CLASSIC ROCKを聴こう! PLUS

1960年から1980年代のロックを紹介していきます。またPLUSと言うことで、ロック以外の話題も!

今日の一枚、ジョン・レノンのMind Games

2016年10月12日 | BEATLES-BADFINGER関連
前作の二枚組みSome Times in The New York Cityは苦手だった。

強烈な政治的あるいは社会的メッセージが散りばめられていて、明らかの通常のポップ・ソングと一線を隔し、音楽を聴いて楽しむって感じではなかった。

何しろ、一曲目から、例のWoman is The Nigger of The World、女は世界の奴隷か?なんて邦題がついている曲があると、ちょっと聴くのを躊躇してしまう。

それに、二枚目のレコードに収録された前衛的ライブも、長年に渡って数多くのアルバムを聴き続けてきた今でさえ、肌に合わない感じで遠慮したい。

よくネットなんかで目にするジョン・レノンのアルバム・レビューをかいているようなコアなファンからは、君ね、それじゃレノンを語るには、片手落ちだよっていわれるかも知れないが...

まあ、私のような、レノン友の会に入会していない、一般的なジョン・レノン・ファンとしては、翌年1973年にでた次作、Mind Gamesの方が好ましく思える。

アルバムが、彼にとってフル・スイングのレベルの出来では無いとしても、よく戻ってきたねって感じで…

ただ、アルバム・デザインに関しては、ちょっと?って感じはあるけれどね。

もう少し何とかならなかったのか知らん...
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渾名で呼んで大丈夫? ZEPの... | トップ | 今日の一枚、ディスコのジョ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョンとヨーコ (ぷろべんざ)
2016-10-13 12:28:27
昔、何だかのコンサート・フィルムで、旦那が「孤独だ!死にたい!」と歌っている横で、女房が「ケケケケケェー!」と奇声を上げているのを見て、「すごい夫婦だ!」と感心した(呆れた?)ことがあります。
懐かしさに今日、「ジェラス・ガイ」を聴きました。ロキシーがカバーしたやつですけど。(笑)
Unknown (博士)
2016-10-13 21:45:44
その意見に激しく同意いたします。

ケケケケケケェー!と言う独特な歌唱というか表現は、私のような凡人では中々理解出来ないみたいで...

ところで、ブライアン・フェリーのジェラス・ガイ良いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL