無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

SDRソフトウェア SDRUno ver1.2 から 1.21 へ

2017-11-14 08:36:27 | モノ

RSP1, RSP2 対応のSDRソフトウェア SDRUno の ver 1.21 がリリースされました。マイナーアップなので、せいぜいバグフィクスかと思いきや、かなり変更が加わっているようです。スペクトラムスコープやウォーターフォールのゲイン等もかわっていたようなので再調整を行いました。いい感じです。

変更点についての機械翻訳を掲載します。

SDRunoリリース1.21がリリースされました。今回のSDRunoのリリースには、以下の修正とバグ修正が含まれています。

1. SP1ディスプレイにVFOをセンタリングするためのVFOボタンを復元
2. USBおよびLSBのデフォルトのステップサイズを500 Hzに変更
3.ハムバンドフレーミングボタンのオン/オフを切り替えることができます
4.メモリパネルからステーションを呼び出すと自動的にロックが解除されます
5. SP1表示の再描画に関連するバグの修正
6. RSP2の較正値の格納に影響を与えるバグ修正7. SP2表示FFTが2 ^ nサイズでない場合のCW ZapおよびCW AFCに影響するバグ修正
8. SP1の滝表示のデフォルト設定の変更
a。ウォーターフォールアベレージング(WF Ave)がデフォルトで「オフ」に設定されました。デフォルトのウォーターフォールゲインとコントラストの設定の微調整
9.メインウィンドウのインスタンス値
10.修正されたWindows XPのサポート
11.自動較正システムは、選択されていなければDABサブモードを選択するようになりました。
12. メモリパネルがCtrl + Wに応答するようになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分なりDXCCランキング 3C... | トップ | J5T ギニアビサウ 始まり始ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL