純ちゃんのブログ

釣行日記に偏らず、ざっくばらんに書いちゃいます。

ドック終了

2016年05月29日 | Weblog
昨日の夕方、無事船体ドックが終了し、
崎浜港に帰港しました。
昨日の夕方は、凪も良く、船体もすこぶる軽く、スイスイと来ました。
船体整備、良好です。

さて、5/30から釣行開始です。
6月は、カレイ釣行、ライトジギング釣行を中心に
タイミングを見て真鯛五目にも積極的にチャレンジして行きたいと思っております。
ヒラメ釣行は、イワシが入荷次第行って行きたいと思います。

ご予約、心よりお待ちしております。

この記事をはてなブックマークに追加

船体ドック中。

2016年05月26日 | Weblog
ただ今、船体ドック入りです。
お客様におかれましては、
大変ご不便をおかけ致します。
しっかり船体整備に心掛けたいと思います。
もう暫く、お待ちくださいね。


この記事をはてなブックマークに追加

チャレンジ・・・

2016年05月24日 | Weblog
本日は、チャレンジの日・・・
三陸で馴染みの魚達・・・多数でした。

この記事をはてなブックマークに追加

真鯛遠征

2016年05月21日 | Weblog
青森の平舘港から真鯛狙いで海坊主さんにお世話になって来ました。
早朝早い出船なので前日入りして宿にて花田船長や仲間の皆さんと夜な夜な作戦会議が開かれました。
かなり、重要な作戦会議でしたね!フムフム
夜は、あっと言う間にふけて行きましたが
早朝、早く出船
ポイント到着後、すぐに立て続けに真鯛3枚上がり
私は、完全に出遅ました。乗船者のヒットパターンやレンジ、見よう見真似的な感じでは、苦しかったですね。
中々イメージがわかず、そのうち、潮が緩くなり
花田船長も一生懸命ポイントを探してくれているので何とかヒットに持ち込みたいのですが、私の引き出しの無さをここで痛感。
ここは、じっくり勝負、大潮周りなのでもう一度チャンスは、必ず訪れると思い、
エコギア、アクラバリグにタイラバアクアカーリーそしてラバマックとやれる手は、すべて尽くし、ただひたすら信じて巻きます。

その時は、突然やって来ました。
潮が速くなり、ボトムから15mあたりでガツガツと当たりだし、慎重に巻き続け、タイミングを見てあわせに成功!
あとは、あのトリクルの強い引きを存分に堪能。
幸せな時を楽しみ、初となる良型真鯛キャッチに成功です。
花田船長、岩田さん、乗船者の皆さん、
そして海の恵に感謝。m(__)m
いゃー三陸真鯛に向けてヒント満載の釣行でした。

タックルスペック

PE1号リーダーフロロ4号
タイラバヘッド60g
エコギア
アクラバリグ、カラーレッドタイガー
タイラバアクアカーリー
カラーは、アトラクディブオレンジブラックfk
にラバマックス使用でした。

この記事をはてなブックマークに追加

真鯛釣行準備

2016年05月17日 | Weblog
来る三陸真鯛のために
真鯛釣行研修会の準備が着々と進んでおります。
色々な可能性を試して見たいと思っております。
タイジグ、タイラバ、テンヤ
青物が多いようで
今は、タイラバスタイルが良いとの情報です。
かなり、本気モードですよ。

この記事をはてなブックマークに追加

がまかつ船カレイ釣り大会

2016年05月15日 | Weblog
本日は、がまかつ船カレイ越喜来大会、甫嶺の鬼沢漁港を拠点に行われました。
私は、競技船ではないのですが、ゲスト船での参加です。
皆さん、気合い十分意気揚々と出船して行きました。
競技船をお見送りした後、朝御飯を頂いて少し遅めの出船です。
一通り競技船を取材してから少しだけカレイ釣行を楽しんで来ました。
マコちゃん、ヒカちゃんと楽しんで来ました。
カレイ釣行も良い時期ですね
競技参加の皆様、お疲れ様でした。
関係者各位の皆様、
大変お世話様でした。
さて、来月は、上州屋さんのカレイ釣り大会ですね!
上州屋さんの大会は、私も競技船です。
皆様、また崎浜港でお会いしましょう

この記事をはてなブックマークに追加

桜鱒到来

2016年04月20日 | Weblog
本日の鱒ジギング釣行、来たか〜〜
桜鱒(カラフトマス)
て言うか!来ましたね。
2013年の再来なるか
楽しみですね。

この記事をはてなブックマークに追加

朝凪釣行

2016年04月07日 | Weblog
本日は、鱒ジギング釣行は、海上予報が悪く見合わせとなり、
ゆっくりと朝起きようと思ったのですが、
目覚めは、am4時半、ま、いつも通りに目が覚めたと言う事ですね。
職業病です。
外を覗くと無風で雨も降っておらず、
よーし、決めた、朝凪のうちに
鱒ジギングに行こうと出港してきました。
5時半開始の予報通り、8時半頃から沖が怪しくなり、9時半に帰港。
6本キャッチに成功です。

朝一は、ハイピッチでのアクションに高反応、鉄ジグ、スイムライダーショート100gゴールドレッド使用。

カタクチ、アルミシルバーのカラーローテション

で追加、その後、暫し沈黙
アクションをローギアリールにティップの柔らかいロッドに変え、
ショートピッチ、巻取60cmの2回転、鉄ジグ、80gカタクチパターンがはまり連続ヒットでした。
3時半の釣行時間でしたが、ヒットパターンは、刻々と変化し、
状況に合わせる事が大切だと痛感して来ました。

使用タックル

ネーチャーボーイズ
アイアンキャット ICNB-6315 シマノ ステラ ステラC3000SDH
アイアンキャット ICNB-6210Bシマノ オシアコンクエスト300HG
シマノ ゲームタイプスローJ B681 シマノ オシアコンクエスト200HG
シマノ グラップラーBB B631 シマノ オシアコンクエスト 200PG

よつあみ GソールスーパージグマンPE1号
リーダー よつあみ ガリス FCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング4号
フック メロン屋工房 3/0 ホールド 2cm,3cm       

早速、昼ごはんで頂きました。いゃーーーー旨い。

この記事をはてなブックマークに追加

三陸の鱒のグランドスラム達成!!!!

2016年03月08日 | Weblog
本日のキングサーモンで・・・三陸の鱒のグランドスラム達成ですな。


まずは、本日のキングサーモン(マスノスケ、デンスケ鱒)

そして、真鱒・・・


大目鱒(トキシラズ)・・・

そして桜鱒(カラフトマス)・・・

三陸の鱒類をすべてをキャッチに成功です。
嬉しい日になりました。

この記事をはてなブックマークに追加

三陸のキングサーモンキャッチに成功

2016年03月08日 | Weblog
本日の鱒ジギング釣行・・・
念願の念願のキングサーモンキャッチに成功
超・超・嬉しいです。

タックルは、
ロッド、シマノ、グラップラーB631
リール、ダイワ、ソルティストICS
PEは、よつあみ、スーパージグマン1.2号
リーダー、サンライン、
システムショックリーダーFC、16lb
ジグ、メロン屋工房、ウィークベイトショート
100g、オールホロシルバー
フック、メロン屋工房、ジガーライトホールド
3/0フロロ無しでした。
参考までに。


この記事をはてなブックマークに追加

今季、鱒ちゃん・・・第一号・・・

2016年03月05日 | Weblog
きたーーー
鱒ちゃん・・・今季第一号が上がりました。

この記事をはてなブックマークに追加

鱒準備NO.3ジグ編

2016年03月01日 | Weblog
鱒準備NO.3・・・皆さんが一番気になるアイテム・・・ジグ編です。

まずは、鉄ジグシリーズ。

ディープライナー・・・SPY FIVE Vシリーズ


メロン屋 SDシリーズ

シマノシリーズ

コモジグシリーズ 東北限定メロードカラー

スミス マサムネシリーズ

撃投シリーズ

シーファルコン暴走スライダーシリーズ


トップレンジ

さぁーいろいろ揃えて鱒ちゃんに備えて下さいね・・・
皆様のお越しをお待ちしております。

この記事をはてなブックマークに追加

鱒準備NO.2 フック&リーダー編

2016年03月01日 | Weblog
鱒準備NO,2は・・・PE、フック、リーダー編です。
PEは、基本1号が基本ラインです。1.2〜1.5号まですね。

リーダーは、フロロカーボン4号をお勧めしております。太くても5号までですかね。
DECOYで発売された、スマートリーダーは・・・船上でのトラブルの際、
もしくは、時合の時、素早くシステムを組むのに有効です。
一個タックルボックスに忍ばせておくと良いと思います。

そして、かなり重要なのがフックです。
私は、身切れ防止のためにも、細軸フックをお勧めしております。
R(リア)は、タイトにF(フロント)は、少し余裕を持たせた長さに
セッティングすると良いと思います。
鱒とコンタクトが唯一有るアイテムです。
釣行の際は、必ず新しい物を用意して来てほしいですね。
前回使用の錆錆フックは、NGですからね。(笑)







この記事をはてなブックマークに追加

三月です。鱒の準備編NO.1

2016年03月01日 | Weblog
本日より三月・・・弥生月ですね。
いよいよ・・・皆様お待ちかね、三陸の鱒シーズンも間近ですね・・・

ここで私の本気タックル類、アイテム類を紹介します。
何らかの参考にして頂ければ幸いです。

まずは、タックル編です。
私は、基本、ベイトが3本、スピニングが1本のタックルセレクトで挑むのが基本です。
ロッドの張りの選択は、その日その日によってまちまちですが、
大きくジグを飛ばすアクション、小刻みに刻むアクション、アクションスピードと様々です。
ソルティストICSを使用して水深レンジ探る上でもカウンター付のリールは、かなり有効ですよ。

一番気を使っている部分は、鱒の活性の高さによって変わるバイトのフッキングの深さです。
フックの掛かるポイントによっても鱒のアクションは、大きく変わってきます。
フックアウトをどう防ぐかをいつも念頭においております。
鱒はファイトがエキサイティングに加え、身が柔らかいためフックアウトが多く、
ヒットしてからキャッチ率をどう高めるかが重要なポイントです。
したがってロッド全体のやわらかさとバランス、そしてリールのドラグセッティングは、
とても大切なのです。

使用タックル 

シマノ  ゲームタイプスローJ B681 リール シマノ オシアコンクエスト300HG
パームス メタルウェッチMWGC-612M          シマノ オシアコンクエスト200HG
ダイワ  ソルティストTG          ダイワ ソルティストICS
パームス メタルウェッチMWGS-632M          シマノ ステラC3000SDH

タックルは、シマノ グラップラーBBシリーズ グラップラーシリーズ メタルブローシリーズ
      
      ダイワ ブラストBJシリーズ
      
などでも扱いやすいと思います。参考にして頂ければ幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

春を告げる湿雪

2016年02月28日 | Weblog
今朝の様子です。
春を告げる湿め雪が降りましたね。
間もなく3月、鱒がそろそろ気になっております。
三陸の山々もこう見ると水墨画のようですね。

この記事をはてなブックマークに追加