CLASSIC ROCKを聴こう! PLUS

1960年から1980年代のロックを紹介していきます。またPLUSと言うことで、ロック以外の話題も!

それでは皆さんご一緒に! ニャ~ハ~♪♪~  やっぱ無理か?

2017年05月13日 | BRITISH ROCK
2010年辺りだろうか、オリジナルアルバムシリーズとか称して、5枚組みのCDボックスが今日まで数多く販売されている。

ペラ紙のスリーブ・ジャケットに、記録面に傷がつくかどうかお構いなしに無造作にCDが裸で挿入され、解説書があったとしても曲のタイトルやクレジットなど最低限の記載のみのやつである。

しかしながら、一枚3000円近くする日本製紙ジャケCDが再現するオリジナル・ジャケットの精密レプリカの必要性に特に拘らなければ、5枚組みではあるものの価格は安く設定されており、一気にアルバムを集めたい人にはこれほどありがたい企画は無い。

ものによっては、リマスターされていない音源もあり、音質がよろしくないと言うマニアもいるかもしれないが、一枚ずつオリジナル・アルバムを集めていき、その中には既に廃盤になってしまったアルバムなんかがあろうことなら苦労してプレミア価格で中古盤を探さなければならないことも有る。(これが楽しみのマニアも存在するのだが)

と思えば、価格が価格だけにあまり贅沢も言えないし、むしろありがたい企画だと思う。

最近、復刻盤専門レーベルのCAROLINEレーベルから出たジョン・マイルズの5枚組みの廉価版ボックスを買ってみた。

1976年 REBEL(全英9位) シングル、 MUSIC(全英3位)
1977年 STRANGER IN THE CITY(全英37位) シングル、 SLOWER(全英10位)
1978年 ZARAGON(全英43位) シングルはチャート・インせず
1979年 MORE MILES PER HOUR(全英46位) シングルはチャート・インせず
と1978年3月のBBC IN CONCERTを収録したCDの5枚組み

以前ここでも紹介したとおり、彼のファースト・アルバム、REBELは1980年代末頃に出たCD再発盤を、そして多分80年代の初め頃に、輸入盤バーゲン・コーナーにて行く当ても無いような雰囲気だったサード、ZARAGONのカット・アウト盤ゲット。

今回の5枚組みボックスはそれら2枚のアルバムがダブっていたのであるが、残りの3枚が入手困難であったのとボーナス・トラックがそれぞれのCDに収録されていたので、購入に躊躇することは無かった。


5枚通して聴いてみて、ジョン・マイルズの伸びやかな歌唱、結構旨いギターソロそして才能を感じる自作曲の出来も中々いいではないか!

しかしながら、メジャーのアーティストにはなりきれなかった。

この人の場合は、ファースト・アルバムはともかく、その後トップ3を目指すようなヒット・シングルが続かなかったことでインパクトを残せなかったことだろう。

ところで有る一曲を所有して聴いてみたいため、同レーベルから出た、こんなのも買ってみた。

1974年結成のルベッツの5枚組み。


ニャ~ハ~♪♪~と高らかに響くあのファルセット! 

そう! 彼らのファースト・シングルで大ヒットしたSUGAR BABY LOVE(全英1位、全米37位)である。

これを歌ったのは、ポール・ダ・ビィンチと言うシンガーで、なんでも別のレコード会社とソロ契約したため、この1曲でグループから脱退したそうな。

このインパクトの有るファルセット・ボイスが去ったからなのか、その後結構中ヒットのシングルを連発していたが、この曲を上回るヒットは生まれなかった。

日本人のポップ・ファンとしては、何十年経っても誰もが記憶に残しているのはやっぱりインパクトのあったこのSUGAR BABY LOVEじゃないだろうか。

なにしろ、大昔の話になるが、子供の小学校の運動会で低学年の子供たちがこの曲に合わせて踊っていた記憶があるからね。

最近小学校では、運動会を6月にする学校多いから、来月になれば何処かの小学校でニャ~ハ~♪♪~と高らかに例のファルセットが響き渡るかもしれない。

なんですって?

運動会でSUGAR BABY LOVEを選曲する学校なんてあんたの住んでる地区限定だって?

う~ん、そうかもしれない… 汗 

でも限定って言葉、マニアには心地良く響く。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不毛な通販のススメ~ | トップ | ペパー軍曹曰く、わしゃ疲れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL