rock_et_nothing

アートやねこ、本に映画に星と花たち、気の赴くままに日々書き連ねていきます。

とにかく雑食、黒い毛虫

2017-05-18 22:37:35 | 生き物たち
その年によって虫の発生する割合は変わるけれど、今年は黒い毛虫が大発生して、植物ならば何でもござれと食べ漁っていた。
職場で栽培していた小松菜、ほうれん草、ノースポール、ビオラ、ナス、イチゴ、ヒマワリの双葉も、我が家で育てているバラやラズベリーたちも、この毛虫に蹂躙されて満身創痍に陥ったものも多い。
見つけたならすぐに捕殺、足でぐりぐりと磨り潰したり、時には土の中に埋めることもある。
しかし、軟らかな土に埋めたとき、なんと土を掘り起こして這い出でてきたのには驚き呆れ、やはり磨り潰すのが一番確実だと悟った。
もうそろそろ毛虫も収束だろうと気を緩めたなら、やはりどこからか遅れたのがやってきて、ヒマワリの双葉を2本分食べられてしまった。
本当にいい加減いなくなってほしい、子供が大切に蒔いた種なのに、せっせと水遣りをして世話をしている野菜たちなのに。
それもひっくるめて全てが自然だから、それを解るためにも毛虫の存在は必要なのだといえばごもっとも、けれど、やはり許せないのは人情というものだ。
植物でも動物でも、何かを育て世話をすることは、人の心にとって大切な体験となる。
命の儚さや尊さを知るには、実際に深くかかわる中でしか知りえないのだと、いま、私自身が追体験しているところである。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々のサバラン、「美味礼賛」 | トップ | 名前を言いたくないあモノが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。