rock_et_nothing

アートやねこ、本に映画に星と花たち、気の赴くままに日々書き連ねていきます。

念願の、執念の、布団干し 2016・10・12

2016-10-13 21:38:30 | 空・雲・星・太陽たち
昨日、久々に太陽が多くの時間姿を現していた。
前の晩から、天気予報を細かくチェックして、翌朝の6時あたりからベランダを掃除して7時には布団を干した。
何ヶ月ぶりだろう、布団を干したのは。
7月に何度か干して以来、ほぼ三ヶ月ぶりではないだろうか。
小さな人も、布団を干す様子を見ながら、夜寝るのが楽しみだと期待していた。
早く仕事を終える家人に布団の取り込みをお願いし、私は通常勤務に出かけた。
日中、予報通りにたっぷりの陽射しが降り注ぎ、膨らむ布団を想像してはほくそえむ。
夕方、中くらいの人を迎えに行く時間帯、西の空には夕日と、めらめらと鮮やかな色に染まる彩雲が、空を彩っていた。
さて、家に帰り着くと、ふんわりと軽くなった布団が置かれている。
きっちりと布団を敷くと、もうすぐさまそこへ寝転びたくなった。
いやいや待て、そうしてしまったならもう起き上がれそうもない。
必死でその誘惑に打ち勝ち、夕食の支度といつもの流れに乗った。
そんな私を尻目に、小さい人は宣言する「9時には布団に就く!」
ところがふかふか布団の魅力は絶大で、小さい人の予定は30分も早まった。
すっぽりと布団の中に納まって、モバイルを見ながらご満悦。
それはそうだろう、その引力に抗うことなど出来ようか。
自分といえば、洗濯を急いで済ませてうきうきしながら布団に入ったものの、干した布団の気持ちよさを堪能する間もなく、ぷっつりとスイッチが切れてしまったのであった。
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒーリング・ハーブ、スウィ... | トップ | 貝は小さいのがすき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。