サブリナのリボン

サブリナのリボン

怪我にもギー

2017-06-10 14:06:42 | アーユルヴェーダ
不注意で本堂の窓から転落
腰椎横突起3本
肋骨2本骨折
後部6針縫う大怪我

急性期を脱して
尿管が取れたところから

幹部にギーを毎日塗り
オムツパッドで押さえ
その上からコルセットで締める

これを繰り返す

骨折した翌日くらいから
針を刺すようなピリっとした痛みが
骨盤の上にあった

骨よりこっちが痛い
転落した時に何か刺さったんじゃないかと触っても何もない

この部分を中心にギーを塗る

炎症が起きてるはずだから必ず効いてくる
そう信じて昼も、夜もオムツパッドを当てた

立ち上がる許可が出てからが早かった
あっという間に元どおりに歩ける

打ち所が良かったのか?
ギーのおかげか?

とにかく骨折には西洋医学は
痛み止めと固定しか方法がないのだから
アーユルヴェーダの治療は上手く使えた。

隣に脚を折った友達が入院しているが、
最初の数日腫れが引くまではギブスができない
その間はそのままか、湿布を貼る
これをギーにすればもっと早くギブスができるはず。
もっと併用すればいいのになぁ

と思ったよ^_^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院で上がったピッタ | トップ | 介護でピッタが上がる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。