無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

古いエレキーが復活

2015-11-25 10:33:04 | アマチュア無線

11月21日の記事 古いエレキーが故障 で書いた、ケンプロ KP-200 2号機のトランジスタ・キーイングの故障が直りました。一応、経過を書きますが、読者の方には「どーも、すいませーん」って先に謝っておきます。

【ケンプロのエレクトロニクス・キーヤー KP-200 復活までの経緯】

・2台所持しているうちの1台を交換しようとしたらトランジスターキーイングが効かない。リレー・キーイングは正常。

・酔って帰った金曜日の夜に異変に気づき、故障個所の特定をしないまま若松通商にパワー・トランジスタなどを注文。

・部品は月曜に到着。今朝、中を開けて故障個所の特定開始。

・怪しいのは下の写真の真ん中あたりに見えるパワー・トランジスタと逆接防止ダイオードあたりと見当をつける。

 手前の白いのがリレー。

・デジタルテスターをキーイングアウトに接続し、アナログテスターでダイオードの導通、トランジスタ周りの電圧チェックを開始。

・で、何回か、リレーとトランジスタを切り替えて測定していると、突然、デジタルテスターが「ピーピー」いいだす。

 あれ? 直った?

・なんと、原因はリレー・キーイングとトランジスタ・キーイングの切り替えスイッチでした。

 じゃんじゃん

 どーも すいませーん

 いわゆる ひとつの 接触不良 って やつですね

・このスイッチがちょっとねっぱていただけでした。

そんなこんなで若松さんからきた部品は長い長い控え選手となったのでした。

教訓 古い機械はまずスイッチ、次にコンデンサから壊れ始めるという鉄則を忘れずに・・・・

教訓その2 飲んで修理 お茶なら安心

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬が帳尻を合わせに来ました | トップ | 当局のDXCCランキング ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エレキー (JA8EJO)
2015-11-27 17:54:50
 先日、DQIの兄貴から預かったKP-100(メッセージのないやつ)が、オークションで8,000円で売れました。結構入札があるので驚きました。いまカツミのパドルを出してますが、これまた結構な人気です。順次古い機械を処分しているところです。
 そうそう、TS-700GⅡですが3週間かかって原因を解明しました。修理は30Pのコンデンサー1個で直りました。SSBジェネレータの出力の共振回路の容量抜けでした。一応SSBでも10WOKになりました。相手がいませんHi
こんばんは EJOさん (JH8RZJ@無線のム)
2015-11-27 23:13:08
こんばんは。エレキーはひと昔前のがっしりしたボディのやつが机の上でビクとも動かないので好きだったりします。2m SSB 特に札幌以外は絶滅かと思えるような状態になってしまいましたね。アマチュア無線人口が減ったといいつつ、DXのパイルは一向に静まらないのが、なんでかなと思ったりします。出張で南に来ています。また年末にでも一席設けられるといいですね。PDC宅にはそろそろ新しい無線機が届いている頃です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL