サブリナのリボン

サブリナのリボン

早いお経によってカパは改善する

2017-07-17 16:30:14 | アーユルヴェーダ
日蓮宗のお経は巻数経と言って短い時間にたくさんのお経を読む

木柾の軽快なリズムによって快感が生まれる

カパにとってゆったりしたお経よりも
我を忘れて、早いテンポのお経を大きな声であげていくことは快感である

ましてや、陀羅尼という呪陀羅を凄いスピードであげると瞑想状態になる

そして題目を何度もあげる

ゴンゴーンと金丸が鳴って
そのまま呼吸を調えながら静かに座ると
何もかもが止まって感じる

これも瞑想

静かにすればするほど、心の中で様々な声が思い浮かび波立つ

それよりも緩急のこの方法は素晴らしい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カパは湿度に弱い | トップ | 食事の後に小麦のお菓子を食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アーユルヴェーダ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。