CLASSIC ROCKを聴こう! PLUS

1960年から1980年代のロックを紹介していきます。またPLUSと言うことで、ロック以外の話題も!

雨の日に思う一期一会

2017年03月06日 | JAPANESE ROCK
20時間のご無沙汰でした。

ご無沙汰と言うほど時は過ぎてないのだが…

今日は朝から薄雲は掛かっていたものの、天候は晴れ。

久々に連日の雨による湿気から開放されるのではないかと思いきや、お昼を過ぎてから雲行きが怪しくなり夕方からまたもや雨。

現在は雨は降っていないものの、風は無く湿気でむんむんとするので、思わずエヤコンのスィッチをオンにする。

雨が降ると、遠くに見える高層アパート群も霞んで見えて、まるで街が泣いている様な…

オォーと、どこかで聞いたようなフレーズ。

そう、1980年、伊丹哲也とSIDE BY SIDEによる、ヒット曲“街が泣いていた”。

何でも当時開催された、第11回世界歌謡祭でグランプリを取ったとか。

当時ラジオで、シンプルなミディアム・テンポのロック・サウンドに、伊丹哲也が少し巻き舌調でうなりながら歌う哀愁のメロディーに惹かれて、ただエンディングのところで少しうなり過ぎ!とは思ったものの、ついシングル盤を即効で買いに行ったのを思い出す。

シングル盤は演奏時間は短いのに、レコード・プレーヤーで演奏する際の手間はLPとそう変わらない。そのため、扱いが結構面倒に感じるので、シングル盤をあまり買わないようにしてきた。

このシングル盤、“街が泣いている”は私にしては結構特別なコレクションになる。

ウィキによると、伊丹哲也はその後いくらかのLPやシングルを出したようだが、海外で働き始めた時期に重なったため、このシングル以降の曲は聴いたことがないという一期一会って感じになった。

当時、日本を離れて海外で働くってシチュエーションは、なんとなくこの曲の歌詞と重なり今聴くと感慨深いものがある。

ただ、さよならオレの女(ひと)よ~♪♪と歌うドラマのひとコマの様な状況は残念ながら当時はなかった。

あればかっこよかったんだけどね~

雨に霞む町並みを眺めてふとこの歌を思い出した、な~んて無理やりこじつけた感はあるのだが…

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オークションに参加してみる | トップ | それがどうしたって問われる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL