El Sol se Recuesta

バチルス・サブチリス・ナットーの日記

キャンプツーリング 北へ・・・

2016-10-12 22:58:40 | ツーリング
3連休をフルに使って下北半島へ向かったはずが・・・。



10月8日(土)深夜

目的地はむつ市郊外
一般道で12時間以上(休憩含む)かかるのを見越して、01:00に自宅を出発。
天気予報では初日のみ雨模様。
行ってみて天候次第でバンガロー利用も視野に入れる計画でした。
福島、宮城、岩手と距離を重ね、ようやく盛岡市にたどり着いた時点で、午前10時ごろ。
躰に感じる寒さは、ここまでは我慢できる範囲でしたが、温度表示板は10℃の表示。
これ以上いっこうに気温が上がらない・・・・。
9℃なんてところもあったな。

盛岡市を過ぎ、岩手町あたりから少し辛くなってきたので、コンビニ休憩。
レジのおばさんに
「冷たい雨だねぇ・・・。」
と心配された私は、震え声で
「・・・はい・・・。」
とだけ。
おばさん「岩手山の山頂に雪積もったしねぇ、寒いよねぇ」
わたし「ふぇぇ・・・。」

この会話で、戻ることを決意!
「このまま行っても、つらいだけかも・・・。」
と挫けた私は、来た道を引き返し、その日の夜に一時帰宅しました。

しかし、翌日再出発するつもりで荷解きはしないまま、床に就き爆睡。

10月9日(日)早朝

目的地第2候補 宮古市「姉ヶ崎キャンプ場」へ向け、6時過ぎに出発。
仙台市から多賀城市、塩竃市と国道45号を北上。
あとはひたすら宮古市へむけ、距離を稼ぐだけでした。


およそ9時間走り続け、午後4時ごろ宮古市へ到着。
地元のスーパーで今夜の食材を購入です。

宮古市役所付近、宮古街道沿いにある「スーパー玉木屋」

周辺は先日の水害の爪痕が見え隠れしていました。
大震災から立ち直り、ようやく安定し始めた矢先の災害。
はやく安心して生活ができる日が来ることを、切に願うばかりでした。


買い出しを終え、宮古市街の北にある「姉ヶ崎」へ。

「姉ヶ崎キャンプ場」

ようやく辿り着きました。
サイト管理費フリーサイト310円、フリーサイト使用料 1,030円を支払い、設営開始。
奥まったところに陣取ります。


道具一式を下ろしてから、お風呂をいただきに近くの休暇村の大浴場へ。
さっぱりした後は、お待ちかねの宴の始まりです( ´∀` )


一人焼肉!至高の贅沢!!

クーラーボックスなど持ってきていないので、買った食材は全部胃の中へ(笑)



〆は揚げ餅

宴の後は、携帯たき火台「B6君」で暖を取りつつ、紅茶を飲みながらまったり。




こうしてのんびりする時間って大切です。

夜も更けて、眠気も来たので後片付けしてからシュラフに潜り込んだら、あっという間に爆睡していました。



10月10日(月)

翌朝。
先客で隣に仙台のGS乗りの方がいらしていたのですが、
実はFaceBookのコミュニティで繋がりがある方とわかり意気投合(*^^*)


帰りの行程は二人旅になりました。
姉ヶ崎の近く、浄土ヶ浜を観光。


その後帰りの道すがら、釜石でお昼。
釜石駅前の駅前食堂で名物「釜石ラーメン」をいただきます。


お腹を満たした後、ひたすら帰り足。


こうして楽しかった3連休も無事終了。
初日の予定外を除けば、とても有意義な時間を過ごすことができました。
これぞバイクならではの旅。
ますます楽しくなってきた!(*^^*)





ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライダーズPit in ふくしまス... | トップ | クラシックカーレビューin 高... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (としゆき)
2016-10-13 12:28:48
おばさんの会話での、「ふぇぇぇ」の返事がウケましたw
Re:Unknown (roberta_1966)
2016-10-13 19:47:22
としゆきくん。
ほんとまじであん時は萎えたわww
来月キャンツー行くから準備してて!
Unknown (としゆき)
2016-10-14 11:24:20
了解しました( ̄▽ ̄)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL