El Sol se Recuesta

バチルス・サブチリス・ナットーの日記

大洗キャンプ場

2017-03-20 21:07:21 | 自然
いよいよキャンプ活動再開

日に日にに春の陽気が訪れるようになってきた東北地方
日中の気温も10℃を越す日も増え、生き物が賑やかになってきました。

そんな陽気の所為か、私のキャンプ魂も落ち着かなくなり、今年のキャンプ初めをすることにした次第。
とはいえ、東北地方のキャンプ場は再オープンまでまだ日があるので、関東へ向かうことにしました。

場所は茨城県東茨城郡大洗町「大洗キャンプ場」



大洗町のコンビニで友人と待ち合わせ、いったんキャンプ場へ。


受付をすませ、場所決め。
テント設営です。

一通り作業が終わったので、食事をするために大洗港へ。


お魚天国で寿司をほおばります。


釜揚げシラス


水だこの握り

新鮮なネタを堪能したあと、買い出しを済ませキャンプ場へもどります。

まずは焚火の準備


火種は松ぼっくりが最高ですね。
キャンプ場のいたるところに落ちているので、それを燃料代わりにつかいます。





時間を見計らって、近くのスーパー温泉へ
町中を散策しながら、1.6kmほど歩きます。

ここは旅館 「さかなや本店」

ガルパンの舞台だけあって、町中にキャラのパネルがありました。



サッパリして帰ってから、夜宴のはじまりです。

「焚火でネギを焼いてかぶりつこう」という案が、なぜか国産牛串焼きに(笑)

夜遅くまで写真撮影やらカメラ談義で盛り上がり、楽しいひと時をすごしました。





大洗キャンプ場は町中のキャンプ場ですが、騒がしくなく意外に快適
サイトの広さも充分で、他のキャンパーとの適度な距離感も作れましたし、手入れも行き届いていますネ。
バイク乗りの来訪者も多く、キャンツーにいいかもしれません。

そんなこんなで夜も更け、友人は先に就寝。



わたしも、焚火が落ち着くまで番をしてから就寝しました。


翌日は、朝飯を食べにまた大洗港へ。
有名店「かあちゃんの店」でブリカマ、ハラス煮定食を

すごいボリュームでブリカマだけでお腹いっぱいになりそうでした。


さて、ここで友人ともお別れし、まっすぐ帰宅の途へ


往路とはすこし違ったルートで帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロスカブでプチツー | トップ | ビッグバンドの練習でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL