rock_et_nothing

アートやねこ、本に映画に星と花たち、気の赴くままに日々書き連ねていきます。

北欧のフュースリー、ニコライ・アブラハム・アビルゴール

2016-10-08 23:36:38 | アート

アウズンブラ

ニコライ・アブラハム・アルビゴールは、18世紀後半にデンマークで活躍したロマン派の画家。
かなり癖のある画風で、神話やオカルティックなモチーフから、北欧のフュースリーともいえる。
色も地味目、構成も特別凝ってはいないので、彼の作品を知る人は少ないのではないだろうか。
それでも、ツボにはまったならコアなファンもいそうである。
秋の夜長、静かにこのちょっと寂寥感の漂う異世界を堪能してみようではないか。
きっと脳裏に染み付いて、夢の舞台になる予感がしてきた。


オッデセイの旅立ち


母のところへ現れるクルミンの魂


夢魔
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れは気持ちいいんだニャア | トップ | 乗り越えたい思い、ボブ・マ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。