散策中の花たち

残りの人生を楽しくゆっくり。

もう山は無理かな~

2017-08-10 16:57:49 | 日記

 

 二百名山  釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)

 

 一昨年まで近場の2,000m級までの登山を楽しんできたけれど

足のケガが中々よくならず、今だにリハビリに通って

悲しいかな山はもう断念しなくては・・と。

 

山友達から誘いがあるけど、痛みが取れない限りもう無理みたい。

高齢になってから2年近くも出歩かなかったら、筋肉も

落ちちゃって、今は4~500m辺りの丘に近い山で

楽しむのが精一杯・・悲しい。

 

 

そこでもう多分最後になると思われる事から、足を痛める前に

登った2年前の1800mの山に登った写真をアップしてみます。。

こんな感動があるから山に未練が・・・。

 

(ちなみに痛めた足のケガと言うのは自宅そばの道路の5センチ位の

段差で転んでヒザの骨がほんの少し欠けたって訳・・・

(MRI検査)。ホントにアホ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ピラミッド型の山頂は大峯山系随一の眺望で360度山々が

見渡せます。

 

山頂は世界遺に選定された『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成要素の大峯奥駈道のルートとなっています。

 

 山頂には「釈迦如来像」が建てられています。


山頂の釈迦如来像は、大正13年(1924年)に「鬼マサ」の異名で知られていた

岡田雅行(1886年 - 1970年 身長188cm 体重約120kg)という強力(ごうりき)が、

たった一人で道をつくりながら、3分割して担ぎ上げたと伝わっています。

 

 ↓ 登山道は沢山あるようですが、私はこの駐車場に車を停めて登り始める。

 ↓ バイケイソウの花はまだ早かったみたい。

 ↓ どこも風景は美しい

↓ なだらかな登山道

 ↓ 歩きやすい道

 ↓ 美しい風景

 ↓ 大日岳を望む

 

 

 

 

 

 ↓ 1799,6m頂上に建つ釈迦如来像

 

 

 ↓ アケボノツツジが一本 

 ↓  大日岳  私はもう疲れちゃって登れなかった

 ↓ 役行者が祀られている

 

 ↓ 帰りに鹿が遊んでいるのに遭遇

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10日ぶりの元気 | トップ | 暑さを逃れて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。