CLASSIC ROCKを聴こう! PLUS

1960年から1980年代のロックを紹介していきます。またPLUSと言うことで、ロック以外の話題も!

ジョン・ウェットンの思い出

2017年02月13日 | PROG ROCK
ジョン・ウェットンってつい先日の1月31日に亡くなっていたんだね。

まったく知らなかった。

昨年6月のイエスのクリス・スクワイヤから始まり、年末のELPのグレッグ・レイク、そしてジョン・ウェットンとプログレを代表するバンドのベーシストばかり相次いで物故となった。

有名どころで健在なのは、フロイドのメンバーだったロジャー・ウォーターぐらいだろうか。

60年代後半から70年代にかけて活躍したアーティストは、今現在では60代後半か70代前半と高齢となる。

しかし最近では、医療も発達してきて80歳以上生きる人が多いので、ロジャーには、この先に彼らの代わりにもっと長生きし欲しいね。

それから、ロジャーがソロになってからはほとんど聴かなくなった。あまり小難しい内容のもので無く、是非フロイド全盛期のようなシンプルな新譜を出してほしいものだ。

ジョン・ウェットンは、80年代の始めごろスーパー・グループ、エイシアを結成した。

ファーストのエイシアを発売した1982年と言うと、ちょうど学校を卒業し働き始めた頃だ。

給料をセーブして初めて買ったオーディオ・セットはヤマハがGTシリーズを出す前のダイレクト・ドライブのプレーヤーにADCのカートリッジ、トリオ・ケンウッドのプリメイン・アンプ、そしてヤマハのスピーカーと高級ではなかったものの、薄給の新米会社員としては自慢のセットだったと思う。

その2年後、都合で海外で働くこととなったが、レコードは重いし、オーディオ・セットも電源の違いで持っていくことは出来なかったので、現地ではもっはら、カセットテープを買って車の中で聴くことが多かった。

特にエイシア、アルファそしてアストラの3部作はオート・リバースで繰り返しよく聴いた。


また、現地のレンタル・ビデオ・ショップで1983年のエイシアの武道館ライブなんていうコンサートのビデオを発見、早速借りてアパートで見た。

あれっ!ジョン・ウェットンて小太りだったっけ?

よくよく画面を眺めてみると、ジョンの代打としてグレッグ・レイクが代わりに出演していたことが判明。

グレックとジョンのボーカルではキーが違ったので、楽しめたけどちょっと違和感あったね~ 

アンコールの曲はソール・サバイバーだったような記憶が…

ところで実家においてあった自慢のセットは、誰も使わないとのと結構場所をとると言う事で、6年後無残にも廃棄処分となっていた。

俺の全青春をかけたオーディオ・セットは何処に行った~ 涙~

話は変わって、ジョンは有名どころのバンドでは、1971年のファミリーから始まり、クリムゾン、ヒープ、ロキシー、ブライアン・フェリーのバンド、UK、ウィシュボーン・アッシュなどを渡り歩き、苦節十数年ついに自身がリーダーとなるエイシアで大当たり。

こんなキャリアを持ったロック・ベーシストっていなかった。

それから不思議な事に、彼が関わったアルバムで、彼の写真が表ジャケットに登場した記憶が無い。

唯一あるのが、クリムゾンのアルバム、レッド。


ロバート・フィリップとビル・ブラッドフォードは表情が硬い、唯一はにかんでるのがジョン。

いい顔しています。

遅ればせながら合掌。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふと食卓をみると、リンゴが... | トップ | SWEET16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PROG ROCK」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL