと文句を言って、大関が3勝2敗だと大関がだらしないって言う。お相撲さんはだらしない


これだけあったらまあまあおもろいの2,3個くらいあったのでは。
では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 下半期GⅠ振り返り

2016-12-30 | 競馬
前回の更新が半年前とは、下半期も簡単に振り返ります。

宝塚記念
◎マリアライト
○トーホウジャッカル
△ドゥラメンテ
△キタサンブラック

大的中で年間収支をこの時点でトントンに戻す。
枠、馬場、前走から◎はドンピシャ、さらに展開も向いた。
能力よりも適正を痛感したレース。

スプリンターズS
◎ビッグアーサー
○ダンスディレクター
△スノードラゴン
△ネロ

かすりもせず。
いやはや。

秋華賞
◎カイザーバル
○ビッシュ
△ミエノサクシード
△パールコード

ステップ好走の◎だが、途中かかって残ったのはびっくり。ワイドを少し。

菊花賞
◎サトノダイヤモンド
○シュペルミエール
△レッドエルティスト
△ジュンヴァルカン

現地で。サトノのパドックは待ち受けにしました。
単は取ったが、連系を買いすぎてトリガミ。

天皇賞秋
◎アンビシャス
○モーリス
△リアルスティール

ヤネの差なのか。3連複は逃すもワイドでちょいプラ

エリザベス女王杯
◎ヒルノマテーラ
○シングウィズジョイ
△ミッキークイーン
△マリアライト

買いたい馬がいなくてヒルノの単だけでも良かったけど、前残りっぽいので一応○も買う。
しかし◎を重視しすぎた買い目で1円も取れず。

マイルチャンピオンシップ
◎ヤングマンパワー
○ネオリアリズム
△ガリバルディ

◎は馬体重がと思ったけど、さすがに強そうだから買った。
○の複だけ、ちょいマイ。

ジャパンカップ
◎ディーマジェスティ
○リアルスティール
△サウンズオブアース
△ルージュバック

自信があったので今年1番買った。まさか来ないとは。


チャンピンズカップ
◎ノンコノユメ
○サウンドトゥルー
△ロワジャルダン

エリザベス、MCSに続いて対抗が1着(武蔵野も)、2択でことごとく間違えるという。

阪神ジュベナイルフィリーズ


朝日杯フューチュリティステークス


有馬記念
◎サトノダイヤモンド
○キタサンブラック
△ゴールドアクター
△マリアライト
△ミッキークイーン
△ヤマカツエース

固い決着。でしょうねという結果。


ジャパンカップの負けが響き、今年の回収率は74%と凡な成績。
結構競馬熱が冷めつつあり、競馬にかける時間が来年は減っていくと思いますが、
マカヒキとサトノダイヤモンドの再戦を楽しみにします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 上半期GⅠ振り返り

2016-06-09 | 競馬

ロックの日ですか、ロックの日ですね

安田記念が終わり、春のG1開催も終わりに近づいてきました。
ジャスタウェイ、ジェンティル、エピファが引退した一昨年に比べ、ゴールドシップが引退した去年は有力馬の引退、故障、回避が少ない印象がありました。
(競馬人気を一身に背負ったゴールドシップは本当に偉大だ)
レースも好メンバーが揃い、また展開面でも以前よりスローペースが減り、平均、ハイペースが増えたことで有力馬が力を出せ配当も固い決着が多かった気がします。

自分の馬券ですが、春になって土日に仕事が入るようになった分、馬体重や馬場傾向、パドックのような直前情報を知ることができなくなりました。
そのため馬券も少額、シンプル、レース数も絞るようになったのですが、回収率は78%と大数の法則に収束している状態に。

ここいらで上半期のG1を振り返りましょう


フェブラリーS
◎ベストウォーリア 3人4着 鉄砲きく、内枠
〇ロワジャルダン  6人5着 凡走後ストレス抜けて鞍上強化

ノンコは大外ブン回しリスク、モーニンは前走低レベルと見て買わず。
いわゆる世代交代の結果に、世界でどこまで通用するのか。


高松宮記念
◎ビッグアーサー 1人1着 外枠凡走からの内枠、間隔開いて

ミッキーはつつかれるリスク、アルビアーノは買い時がわからない
適当な穴馬もいないのでシンプルに単複だけ
重賞を勝ててない馬、サウンズオブアースの藤岡調教師に福永ジョッキーと2着臭がありすぎて単2複8で買ったのは致し方なし、好スタートから前目につけて外回す完璧な騎乗


桜花賞
◎シンハライト 2人2着 無敗のチューリップ賞馬がこのオッズは
〇レッドアヴァンセ 4人7着 3強を倒すとしたら。クルミナル感

クイーンカップ勝ちの逃げ馬が、スカーレット、マーチャンに勝ってるウォッカと同じようなオッズはおかしい。ピサのジュエラーならディープのシンハでしょ感。
シンザン記念のような一気の脚でさすがのデムーロ


皐月賞
◎マカヒキ 3人2着 ダービー向きも能力は随一
〇アドマイヤダイオウ 7人9着 枠なりの競馬で

サトノはきさらぎ賞馬は割引の傾向と、リオンはマカヒキに比べると落ちると思うので切り
ディーマは皆思っただろうけどステップ良くてもこの枠ではという。
展開向いたとはいえこの差しはカッコいい、アンライバルドやドゥラメンテに劣らない末脚

ディーマジェスティの「ディー」は父かららしいけどディープマジェスティだと走らなそうな不思議


天皇賞春
◎シュヴァルグラン 3人3着 前走圧勝、相手強化のハーツ
〇フェイムゲーム 4人8着 内枠、相手強化のハーツ
△アドマイヤデウス 11人9着 内枠、インを付いて粘りこみ
△アルバート 6人6着 延長、堀厩舎、母父ダンス
△ゴールドアクター 1人12着 底を見せていないGPホース、押さえ

キタサンはブラックタイド≒ディープ、菊花賞と天皇賞春は求められる要素が異なるので
即切り。
△にカレンも入ってたけど点数が多すぎるので最後に切るのはミスでも、キタサンを切ってる時点で完全に負け。
ノーザンF的にはキタサンをカレンがびっちりマークしてペースを上げさせてシュヴァルに勝たせるシナリオだと思ったのですが、逃げても勝てるキタサンが強かった。


NHKマイルカップ
◎アーバンキッド 6人16着 内枠、相手強化のハーツ、短縮差しに回って
〇シュウジ 8人12着 内枠、前走馬場に泣く、岩田さんそろそろ

メジャーは前走より相手強化で絡まれるリスク、ロードは前走いいとこ走ってあの着差でそもそも強いのか説で切り。
アーバンはメジャーのペースに潰された形、ヤマカツエースのように中距離路線に行ったらどうなるか。


ヴィクトリアマイル
◎レッツゴードンキ 8人10着 前々走ミッキーについて行って差のない競馬、前走は差しに回って凡走、スローが予想される延長の今回は逃げあるいは番手で桜花賞馬復活
△ルージュバンク 4人5着 東京替わりがプラス
△ウキヨノカゼ 15人7着 久々の東京1600、いかにも

荒れる前提で考えて、距離からいってオークス馬やJC馬が飛んでもおかしくないはず。
ストレイトは外枠なら消しという単純思考で。ドンキは馬群に入らなそうな時を狙うべきか
     

オークス
◎アドマイヤリード 9人15着 内枠、延長も+、桜花賞の鬼脚
〇シンハライト 1人1着 大崩れはしないはず
△チェッキーノ 2人2着 消去法
△ビッシュ 5人3着 消去法      

面白そうなのがアドマイヤくらいだけど、人気馬がそんなに買いたくないという感じ。
ロードクエストを物差しにすると、この世代の牝馬はそれほど強くないかもなので
クイーンSとかで人気になるようだったら、面白いかも


ダービー
◎マカヒキ 3人1着 内枠で詰まらなければ
〇マウントロブソン 10人7着 前走暴走に付き合ったけど、今回は差しに回って。ロングスパート戦になれば馬券内に入ってくる可能性

ディーマはBTの血がある分瞬発勝負になると一枚落ちるきがする、サトノは皐月賞と同様の理由、リオンはイチかバチかというかこのメンツでJCのエピファネイアできるかが疑問。
マカヒキはツイッターでパドック情報を呟いてる人(かなり当ててる)がデビュー前から推してて、自分も若駒Sを見てこの馬だろうなと思った、皐月賞に続いて3番人気は驚き。

レース前は2010年くらいのワクワク感があったけど、レース内容も良かった。サトノも強かった。
上位のディープキンカメがどれだけ菊花賞に向かうかは疑問も今後の古馬戦線は楽しみだ。
(2010世代の3歳毎日王冠、天皇賞秋、有馬記念、明け4歳の日経賞、大阪杯、天皇賞春の感じになるのだろうか)


安田記念
◎モーリス 1人2着 まあ鉄板というか京都でディープ軍団に勝ってるんでここでも
△フィエロ 6人3着 鞍上強化、軽い凡走後、G1での藤原厩舎
△クラレント 10人8着 サウスポー

リアルはここでのマイルは買えるかとなると?というか、ドリームジャーニーが安田記念使った数年後に天皇賞春で3着したり、トーセンラーが天皇賞春からMCSまで京都無双してたけど
菊を2着のこの馬は合うのだろうかと。
サトノは前走ハマりすぎた感があるので切り。
ここで田辺かいという結果。
モーリス鉄板という自分の予想か、あくまで逆張り重視の馬券購入スタイルを貫くか迷ったけど後者を選択し功を奏す。フィエロさんどうも

 

宝塚は出走馬がどれくらい出るのかわかりませんがドゥラ、キタサン、アンビで人気を分け合うとしたらダノンバラードを探すレースになりそう

てなこって

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬予想方法について

2016-06-09 | 競馬

まずはホットな情報を

将棋→最近の話題は何といっても佐藤名人。三段時代に瀬川アマに完勝してたころから10年くらい経っているのか。あと竜王と名人の仲がいいのはいいよね。
   佐藤将棋は横歩取りが多いこともあるけど複雑でわかりにくい、受けが強いとも聞くけど手厚いというイメージでもない。ねじり合いに強い印象。棋王戦第4局の2五桂とかすごいよね
   一方の羽生三冠(竜王、名人以外のタイトルを複数持ってる方がしっくりくる)、防衛戦が続くけど、棋聖戦第1局の8八桂とか指し直し局の7四金の働きとか見るとまだ永瀬将棋を見極められてないのかと思ったりします。永瀬ファンですが名人を失ったここはさすがに防衛を期待

株→情報が多く複雑ながらも、リスクが低く期待値の高い選択が何かを考えることはとても楽しい。いたスト感覚。
  まあお金もないので現物株を時折触るくらいですが、ドル円の感じからしてもう少し全体が安くなってから買いに入り、参議院選を迎える前に波が来そうな気もするので今は様子見。
  マザーズで言うと4565とか6176、4589、3914辺りはデイトレのプロに敵わないし、開示みても何がすごいのかさっぱりだと思うのですが、日本の構造問題から考えて7779は社会的意義の大きな事業であり、政府が何か言うと大きく反応する銘柄であるので、今は高いのですがマザーズから資金がそろそろ手仕舞いしそうな気もするので大きく下がった後に買いたいところ
  

競馬では昨年秋から1200を研究してきたのですが勝てないのでいったん中止にし、今は1600万以上の芝中長距離を主に買っています。
Mの法則を自分は使いこなせてないので、次はラップ研究をテーマにしてラップギアについてかじってる内に一つの仮説が出来つつあります

まずは昨年の出世レースの一つオールカマーより

3人1着ショウナンパンドラ →天皇賞秋5人4着→JC4人1着
1人2着ヌーヴォレコルト  →エリザベス1人2着→香港C2着
7人3着ミトラ       →福島記念1人2着→金鯱賞5人1着
2人4着ロゴタイプ     →富士S3人3着
4人5着マリアライト    →エリザベス6人1着→有馬12人4着

レース自体は宝塚3着のショウナンパンドラが覚醒したかのような末脚で制したのですが、負けた馬もその後人気以上に好走しています。
まあ要因はいろいろあるはずですが、最初に思ったのは中山2200というコースに原因があるのかと考えました。
しかし、1月に行われた同条件のAJCCといえば昨年断然人気のゴールドシップがスローの瞬発戦に持ち込まれ大凡走したレース

上位馬のその後のレース結果も芳しくありませんでした。

次に考えたのはラップ推移。上がり4ハロンは11.7-11.4-11.7-11.8と早目に捲ったロングスパート勝負。
ロングスパート戦の記憶が残っている馬が次走スローの競馬を楽に感じて人気以上に走るのではないか?
で、キーホースになるのは逃げ馬マイネルミラノ。重賞未勝利ながらも、各地へ飛んでは逃げあるいは先行してマイネルお抱えの騎手とともにレースを作り続けるタフな馬。2015年は11走も走り重賞戦線を盛り上げてきた。
ではマイネルミラノが逃げたレースで主な上位馬の次走についてまとめると

2015
中山金杯(11.6-11.5-11.4-11.9)
4人1着ラブリーデイ →京都記念3人1着
5人3着デウスウルト →中日新聞杯2人2着
11人5着アイスフォーリス →中山牝馬4人2着

小倉大賞典 重のため減速ラップ参考外

中日新聞杯(11.6-11.7-11.6-12.7)
5人1着ディサイファ →エプソムC4人3着

福島民報杯(11.4-11.6-11.9-12.6)
4人2着ダコール →新潟大賞典5人1着

モンゴル大統領賞 控えたため参考外

巴賞(11.5-11.5-11.5-12.5)
5人6着ペルーサ →札幌日経OP5人1着

函館記念(11.8-12.1-12.1-12.6)
3人1着ダービーフィズ →札幌記念4人3着
7人3着ヤマカツエース →札幌記念10人4着

新潟記念(12.0-11.6-10.5-13.0)
好走馬なし・・・ミラノ云々よりラップを見たら瞬発戦になったからか

福島記念(12.1-12.6-12.0-13.1)重であるが・・
2人1着ヤマカツエース →中山金杯3人1着
1人2着ミトラ     →金鯱賞5人1着

チャレンジカップ(11.6-11.6-11.5-12.0)
2人2着ヒストリカル →京都記念10人4着

2016
福島民報杯(11.2-11.5-11.9-12.7)
9人1着シャイニープリンス →新潟大賞典8人3着
6人2着ヤングマンパワー  →谷川岳S3人2着

新潟大賞典(11.6-11.5-10.8-12.5)

このデータをどうとるかという話ですが
特に中山、福島のような右回りコースに顕著
キンカメ、ディープ産駒に有効といったことが挙げられます

覚醒と言えばどスローの瞬発戦の毎日王冠から、トウケイヘイローの登場により流れるレースになり台頭したジャスタウェイの活躍もこの説の裏付けとなるといえるでしょう

昨年大活躍のラブリーデイは距離云々もあるけど
中山金杯1着(マイネルミラノ)→京都金杯1着→阪神大賞典6着→天皇賞春8着→
鳴尾記念1着(トウケイヘイロー)→宝塚記念1着

と中山金杯の勢いで京都金杯を制し、どスロー京都金杯の影響で次走次々走凡走
トウケイヘイローのペースで再び復活しそのまま宝塚記念を制したという形になったとも言えます

以上のようにマイネルミラノが出たレースあるいは4ハロンロングスパート戦を経験した馬の次走に注目するのがこの理論の結論ですが、

あくまで仮説として馬券予想のファクターの一つとしてより発展させたいと思います(ちゃんと専門誌調べたら似たような考え方のが載ってるんだろうな)

そんなこんなで。ごきげんよう

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加